写真、短歌、日々の思ったこと。
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010年05月06日 (木) | 編集 |
4月23日に124.35円で買ったユーロ円、5月4日に125.35円で決済。
今日急に円高が進んで120円を割ったので、危ないところだった・・・!
やっぱり、ギリシャ騒ぎがある程度おさまるまで、ユーロ円は当分様子見かなあ・・・。
ニュースを見てても先がどうなるのか見当つかないし、こういう場合はチャートも当てにならないし。
日本も、大丈夫かなあって不安になるわー。
スポンサーサイト

2010年04月20日 (火) | 編集 |
最近は、ずーーーーっと円高のままなので、適当に、ほったらかし取引をしています。
今よりちょっと円安の95、6、7円あたりで仕込んだ買いのポジションは、そのままずっと塩漬けのまま><
微々たるスワップ金利を地道に溜めてます。

その他の取引を、88円-94円半ばまでのレンジ相場でちょっとずつやってます。
前に痛い目を見て、売りから入る取引はやめた!!と思っていたのですが、実は最近やってます。
私の脳みそはどうやら、喉元を過ぎた熱さを覚えていられないようですw

取引は、売られすぎ&買われすぎを示す指標の一つである、RSIを見て。
長期RSIを42日、短期RSIを14日に設定してあります。
で、短期RSIが大きく下がり長期RSIより20P以上低くなったら買いから、短期RSIが大きく上がって長期RSIより20P以上高くなったら売りから入ります。
どちらも値が1円動いたところに決済注文を入れておいて、欲を出さずに細かく利確します。
トレンドが逆でもRSIの長短の差が開いている場合、一時的に長期へ向かって進むことが多いので、今はこういうやり方でやってます。

おかげさまで「焦って仕込んだり決済をせずに、待つ」ということを覚えました!
でもやっぱりたまに焦って買った後に更に円高になったりしてしまうんだけど。
そういう時も慌てないで、戻るのをじっくり待って、最初に決めたラインで決済しています。
売りから入る取引は、待つ時のストレスが大きいので少~しだけにしています。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。