写真、短歌、日々の思ったこと。
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006年09月29日 (金) | 編集 |
「きれいな色とことば」おーなり由子

この人、確か昔「りぼん」だったか「なかよし」だったか「マーガレット」だったかで漫画を描いていた人だと思う。この本は心の中や風景を色になぞらえて書かれたエッセイです。

私が言うのもなんですが、おーなりさんは、かなり気持ちで文章を書く人のようです。すごくわかる所もあれば、本人が入りすぎてて着いていけない所もある。

私の好きな色、青の章の最初の一文、
「いかりの正体は、かなしみなんだって」
を読んで、ご購入~となったのですが、まあなんていうか、まったりとしたというか、イラチさんにはイライラする所もあるだろうなっていうか、そういう本ですw。

いくつか私が気に入ったお話があるのですが、エッセイの題と私の独断による抜粋一文を載せておきます。

「失恋の色」
「いかりの正体は、かなしみなんだって」

「夕やけ青やけ」
青やけ。夕やけの青版なのだと、その子は言った。

「夏の庭」
青虫は葉っぱのソーセージみたい。
体中が青い葉のミンチでいっぱいになっている。

「紅茶教室」
時々思うのは、日常の事は、「おいしかったねぇ」「うん」といって、胸の中で暖かくそのまま持っている方が、その言葉の本質に近くて豊かなのではないかということ。

「夏のおくりもの」
「こんな近所、なかなかないねんよ!」
「あんた、わかってる?」

「台風の夜」
お茶を入れてテレビをつけると、真夜中三時にもかかわらず、テレビではがんがん台風情報を流している。なんだかうれしい。

「豆びいき」
ゆでただけで、なんておいしいんだろう

「天国のあるところ」
ただ、死ぬ時、人間は、口をまるく開けるのだと思った。

「日曜日の地図」
夫は地図が好きだ。

「四角いむらさき」
伝わる時には ことばがなくても 伝わる
だから 心せよ

「夢の色」
同じ色なのに同じ色ではない不思議。
色はきっと、目だけで見ているのではないと思う。

時間が流れていくことへの切なさみたいなもの、同じものを見ても違うように感じる不思議など、私がいつも感じていることも書いてありました。

思い込みすぎ、入り込みすぎってエッセイもたくさんあったけどw、しばらく時間を開けて読むと、また違ったふうに感じそうな本でした。

スポンサーサイト

2006年09月27日 (水) | 編集 |
私の家の左隣は陶芸家。そしてもう片方、右側のちょっと離れたお隣さんは犬屋敷です。

犬屋敷さんはお爺さん(推定70~80歳)とその娘さん(推定45~50歳)の二人暮し。犬をたくさん飼っています。犬は以前は10匹以上居たはずですが、今は5~6匹に減っています。家は・・・プレハブの6畳くらいの小屋を住まいとしていて、周りに犬小屋と思われる小屋が数戸あります。

お爺さんと娘さん共に働いておらず、以前は乗っていた車も今は車検が切れたのか動いてるのを見なくなりました。生活用水を近くの川から汲み、食べ物は車で10分ほどの市街へ自転車で調達しに行くという生活のようです。

電話などの連絡方法はありません。トイレは・・・考えたくない。犬は皆皮膚病にかかっているのか毛がはげてしまっていて体をしきりに掻いています。

お隣さんながら、私は一度も2人と話したことがありませんでした。昨日までは。生前母から「あそこの家の人には注意しなさい。」と言われていたし、近所の人にも「関わらない方がいい。」と注意されていたので・・・。

長いのでお時間ある方のみ続きをどうぞ。
[続きを読む...]

2006年09月23日 (土) | 編集 |
昔、TVドラマで夫に浮気された奥さんが「家族がそれぞれ勝手なことをしていたら家庭なんてすぐに壊れてしまう。(だから自分は我慢する)」って言ってました。

それが良いことなのか悪いことなのかは私には分かりませんけど、その我慢が何十年後かに実を結ぶこともあるのかなとは思います。実を結ばなければ最悪だけど。

こういうのって何か石ころみたいなものを磨く作業で、自分の人生がほぼ終わりかけの時、それがダイヤだったのか石ころだったのかが分かるような気がします。

何十年もいろんなことに耐えて我慢して磨いたものがただの石ころだった時の落胆が怖くて、ちょっと磨いては「これ、違うかもしれない」と捨ててしまい、違う石を探して磨き出す人が多くなったように思います。私を含めてですけど。

我慢して耐えて磨けば、ただの石も何十年か後にはそれなりに光るのかな。それとも隣のダイヤを見て、ちっぽけ過ぎる自分の石を情けなく悲しく思ったりするのかな。嫌々磨くのと我慢してでも一生懸命磨くのと、磨き方によって光の差が出たりするのかな。

答えはもっともっとずっと先にしか出ないんだろうな。

あなたの石はどうですか?
光りそう?それとも光らなくても構わない?
私はまだ石を決めかねている状態です。

2006年09月22日 (金) | 編集 |
私がしみじみ好きな曲を訳してみることにしました。
冷静に見ればこっぱずかしぃ歌詞なのですが、こんな風に誰かを思ってみたいという憧れはありますw



PAINT MY LOVE / MICHAEL LEARNS ROCK

From my youngest years
すごく小さな頃から
Till this moment here
今この瞬間まで
I've never seen such a lovely queen
君みたいな素敵な人は見たことない
From the skies above
より高い空から
To the deepest love
最も深い愛まで
I've never felt Crazy like this before
こんなに夢中になったことはなかったよ

★1
Paint my love
僕の愛を描いて
You should paint my love
君は僕の愛を描くべきなんだ
It's the picture of a thousand sunsets
それは千の夕焼けの絵
It's the freedom of a thousand doves
それは千の自由なハトたち
Baby you should paint my love
Baby 君は僕の愛を描くべきなんだ


Been around the wold
世界中を訪れて
Then I met you girl
そして君に逢えた
It's like coming home
まるで家に帰ってきたよう
To a place I've known
知っている場所のようなんだ

★1 繰り返し

Since you came into my life
君が僕の人生に入り込んでから
The days before all fade to black and white
それまでの全ての日々が白黒に色あせた
Since you came into my life
君が僕の人生に入り込んでから
Everything has changed
全てが変わったんだ

★1 繰り返し



2006年09月19日 (火) | 編集 |
あたしの細胞が、水分を保持する努力をしなくなってきた。

あたしの細胞が、髪の毛が黒だってことを忘れ始めた。

あたしの細胞が、虫さされの跡を白くしようとする気合をなくし始めた。


コラーッ!!!

怠けるなー!!


人間(細胞)やれば出来るってシンクロ見て思ったんじゃないの!?
この世に不可能はないのかもって杉本彩見て思ったんじゃないのー!?

がんばれ、やれば出来る!
君らは出来る子たちだよ!

あたしは君達を信じてるっ。
あたしも応援するから、
諦めるんじゃないよっwww

2006年09月14日 (木) | 編集 |
昨日の夢は・・・私が高校生になってた。
いや、厳密に言えば知ってる人全員が高校生になってた。
ていうか街の人全体が高校生だった。

や、ちょっと違う、むしろ建物が全部高校・・?
道路が廊下、みたいな。
自転車で通学、なのに廊下。廊下を通学w
電柱とかが廊下に立ってるw
そういえば車を見なかったかも。

ちなみに・・・
小学生(だと思う)も老人(だと思う)も、
とにかく皆私の母校の制服を着てた。
女子は紺のブレザー&ヒダスカート、
男子は黒の詰襟の学ラン。
すっごい変な感じだったw


教室のローカ側の前から5番目くらいの席が私の席で、その前は昔同級生だった女の子だった。ちょっと前までそのN子ちゃんは和菓子屋さんに勤めていたんだけど、最近見ないなと思っていたら高校生になってた。ビックリビックリww

そんでN子ちゃんが私にこう言うんです。
「好きな人ができたんやけど。」

なんか思いつめた感じ。どうしようかな、詳しく聞くべき?それともそっとしとくべき・・?私はN子ちゃんの出方を見てたのですが、N子ちゃんは後ろの私の席に振り向いたまま前に戻らず、悩んだ表情をしたままだったので思い切って聞きました。

「そっか。・・なんか悩んどるん?」
するとN子ちゃんは目を上げて私を見て言いました。
「・・・その人、結婚しとるんやんか。」

ふぅん・・って普通に思ってから高校生の私、自分ツッコミ入りましたw『ちょっと待て。私ら高校生やし。』
・・・夢決定ですww夢の中でこれが夢だと認識してしまいました。と同時につい、目覚めてしまいましたw

そういえば思い起こしてみれば、同級生たちの会話も妙に老けた会話ばっかり。教室で相談を受ける前のガヤガヤした中から聞こえる話といえば、男子たちは「最近白髪が目立ってきたから染めなあかん」とかw「膝が痛い」とかww。女子はといえば「今日夕飯何しよ?」とかそんなんやしw。

もーなんつーか、
過ぎし日は戻らないっつーか、
今更高校生は夢でも無理wっつーか。

ちなみにいちおうN子ちゃんの名誉の為書いておきますが、N子ちゃんはバツイチですが、不倫に悩んでなんかいません。・・・いないと思います。たぶん。

2006年09月13日 (水) | 編集 |
私の永遠のドライブソングは奥田民夫の「イージュー★ライダー」な訳ですが、もう1曲、頭から離れない歌があります。

2000年にリリースされた「マシマロ」。私の理想といえばこんな感じ。僕でも君でもどっち役でもいいから、こういう関係がいい。でも、気にしない=興味がない、ということにならないほどほどのバランスを保つのがむつかすぃと思う今日この頃。

「マシマロ」
        作詞・作曲・歌 奥田民生
              
雨降りでも気にしない 遅れてても気にしない
笑われても気にしない 知らなくても気にしない

君は仏様のよう 広野に咲く花のよう

だめな僕を気にしない ひげのびても気にしない
うしろまえも気にしない 定食でも気にしない Ah

君はまるで海のよう はるかなる太平洋
たたずまいは母のよう さとりきっているかのよう

げにこの世はせちがらい その点で君はえらい
凡人にはわかるまい その点この僕にはわかるよ

君とランチをたべよう いっしょにパイを投げよう
君のスカートの模様 部屋のかべ紙にしよう Ah
君に口出しは無用 ただ静かに見ていよう
君とともにいれるよう 日々努力し続けよう

ああ
ああ
ああ
ああ

マシマロは関係ない 本文と関係ない
マシマロは関係ない

「マシマロ 奥田民夫」試聴
「イージュー★ライダー 奥田民夫」試聴

2006年09月11日 (月) | 編集 |
私が始めてインターネットに触れてから、もうどれだけ経つのか分からないくらいの時間が過ぎました。

最初にインターネットに触れた時は面白いサイトもあまり無く、それほど便利さも感じずにすぐに飽きました。それから数年して初めてネットにはまったのは尼崎に住み始めた頃。敦賀を離れた寂しさと、以前には無かったサイトの充実が私をネット中毒にしました。

チャットです。その時はチャットにはまりました。異常なくらいの時間をチャットに費やしていたと思います。そこには会ったこともない人たちがたくさんいて、みんなが本音で話しているように思えました。

けれどどうも違ったようです。本音なんて自分自身にも分からないものなのかもしれません。いやもしかすると、分かっているけれど分からない振りをしているのかな・・・。

ともかくチャットを続けていて思ったことがあります。ここには現実社会から逃げている人や言いたいことがあるのに言えない人たちがいる。けれどこの仮想社会でさえ、それぞれの人の立場や関係が生まれてくると本当の自分を出せなくなってしまうことがある・・・。

現に数ヶ月も経つと、そこのチャットでもそれぞれがそれぞれのイメージの役を演じている感じになって行きました。役柄と自分の気持ちが合わずに姿を消す人もいました。そしてそのうち、その「ひろば」というサイトは閉鎖されることになり、HPもチャットルームも無くなりました。

そのチャットルームで知り合った一人にYちゃんがいました。チャットでは純粋でほんわかした癒し系のみんなのアイドルという役割だったYちゃんは、実は当時24歳で子持ちの主婦でした。ネットで知り合った人と恋に落ちて会うか会わないか・・・という状況で、爽やかやんわりの役柄とは違っていろいろとドロドロしたものを抱えていたようです。これは後で手紙で教えてくれたことなのですが。

ドロドロを吐き出しにネットの世界に入ったのに、イメージが壊れるのが怖くて出せない・・・そんなストレスの原因になっていたのは訪問者数やコメントや何やかやでした。

私自身、「ひろば」でサイトを持っていた時、仲良しのみんなの期待を裏切るのが怖くて、コメントがなくなるのが怖くて、当たり障りのないことばかり日記に書いていました。正直な話、閉鎖されて助かりました。その前にも辛くなって1度自らサイトを閉じていたのに、同じ事を繰り返していたのです。

だからこのブログをはじめた時に決めました。

訪問者がいなくてもコメントが無くても気にしない(訪問者が増えるように微々たる努力はしますけどw)、イメージが付いたとしてもそれに振り回されない、現実に私を知る人が見ていても気にせずに書きたいことを書く(出来るだけ知られないようにしてますけどww)。

私は気分の上下が激しいしポリシーはすぐに曲げるし前言撤回するし言ってることがちぐはぐなことも多いです。なのにずっと訪問してくれている人、コメントしてくれている人たちがいるということにすごく感謝しています。

主な目的は思ったことや感じたこと、モヤモヤやドロドロを吐き出す為のブログだから、気分が暗くなる記事が多いと思いますww皆さんの期待に応えるどころか裏切る記事ばっかりかもしれないけれど、もし良かったら、ほんと気が向いたときだけでいいから時々思い出して来てくれると嬉しいです。

9月10日の夜に考えていたのはそんなことです。

2006年09月09日 (土) | 編集 |
2006年2月25日、世界の人口は65億に達したのだそうです。
■関連サイト
ウィキペディア世界人口
世界の人口時計

国連では、いくつか起こり得る事象を踏まえて3曲線の人口予測をしています。

それによると2050年の人口は、低位曲線の場合は74億人、中位曲線の場合は89億人、高位曲線の場合は106億人になるという予測だそうです(2004年現在)。

2050年・・。私は生きているかな?微妙な位置にいますwwどんな世の中になっているんだろうと不安でもあり、見てみたい気もします。
でも・・・

エネルギー

世界のエネルギー資源確認埋蔵量です。
これは今現在の人口で計算されているので、実際にはもっと早くなくなってしまう可能性があります。少なくなればなるほど各国で取り合いになるんでしょうね・・・目に見えるようです。

不安から逃げる為には、「きっと今にこれらの資源に変わる画期的なエネルギー源が開発されるに違いない、牛のゲップが有効利用されるようになるかもしれないし」って思うのも一つの手ですww

でも私はそんなあるかないか分からないような話には乗れません!だからと言って地球の温暖化をどう止めるべきかなんて難しい話も苦手です。ましてや世の中を変えるなどという大それたことなど出来るはずもありません
でも出来る限りの不安解消をしておこうと思います。それは・・・。

食糧難になった時に自分の食べる分(と家族、子供がいればその分、あと友達分)くらいは確保出来るようにしておくこと、つまり土地を確保すること。そして飲み水、それから電気も自分の家で太陽なり風力なりでつくれるようにしておくことなどなどです。

あとは・・・サバイバルに耐えられるようにしておくとかw?何をするべきなのかも定かでないし今すぐってわけでもないんだけど、考えられることはちょっとずつ準備しておこうかなとww

日本は豊かだからそれらに困ることはないのかもしれないし、逆に地球全体の状況が悪くなり過ぎて土地なんて用意しても役に立たないかも知れません。けれど、心配性な私としてはこの漠然とした不安を早く、少しでも取り除きたいっ!

私が心配性なのは、愛ゆえですよww死ぬまでずっと平和で幸せなままいたいって強く思っているからなんですwもちろん、みんなでね。

ちなみに太陽発電はシャープが2010年までにコストを半減させると発表しているようです。

2030年には原子力発電と方を並べるくらいまでコストを下げるそうだから、その時くらいに買えるようにお金を貯めておこうw
でもまだ23年強あるから、その前にでっかい液晶TV買ってもいいかな?貯められるかな?・・・この欲望と不安が矛盾している所に、ほんまに危機感あるん、自分?って思ってしまうんだけどwww

2006年09月08日 (金) | 編集 |
昨日、また変な夢を見ました。

私にはありえないことなんですが、ラブラブで腕を組んで誰かと歩いているんです。腕を組むどころか、恥ずかしながら頭をそのダーリンの肩にもたれかけて、歩きにくいやろそれ!!ってツッコミたくなるくらいのラブラブモードで歩いてるww
一体これはどうしたことでしょう??ありえん・・・。

けど夢では不思議と照れも無くそんな調子で歩いていて、ある時ルンルンな感じの私が、「○○やんなー♪?」みたいに話しながら相手の顔を覗き込んだんです。そしたら!!!

相手はなんとダウンタウンの浜ちゃんwで、めっさビックリ!!っていう訳の分からない夢でした(爆)。

浜ちゃんタイプじゃないし、ちょっと鬱になりました・・。
あー良かった夢でww

まぬけな夢なのでほきいぬさんの夢の短歌にTBするのはやめときました・・ww

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。