写真、短歌、日々の思ったこと。
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013年03月26日 (火) | 編集 |
読んでいる途中、読み終えてからも、透明感のある文章だな、と思った。
タイトルの草原がいつも出てくるからかもしれない。
重苦しい内容だけど、常にすうっと風が吹いているような感じだった。

現実として受け入れられない辛い過去と、その過去の事実についての悲しい想像と信頼や自信の喪失。
一番大事に思っていて信頼している夫から「忘れてしまえばいい」と言われて、でも、どんなに愛情を受けてもその事実を忘れてしまうことは出来なくて、問題を先伸ばししながら、ゆるく、常に苦しんでいるような主人公。
同じような少女と出会って、苦しみを自分のものとして認めることで、二つに分かれていた自分がやっと一つになったのかなって思った。

主人公のような衝撃的な出来事はなくても、親や周囲から自分への愛情に対する信頼が揺らいで、自分の足元が不安定になることはよくある話なんじゃないかな。
そこのとこを乗り越えないと、本当の意味で大人になることができないのかもって思う。

私がこの本を読んで考えていたことは、本の趣旨とは違うかも知れない。
私はこういうことを考えていた。

私はいつも自分勝手だから、誰かが自分に与えてくれる愛情について、それが絶対かどうかを考えてしまう。
どんな自分でも受け入れてくれる確かな愛情ってあるんだろうか。
母親に対しては、それを感じられた。
それだけでも私は十分幸せなのだと思う。
私がそういう風に心から思っているということは、母の子育ての母の責任分は十分成功している。
この段階で、私はこの本の主人公の抱える苦しみをクリアしている。
私自身の問題はこの先にある。

母がこの世にいない今は、もうそういった愛情を受けるということは諦めなければならないと感じている。
今は、何をしても許される、惜しみない愛情を与えられる世界ではなく、約束や義務、責任を果たすことによって与えられる、契約的な愛情の世界にいるような気がする。
私はもう十分年を重ねているのだから、この世界の中で、今度は誰かに対して絶対的な愛情を、与える側になる時期なのかもしれない。
年はいってるけど考えが甘甘なので、とても難しいけれど、求めるのはもう終わりにしなければ、と思う。
心の中の草原と、契約的愛情の世界と。
私の中だけで、二つを行き来すれば良いのだ。







スポンサーサイト

2013年03月02日 (土) | 編集 |
冷えは万病の元、ってことで、ここのところずっと体温をあげる努力をしています。
体温を上げると免疫力もアップするらしいので。
で、この本を読んでみました。

医学博士ながら漢方や生薬を積極的に勧めている石原先生によると、生姜には以下の効果があるらしいです。

1.体を温める
2.免疫力を高める
3.発汗、去痰を促す
4.咳を鎮める
5.解熱(アスピリンの80%程度の解熱作用があるらしい)
6.鎮痛、消炎抗セロトニン作用
7.血液凝固を抑制
8.強心作用
9.消化、吸収能力を高める
10.胃潰瘍を防ぐ
11.吐き気をおさえる
12.抗菌・抗ウイルス・抗寄生虫作用
13.めまいや耳鳴りを防ぐ
14.血中コレステロールを下げる
15.生殖機能を改善する
16.酸化を防止する
17.うつ病を防ぐ
18.解毒を促して、体内を浄化する

生姜に含まれるジンゲロール(加熱するとショウガオール)が主な有効成分。
その他、皮の直下に精油が含まれていて、この精油にはジンギベロール、ジンギベレン、クルクミン、ピネン、シトラール類、ボルネオールなど、400種類以上の芳香成分が含まれているのだそう。

これらの作用によって、
1日10~30gの乾燥粉末の投与でリウマチや関節炎に効果があったほか、
血栓が出来にくくなることから脳梗塞、心筋梗塞、高血圧などを予防&改善、
殺菌効果によるピロリ菌殺菌、風邪や食中毒の予防、
血行促進による不妊症の改善、
抗酸化作用によるガン、アレルギー、免疫疾患の予防&改善、
それから老化防止に効くのだそうです。

あと、タンパク質分解酵素のジンジベイン、プロテアーゼも含まれているので、肉や魚料理に使うのは理にかなっているようです。
特に肉など消化に悪いものを食べた時に一緒に食べると、体への負担も軽減してくれるだろうし、アミノ酸を体に取り込みやすくする手助けをしてくれそうです。

本には書いてなかったのですが、気になったので自分で調べたことをメモしておきます。
友達がふと「生姜って生は体冷やすって聞いたけどなあ」って言ったことが気になったのでした。
調べてみたら、確かに生の生姜と乾燥したものでは効能が少し違うようです。

生の生姜の主な成分は、ジンゲロール。
これには強い殺菌効果があるので、風邪や食中毒の予防に効果があるそうです。
ただし、酸化すると成分が変化するので、切りたておろしたてを食するのが良いそうです。

熱を加えたり乾燥した際の主な成分はショウガオール。
これには胃腸の壁を直接刺激して、血流を高め、深部の熱を作り出す働きがあるそう。
なので、体を温めるのが目的ならば、こちらを使ったほうが良いようです。

友達が生の生姜は体を冷やすって言ってたのは、乾燥の方がより効果的というのをちょっと違って聞いていたようです。

あ、そうそう。
本には生姜と他の食材などを利用して相乗効果が期待されるレシピがいくつか載っていましたが、基本は生姜紅茶を勧めていました。
生の皮付き生姜をすりおろして紅茶に入れ、黒砂糖を入れたものです。

砂糖は白より黒が良いのはよく言われますが、ミネラルやカルシウムが豊富というほか、白砂糖は体を冷やす陰性食品で、黒砂糖は陽性食品なのが理由に挙げられていました。

あと、緑茶は陰性食品、紅茶は陽性食品というのは知っていましたが、紅茶の赤い色素であるテアフラビンには強力な高酸化作用と殺菌効果があり、活性酸素の除去、風邪やインフルエンザの予防に良いっていうのは知りませんでした。
風邪の予防に効果があるのは緑茶だけかと思ってた。

漢方のあらゆる処方の70~80%に含まれている生姜なので、積極的に摂って損はないですね。
冬ばかりじゃなく、夏は夏で水分の取りすぎや冷房で体が冷えやすいので、一年中生姜を使っていかねば。
来期の畑では生姜を積極的に育てようと思いますw







2013年02月28日 (木) | 編集 |
大阪を舞台にしたお話。
昔うろうろしていた地名や路線が出てきて親近感を覚える一方、あの雑踏の賑わいが、こういうふうな生活の集まり、吹き溜りだと思うと、なんかやりきれないような、何もかもどうでも良いような、ぼんやりした気持ちになった。

ストーリーは特にどうということもないけど、主人公の吉田とみさをの感情や読み、状況把握の違いが面白かった。
自分で思っている自分や自分の状況と、他人から見たそれは違うものだっていう、分かりやすいのに分かりにくい事実が描かれてる作品だと思う。

正直、タイトルになっている「地下の鳩」よりも、同時収録作品の「タイムカプセル」のほうが面白さでいえば面白かった。
「タイムカプセル」を読むための「地下の鳩」のような気がする。
西加奈子さんの作品は、今後もぼちぼち読んでいきたいです。



2013年02月25日 (月) | 編集 |
ちょっと古い芥川賞の作品です。
どこかの誰かのブログに紹介されていて、その人が大変感銘を受けたと書いてあったので読んでみましたが・・・。

この本を読んで、本というのはつくづく、記号や暗号が並べられたメッセージなんだな、と思った。
共感、理解をするには、作者と同じ記号や暗号を知っていなければならない。
あと、その本が書かれた時代も知っていないといけないのかな。
私には少々難解すぎました。

使われている言葉は美しくて、ところどころ入り込めるところもあるけれど、作品の世界観が私の求めているものではなかったような気がします。
世界観としては、村上春樹さん+星新一さん+氷水1リットルといった感じです。
透明すぎて、少し薄くて肌寒くて草食すぎる気がします。
読むというより感じる本なのかな。
詩のようなものかも。

こんなこと言ってはなんだけど、私にとっては、この作品の解説がよかったです。
この作品について、これだけの解説が書けるなんてすごい!と思いました。
須賀敦子さん。
この人が、池澤さんにとって最高の表現方法はエッセイだとも思うし・・・みたいなことを書いてるので、引き続き池澤さんのエッセイを読んでいます。
確かになかなか良いです。

ぼちぼち積ん読を減らしながら、須賀さんの本も読んでみたいと思います。


2013年01月18日 (金) | 編集 |
今更ながら、読みました。
最初の1ページ目の、

「君も、身体改造してみない?」
男の言葉に、私は無意識のうちに首を縦に振っていた。


という一文を読んだとき、この主人公には全く共感できないと思った。
私だったら間違いなく首は横に振っている。
スプリットタンについて書かれている部分では気持ち悪さがこみ上げてきた。

なのに、不思議なことに物語に引き込まれて一気に読んでしまったし、自分でも驚いたことに、途中でアマのことを好きになってしまった。

「たとえお前だろうが、お前のその体を殺すことは許さない。自殺するんだったら、その時は俺に殺させてくれ。俺以外の人間がお前の生を左右するなんて、耐えられないんだ」

面白くて一気に読んだ。
引き返すとかやり直すとか考えない生き方。
自分だったら絶対に選ばない生き方だし、こういう世界とはこの先も縁がないだろうから、この本を読んで良かった。



2013年01月17日 (木) | 編集 |
「モーム」って聞いたことあるけど、読んだことはなかった。
思えば私は著名人の本って数えるほどしか読んだことないなあと思って読んでみた。
「月と六ペンス」っていう題名が美しいと思ったからw

主人公(作者)の人間分析というか、観察眼が面白かった。
ストリックランドと元家族との価値観の違いが最後の最後まで埋められていないのを見て、人の幸せをどの基準で決めるのかはその人次第、とはよく言うけど、でも、本人にも自分の本当の幸せがどんなものかわかっていない場合がある(かもしれない)ということに怖さを感じた。

ストリックランドのように、自分の幸せ(求めるもの)が何であるかを知り、他人のどのような言葉や態度にもそれが揺らがないという人は少ない。
世間一般の常識や幸せの基準を自分のものとすれば、とりあえずの安心は得られるからだ。

自分の持っている幸せの基準、常識の基準が、本当に自分自身のものかを疑い出した時、人の苦悩は始まるような気がする。
ストリックランドの元家族のように、疑いなく当然としてそれを自分のものだと言い切れることもまた、自分の求めるものだけを追求してたどり着いたストリックランドと同じように幸せなのかも知れない。

ストリックランドは月。
元家族は六ペンス。
両極のどちらかを選べないのなら、その間を揺れることを、苦しむのではなく楽しみたいと思う。




2012年11月15日 (木) | 編集 |
脳科学で解き明かす「恋愛脳」講座、と書いてありますが、
「恋愛力を高める」=「人としての魅力を高める」ことでもあるので、
恋愛に興味がなくても面白く読める本だと思いました。

「すごく好きな人に巡り会うための法則」と、
「楽しくて実りある人生を歩むための法則」はとても似ているし、
「失恋から立ち直るための方法」と、
「失敗をいつまでもくよくよして今を無駄にしないための方法」も
ほとんど同じ。

キーワードは、
「ディフォルト・ネットワーク」、
「セレンディピティ」、
そして「偶有性」。

「ディフォルト・ネットワーク」は、
「無課題、無目的」の時に最も強く働く脳の部位(ネットワーク)のことで、
脳のアイドリング状態なのだそう。
何かに集中しているとか、こだわっているような状態ではなく、
どこにでも行ける、何にでもなれる、どういうふうな考えにも
寄り添って行けるような状態のことなのかな。

「セレンディピディ」は、
どこに転がっているか分からない、偶然の幸運に出会う力のこと。

「偶有性」は、
あらかじめ予想できることと、予想不可能なことが入り混じっている状態のこと。

「偶有性」に満ちた世界を、
「デフォルト・ネットワーク」を働かせながら回遊し、
「セレンディピティ」に巡り会う機会を生み出す。
・・のが、人生(恋愛)の必勝法なのではないか?という本です。たぶんw

よーするに、「頭柔らかく」ってことで、
どういう風な考え方をして柔らかくするかについてのヒントが、
出会い、お付き合い、嫉妬、ラブラブ、失恋、の時の気持ちの原因と共に、
あっさりめに書かれています。

当たり前のことを含めて、勉強になりました。
茂木さんの本、もっといろいろ読みたいです。



2012年09月11日 (火) | 編集 |
280円文庫。
ヴィヨンの妻、秋風記、皮膚と心、桜桃の短編四つが収録されています。

四編と巻末のピースの又吉さんのエッセイを読んで、一貫して思ったのは、ずいぶん生きにくい生き方をしているなあ、ということでした。
登場人物の誰も(と、又吉さんも)が、こうあるべき、こうである方が良いと思っている自分と実際の自分のギャップや周囲の目に縛られています。
勝手気ままにしているように見える「ヴィヨンの妻」の夫の大谷さんでさえ、完全なる自己中人間になりきれてなく、生きるのが苦しくて苦しくて仕方がないようです。

「桜桃」では、重苦しい現実である家族を家に残して酒を飲む場所へ(逃げて)来てしまった”私”に桜桃が出され、”私”は桜桃など見たこともない自分の子供を思いながら、それを不味そうに食べ、『子供よりも親が大事』と心で呟く・・・というシーンがあります。
又吉さんは、この最後の文章が大好きだそうで、『家に帰れば良いだけじゃないか、と思える人はある点において幸せであり、だが、きっと自分が気付いていないところで無自覚に人を傷つけて来た人だとも思う』と書いています。
私はこの又吉さんの言葉に半分は頷き、もう半分は残念で悲しい気持ちになりました。

人に気を使いすぎて自分を追い込んでしまう人は、確かに優しい人だと思います。
とても優しくて、そして弱い。
弱さからギリギリまで自分を追い込んだ末、ふと逃げてしまうのだろうと思います。
自分でも分かっているけど、どうしようもなく、そうなってしまうのでしょう。
逃げつつも、逃げた自分を心底嫌い、桜桃を子供に食べさせてあげたい(理想の)自分と、逃げている現実の自分のギャップに苦しんで、投げやりになり、桜桃を不味そうに食べながら「子供よりも親が大事」と呟く気持ちもよくわかります。
分かるけども、それでも私は、家に帰れば良いじゃないか、と思います。
そう思える自分が幸せだとも思うし、きっと自分が気付いていないところで無自覚に人を傷つけているだろうな、とも思います。
そこは頷けました。

ただ、自分が気付いていないところで無自覚に人を傷つけているのは、家に帰れば良いじゃないかと言える人だけではないと思うのです。
優しくて弱く、帰れない、人を傷つけてしまっていることを自分は自覚してやっているんだ、と思っている人も、自覚していない部分でも更に人を傷つけていると思います。
弱い人、繊細な人は、その弱さや繊細さをもって無自覚に人を傷つけます。
弱い人だけが傷つくのではない、繊細な人だけが傷つくのではありません。

ハッキリ言えば、自覚があるかないかを言うのは無意味です。
自覚のあるなしに関わらず、人を傷つけない人などこの世に存在しないと思います。
完璧な聖人であっても、その清らかさや正しさでもって無意識に凡人を傷つけるし、神や仏でさえ、人を傷つけたり争わせたりします。
話が逸れ気味になってきたけれども、私が言いたかったのは、とにかく日本人は真面目すぎるということです!w
真面目だし、優しすぎる。

こうあるべき、こうである方が良いと思う自分に縛られて、現実の自分とのギャップに苦しんで生きるのがつらかったり死にたくなったりするなんて本末転倒です。
辛そうな人を見てると、周りまでしんどくなるのです。
だからと言って自殺されたりしたら、救えなかったことが周りの人の一生の傷になるので迷惑です。
そんなくらいなら、こうあるべき、な人じゃなくて良いと思うのです。

「ヴィヨンの妻」の大谷さんの奥さんは、その辺のバランスを上手にとっていて素敵でした。
旦那さんがあんなんでも、家がそんなんでも、坊やがこんなんでも、その日初めて会ったお客さんに体をけがされようとも、『人非人でもいいじゃないの。私たちは、生きてさえすればいいのよ。』で毎日を過ごしてゆくのです。
奇妙に笑う自分の子供を見て『我が子ながら、ほとんど阿呆の感じでした。』って、母親だからって自分の気持ちにまで規制をかけない、素直にそのまま思うところがすごいな、と思いました。

2012年09月05日 (水) | 編集 |
面白かったです。
たぶん、ネットで誰かのブログかどこかのレビューを見て衝動買いした本。
唐突な引用が多く、内容も深く、主人公の職業や生きている世界(雑誌編集長)が私の日常とは重ならない部分もあるので、読むのに時間がかかりました。
途中忙しかったのや、じっくり思考しながら読みすすめたのもあるけど、それにしても時間がかかった・・・。

この本を読み始めたのは、ツタンカーメン展の入口で2時間待ちの行列に並んでいた時。
最初は普通に読み始めたのだけど、”フジサキリコ”が部屋に入ってきて、”僕”が「すぐに始めますか。それとも少し一緒にお酒でも飲みますか?」と言ったくらいから、これはツタンカーメン展の入口で大勢の人に囲まれながら読む本じゃないな、という予感はしましたw
予感は当たって、その後すぐ、人ごみの中では本を大きく開いて読めないようなwww話になっていきました。

この本を読んで、一人の人間の人となりを見る時、その人の性の部分を知ることはとても重要なのかもしれないと思いました。
いやらしい意味じゃなくて、ていうか、いやらしい意味も含めてw、人にはいろんな顔があり、その中には必ず性的な部分が含まれていて、そこって結構本質的な部分、その人の根っこに関わる部分だと思うのです。

本は、小説だけど小説じゃないような、すごく面白い本です。
世の中の、綺麗なところと汚いところは表裏一体になっていることとか、目に見えている物事の向こう側に、知らなかった多くの問題があること、日常、こうやって過ごしていることが見ぬ振りの連続であることについて、考えさせられる本でした。

時間と気持ちに余裕がある人や、とにかく活字中毒で読みたい病の人は一度読んでみてください。
この本を読んだ他の人の感想にすごく興味があるし、この作者の他の本も読んでみたくなりました。
知りたい病を発症し、白石一文さんをTwitterでフォローしましたよーww
「今何読んでるの?」って訊かれた時に、タイトルを言うと引かれるんじゃないかとw、ちょっと躊躇してしまうタイトルではあるけれどw、なんかほんと、私も、「この胸に深々と突き刺さる矢を抜きたい」と思う今日このごろです。

2012年03月16日 (金) | 編集 |
細胞シートって知ってます?
患部に移植し、病気をなおすためのもので、細胞を培養して増やし、暑さ0.1ミリ以下の薄いシート状パッチにしたものだそうです。
病気によっては、自分の細胞で作ることができる場合もあって、拒絶反応なしに病気を根治できる可能性があるのだそう。

私の説明が下手すぎて、こう聞くと、ふうん・・・すごいねえ、で終わってしまうかも知れないですが、これは本当にすごいことなのです!
細胞には、皮膚を作る、骨を作る、ホルモンを出す・・・などいろんな細胞があって、それぞれ役割が決まっているのですが、すでに役割が決まっている細胞に遺伝子を導入して、いろんなものになれる細胞を作り、それを使って、必要な機能を持つ細胞シートを作って治療するのだそうです。

具体的には、心筋細胞の機能低下で心臓の機能が弱くなる病気には、筋芽細胞という筋肉組織を修復する細胞シートで心臓の筋肉を修復&強化したり、角膜上皮を作る細胞が機能しなくなる病気には、もう片方の目が健康であればその細胞、両目とも病気ならば他の部分から作った、その細胞に近い機能を持った細胞シートを培養して貼り付けて治療したり・・・という風に、その病気に必要なシートを作って治療できるのだそうです。

また、現在は一層のシートを重ね、血管を通し、臓器を作る研究もされているのだそう。
ほんと、すごい話です。

この本を読んで、感心すると同時に、複雑な気持ちになりました。
今、治らない病気で苦しんだり、移植を待って辛い思いをしている人が、助かるのは良いことだと思います。
食道ガンの手術をした人が、切除後のむき出しになった患部に細胞シートを貼り付けることで組織を修復し、術後治療の激痛から救われたり、すばらしいことだと思う。
けれど、それと同時に、でも、っていう気持ちも生まれてしまうのです。

多くの人が救われるということは、多くの人の寿命が伸び、死なない人が増えるということ。
人口がますます増えるということ。
20世紀に薬や治療法の発達や栄養の改善で人の寿命は数十年も伸びました。
これから細胞シートによって、いわゆる細胞の若返りが可能になったり、臓器の交換がすぐにできるとなると、人間はいったい、何歳まで健康で生きられるようになるんだろう?って思います。

「健康で長生き」は良いことだと思うけれど、どうしても単純に手放しで歓迎!!って風になれないのは、私が根暗だからかなあ。
人間は、子作りという遺伝子の更新、そして子育てという新遺伝子へのスキル引継ぎが終わってからも、長い時間を生き続けます。
それってどうなの?本当に必要?って思ってしまう。
人のため、地球のためになるような研究をしている人には長い時間が必要だけど、ただ楽しみだけのために生きているような私みたいんは、なんか、いろいろ消費して申し訳ない気になってしまうのです。
とはいえ、今日も楽しく消費して、痛いのやだから健康に気をつけたりしてしまうんだけどねw

食料とエネルギーの確保が人間の要求と医療技術の進歩に追いついてなくて、そのしわ寄せが環境にいってる感じ。
ほんとあたし、消費した食料とエネルギー分、何か役に立つことしないとって思う。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。