写真、短歌、日々の思ったこと。
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013年05月24日 (金) | 編集 |
この前の週末に受講した、放送大学の面接授業について、
忘れないうちに書いておこうと思います。
ていうか、もうだいぶ忘れてるかも

私は、コースは人文なんだけど、今回は心理学&社会学系の科目を受講しました。
信頼と人間関係に関する授業で、ブログ記事として短くまとめるのが難しそうな・・・(笑)
さらっと、さくっと書きたいと思います。

先生は、教育社会学を専攻されていて、博士課程から教育心理学に転向?されたF大学のK先生。
ものっすごくおもしろい先生でした。
開口一番、
「まず皆さんに言っておきますが、社会学は人と人との関係を、心理学は人そのもの、個人を勉強する学問だけど、どちらをどれだけ深く勉強しても、人間関係の達人にはなれませんからね!(笑)」
だって

先生曰く、より良い人間関係を築きたい、人間関係の達人になりたいなら、本なんか読んでないで、世の中に出てどんどん人と接するべき!だそうです。
仰る通りでございます(笑)

2日間の授業を簡単にまとめれば、こんな感じかなあ

信頼関係というのは、完璧に、完全に、100%信頼しあっている者同士の間では問題として上がってこない。
信頼とは期待と同じで、裏切られる可能性がほんの少しでもある場合に、立ち現れて、自覚するもの。

そして、人と人とが関係を結ぶ場合、100%信頼しているというのはほぼあり得なく、けれどもそれは決して悲しいことではない。
人は相手に信頼(期待)を寄せ、応えてもらったり裏切られたりしながら、相手を知って、自分を知り、相手とのより良い距離をみつけるのだ。(検:ヤマアラシのジレンマ)

相手とのより良い距離を測るためには、相手の立場に立ってものを見なければならない。
相手の立場に立って見ていると思っていても、立てていない可能性があることも忘れず、
常に引き出しを多く持つ(多様な見方をする)努力を忘れないことが大事。(検:パラダイムシフト)

この、〜なければならない、とか、努力とかっていうのは、何が何でも!!って、キーッ▼▼っとなってやるようなものではなく、楽しんでやるものなんだろうなって、先生の話を聞いていて思いました。
先生、すっごく楽しそうに話してたもんね。

最後に、先生が好きな作家さんの名言を一つ教えてくれました。

アントワーヌ・ド・サンニテグジュペリ(だったと思う)って人が言った言葉。
「真の贅沢というものは、ただ一つしかない。それは人間関係の贅沢だ。」

何をするのであっても、大好きな人と一緒であれば楽しく、おいしく、幸せな気分になれる。
おお〜!ほんと、そうだなあって思います。

この他、赤ちゃんが信頼を学ぶ上で重要な、愛着(アタッチメント)などについても学びました。
3歳までが大事ってよく言いますが、この時期に得るものは、本当に一生ものなんですね。
発達心理学にも興味が出てきました。
K先生の授業、パワフルでとっても面白かったので、また機会があれば是非受講したいです。



スポンサーサイト

2013年05月23日 (木) | 編集 |
引っ越し先の洗面所が超狭くて、洗濯機周りのものが置けないので、棚をDIYしました。

image.jpg

左側は洗濯機パンが壁にピッタリと据え付けられていて、右側と段差があるので、難易度高いDIYだったけど、何とか収まりました。
これ、自宅に戻った時に、段差になってる右側の足を切ってリサイクルするつもり。
自宅でもうまく収まると良いな〜






2013年04月22日 (月) | 編集 |
平日別宅のキッチンの作業台をDIYしました。
戻ってくる時に解体して、再利用できるような作りに。

IMGP6883.jpg

まず、廃材で棚を作って・・・


IMGP6885.jpg

断捨離で余ったスチール棚と、DIYした廃材棚に板を渡して出来上がりw
かなり大きい作業台だけど、解体可能だから引越し屋さん要らず。
スチール棚と同じ高さにすることと、グラグラしないように補強するのが難しかったです。
もっとDIY上手になりたいなあ。
大工さんになれば良かった(笑)


2013年04月19日 (金) | 編集 |
半分、引越しすることになりました。
週の1/3は戻ってくるから、引越しは半分だけ。
でも、良い機会なので断捨離しています。

IMGP6858.jpg

玄関の、いらない本とかを束ねて回収に出す時の紐やハサミを入れておく箱。
使ったら戻してるはずなのに、ハサミがいつもなくなるなあと思っていたら、
奥に入ってて、掃除したら5本も出てきました。
おいおい、ちゃんと捜しなさいよー
(あれっ?ハサミって1本2本って数えるんだっけか・・・?)


IMGP6874.jpg

小屋の中も整理整頓。
ニシン寿司も全部上げてしまって、樽を洗って今季は終了ー。
今、ちょうどよい感じ。
私が好きな少々酸っぱめのにニシン寿司になってました。




2013年04月16日 (火) | 編集 |
今年は諸事情あって、大掛かりなグリーンカーテンができないと思います。
なので、去年のグリーンカーテン後、そのままになっていた山芋入の土袋を解体しました。

土袋は、これ ↓

526488_267353426712465_523530506_n.jpg



で、袋を解体して収穫できた山芋が、これ ↓

IMGP6864.jpg


豊作やーん!!

さっそくお好み焼きや、とろろご飯にして食べてます。

いやあ、畑って素晴らしい!!!



2013年03月26日 (火) | 編集 |
突然、タスクバーが消えて、窓を開けたり閉じたりできなくなってしまった。
なんで?っていう原因はわからないんだけど、とりあえず復旧させる方法はわかったのでメモっとく。

1.「Ctrl」+「Alt」+「Delete」でタスクマネージャーを立ち上げる
2.新しいタスクで「explorer.exe」を起動させる

これで解決。



2013年03月26日 (火) | 編集 |
読んでいる途中、読み終えてからも、透明感のある文章だな、と思った。
タイトルの草原がいつも出てくるからかもしれない。
重苦しい内容だけど、常にすうっと風が吹いているような感じだった。

現実として受け入れられない辛い過去と、その過去の事実についての悲しい想像と信頼や自信の喪失。
一番大事に思っていて信頼している夫から「忘れてしまえばいい」と言われて、でも、どんなに愛情を受けてもその事実を忘れてしまうことは出来なくて、問題を先伸ばししながら、ゆるく、常に苦しんでいるような主人公。
同じような少女と出会って、苦しみを自分のものとして認めることで、二つに分かれていた自分がやっと一つになったのかなって思った。

主人公のような衝撃的な出来事はなくても、親や周囲から自分への愛情に対する信頼が揺らいで、自分の足元が不安定になることはよくある話なんじゃないかな。
そこのとこを乗り越えないと、本当の意味で大人になることができないのかもって思う。

私がこの本を読んで考えていたことは、本の趣旨とは違うかも知れない。
私はこういうことを考えていた。

私はいつも自分勝手だから、誰かが自分に与えてくれる愛情について、それが絶対かどうかを考えてしまう。
どんな自分でも受け入れてくれる確かな愛情ってあるんだろうか。
母親に対しては、それを感じられた。
それだけでも私は十分幸せなのだと思う。
私がそういう風に心から思っているということは、母の子育ての母の責任分は十分成功している。
この段階で、私はこの本の主人公の抱える苦しみをクリアしている。
私自身の問題はこの先にある。

母がこの世にいない今は、もうそういった愛情を受けるということは諦めなければならないと感じている。
今は、何をしても許される、惜しみない愛情を与えられる世界ではなく、約束や義務、責任を果たすことによって与えられる、契約的な愛情の世界にいるような気がする。
私はもう十分年を重ねているのだから、この世界の中で、今度は誰かに対して絶対的な愛情を、与える側になる時期なのかもしれない。
年はいってるけど考えが甘甘なので、とても難しいけれど、求めるのはもう終わりにしなければ、と思う。
心の中の草原と、契約的愛情の世界と。
私の中だけで、二つを行き来すれば良いのだ。








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。