写真、短歌、日々の思ったこと。
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013年05月23日 (木) | 編集 |
引っ越し先の洗面所が超狭くて、洗濯機周りのものが置けないので、棚をDIYしました。

image.jpg

左側は洗濯機パンが壁にピッタリと据え付けられていて、右側と段差があるので、難易度高いDIYだったけど、何とか収まりました。
これ、自宅に戻った時に、段差になってる右側の足を切ってリサイクルするつもり。
自宅でもうまく収まると良いな〜





スポンサーサイト

2013年04月22日 (月) | 編集 |
平日別宅のキッチンの作業台をDIYしました。
戻ってくる時に解体して、再利用できるような作りに。

IMGP6883.jpg

まず、廃材で棚を作って・・・


IMGP6885.jpg

断捨離で余ったスチール棚と、DIYした廃材棚に板を渡して出来上がりw
かなり大きい作業台だけど、解体可能だから引越し屋さん要らず。
スチール棚と同じ高さにすることと、グラグラしないように補強するのが難しかったです。
もっとDIY上手になりたいなあ。
大工さんになれば良かった(笑)


2013年01月23日 (水) | 編集 |
今日作ったんは、これ↓

IMGP62050.jpg


さて、なんでしょーか!?




2013年01月11日 (金) | 編集 |
銀細工教室の4回目。

今回は、まず銀粘土で好きな形のプレートを作り、
その上にシリンジに入れた粘土を絞り出して
立体感を出す作品にチャレンジしました。

IMGP6121.jpg

私の作品は、左側のほうにある、雫型のピアスパーツ2枚と
四角いペンダントトップです。
ネックレスの方は、ちょうどチェーンを持っていたので、
先生に丸かんを頂いてその場で仕上げてしまいました~。

IMGP6125.jpg

アップ画像。
猫のほうは四角か丸のプレートにして、猫を隅に置いてーって
デザインをある程度考えていきましたが、雫型の方はその場で考えました。
アシンメトリーにしたかったので、左右デザインを変えて。

シリンジから粘土をにゅーって出しながら描いて行くのが難しくて、
細かいデザインにしてしまったために苦労しました。
途中で何度もくじけて諦めそうになったけど、
自分ではすごく気に入った作品になって嬉しい!

IMGP6124.jpg

猫の方はリバーシブルになっています。
裏は魚柄w

IMGP6126.jpg

1回目の教室で作った猫と魚をピアスに加工したので、
裏表とも、一緒につけられるようなデザインにしてみました^^

今後、七宝も習っていくようなので、出来上がった作品に七宝で色付けするかも。
猫のペンダントトップは、上から下へ濃い青から薄い青へのグラデにして
空を見ている猫って感じも良いな~と思いつつ作りました。
お魚の方も、色が着くとまた違った感じになるだろうな~。
楽しみです。


2013年01月01日 (火) | 編集 |
今回で3回目の銀細工教室。
今回は、石付きリングを作りました。

IMGP6012.jpg

写真は受講したみんなの作品です。
私の作品はかたつむりリング。


IMGP6029.jpg

今回のリングは、銀粘土で細い紐を作ってリングにし、
そこへ石の台になる立て爪を埋め込んで、
焼成して銀にしてから石を入れるやり方でした。

前回習った人が、完成後ちょっと太かったと言ってたので、
最終焼成の前の乾燥粘土の時に、リングがなるべく薄くなるよう
頑張って削りましたw
割れそうで怖かったー。


IMGP6028.jpg

しばらく扱っていたら慣れてきたので、
調子に乗ってサイドに模様を書き入れましたw
かたつむりデザインなので、葉っぱと蔦模様^^

普段、指輪はしないのですが、頑張って作ったし気に入ったので、
時々着けようと思います。

次はみんなの作品の中の月と家の作品のような、
プレートにシリンジで模様をつけていく作品です。
どんな形にするか決めとかないとなー。
こういうのは妄想力ではなく想像力が必要。
子供の頃は何に関してもアイデアが溢れ出ていたのに、
最近は枯れてるって自分でわかるww
なまっている感覚を呼び覚まさないとね。



2013年01月01日 (火) | 編集 |
この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

2012年05月10日 (木) | 編集 |
イベント用の簡易テーブルをDIYしてみた。
足は蝶番を使って、折り畳めるようにしてあります。
天板も折りたたみにしようかと思ったんだけど、ギリギリ車に入るので取りあえずこのまま。

テーブルの足(台)  簡易テーブル

端材を使ってテキトーに作った割になかなか良い出来で、達成感も味わえて満足~w

ちなみに、蝶番(ちょうつがい)のことを、今まで「ちょうづかい」と言ってました・・・。
変換、出んはずやわーw
モノが確かに、つがいになってるもんね。

ていうか、「つがい」を「番」って書くことも今知った(汗)
もっとなんていうか、「組」とか「繋」っぽい漢字を使うのかと思ってた(滝汗)
「つがいの鳥」は「番の鳥」、「虫がつがってる」は「虫が番ってる」って書くんやね。
漢字で書くとめっちゃ違和感あるなー。

2011年12月30日 (金) | 編集 |
くまちゃん今、携帯につけている編みぐるみ作家のSmileさんの編みぐるみ。
裸にオーバーオールwはさすがに寒いやろ・・・てことで、セーターを編んでみました。

セクシーw編みあがったセーターを着るマイダーリン。
なに?このセクシーは。

セーター着用着たら素朴w

マフラーもマフラーもプレゼントしてみたら、すっかり冬仕様。
よし、これでなんか安心した。

・・・て感じで年賀状作成が遅れている現実から逃げようとしていた三日前。


2011年12月28日 (水) | 編集 |
ひざ掛け一年前に、ひざ掛けをプレゼントしてもらいました。
使わない時に入れるカバーを編み始めたは良いけど、あとは閉じて袋にするだけって状態まで編んで、一年間そのままになってました。

模様編み一年熟成させて、本日完成w
表は模様編みです。

縄編みそして裏は縄編み。

ボタン付け開閉はファスナーが良いなと思ってたんだけど、家にあるファスナーは色が合わなかったので、ボタンで仕上げてしまいました。
ボタンで使ってみて、使いづらかったらファスナーに変えます。

表ひざ掛けを入れると表はこんな感じ。

裏裏はこんなん。

こういう風にしようって考えて、サイズを合わせて・・・
頭の中のイメージを形にするのって面白いです。
もっと上手になりたい。


2011年11月30日 (水) | 編集 |
それでは、その2で挙げた継続したい点と問題点を見て考えた、2012年の手帳の使い方を発表します。

■継続したいとこ(良かった点)
1.月間カレンダーのスケジュール記入方法
2.年間インデックスの畑の記録
3.ヤフオクの出品管理(連絡、入金、送付、評価)
4.付箋による「to do」と「to buy」管理
5.完成レシピファイル
6.インデックス代わりの端の切り込み

まず、継続したい点の”2.畑の記録”以外は、新しい手帳でもそのままのルールでOKっぽいのでそうします。
ちなみに「6.インデックス代わりの端の切り込み」って何?って思った人っているのかな?
いちおう説明しとくと、こういうことです↓

端の切り込みインデックスが付いていない手帳の場合ですが。

手帳の端を、開きたい位置まで切っておくんです。
そうすると、そこを押さえて開けば当月を開くことが出来るという小技ですw
切ることのできる場所が上と下の2箇所あるので、私は月間と週間の2ヶ所を開けるようにしてあります。

2012 畑の記録そのままのルールが無理な「2.年間インデックスの畑の記録」については、とりあえず月間カレンダーの横の余白に、前年のいつに何をしたかを記入しました。
これを見ながら、この週はこれをしなければっていう予定を立てるつもりです。

よく考えたら体は一つしかないので、旅行などイベントのある時は畑をたくさんすることはないし、ひとつの月間カレンダーにスケジュールと共に書き込めないかな?って思ってこういう形にしました。
書込みがぐちゃぐちゃになりそうなら、途中で別な方法を考えるかも知れません。

というわけで、継続したい点を継続するためのルールは出来ました。
あとは問題点を改善した書込みルールを作るだけです。

■問題点
1.スケジュールの管理方法
2.更新中のレシピの管理方法
3.情報をどこに書いたか分からなくなる

■改善策
1.スケジュールの管理方法について
とりあえず今年は、スケジュールは手帳で一括管理することにします。
で、週の初めにその週の予定を再確認して、必要なら携帯のアラームをセットします。
いくらものぐさでもこれだけはやらないと。
うまく習慣化できれば良いのですが。

2.更新中のレシピの管理方法について
今までは小さい付箋だけを使っていましたが、今年は手帳に少し大きめの付箋も常駐させることに。
更新中のレシピはその大きめ付箋に書いて張ることにします。

2012付箋とミニノート付箋を貼り付ける場所は、完成レシピを書き込んだ手作りミニノートとします。
レシピは更新中のものも完成レシピもここで一括管理します。

ちなみに完成レシピのほか、住所録も手作りミニノートを作って書き込みました。
ミニノートは新しい手帳に移る時に書き直さなくて良いように・・って思って作ったけど、来年も同じ手帳を使うとは限らないんだな~、これがw

3.情報をどこに書いたか分からなくなる点について
手帳に書きとめておきたいスケジュール以外の情報は、とりあえず次の5つです。
1.読了本の題名、メモ、感想など
2.本やTVなどで見た気になるお店情報
3.読みたい本や観たいDVDの題名
4.名言など、気になる言葉
5.旅行時のスタンプや気に留まったこと

まず、「1.読了本の題名、メモ、感想など」については、リストとメモや感想を別に書くことにします。
リストは後ろのメモページ部分に見開き2ページ分作り、本の題名と著者、読み終えた日と○△×の簡単な評価だけを書きます。
本についてのメモや感想は、書くことがあれば週間スケジュールの横のメモ欄に書きます。

2012 読了本リスト  2012 本の感想など
読んだ本について、これってどんな本だったっけ?って思ったときは、読了本リスト(左画像)を見れば読了日が分かり、感想があれば読了日付近に書いてある(右画像)という仕組みです。
元来が大雑把な人間なので、続けられるかどうか分かりませんが、続かなければ、リスト自体が不用ということかルールを変える必要があるということなので、それはそうなったらまた考えますw

「2.本やTVなどで見た気になるお店情報」
「3.読みたい本や観たいDVDの題名」
は、付箋で管理します。
付箋を貼る場所はミニノートの表紙と決めて、ばらばらになってどこへ貼ったか分からなくならないようにし、情報の行き先(確定or消去)が決まれば付箋を処分します。
例えば、DVDの映画予告を見て、今度これをみようと思ったら付箋にメモしておいて、その後ネットレンタルの管理をしている時にその映画をまだ観たいと思っていたらネットのレンタルリストに載せて付箋を処分・・・とか。

「4.名言など、気になる言葉」
は、読了本リストと同じく後ろのメモページに、リスト形式にしてずらずらーっと書いていきます。

「5.旅行時のスタンプや気に留まったこと」
は、後ろのメモページに日付や情報ごと書いていきます。

というわけで後ろのメモページには、

・ヤフオクの出品管理(リスト形式)
・読了本リスト(リスト形式)
・名言など、気になる言葉(リスト形式)
・旅行時のスタンプや気に留まったこと(日記形式)

と4つの情報が書き込まれることになります。
メモページがぐちゃぐちゃにならないように、前年の書込みからページ数を予想して、あと時系列で書きたいものとそうじゃなくて良いものを考えて、前からと後から書くようにします。

さて、ルールも決まったし、今週から早速手帳を活用していきます!
てかもう水曜だけど(笑)
スマホデビューはたぶん、来年末か再来年になってから。
それまでは手帳をバンバン活用しますよ。
来年は今年よりもタイム&セルフマネジメントが出来る人になれますように~☆

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。