写真、短歌、日々の思ったこと。
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006年11月26日 (日) | 編集 |
「君を失って、言葉が生まれた」
藤川幸之助
ポプラ社
¥1600(本体)

昨日、土曜日。
ふとどき者のライブドアが21時からメンテナンスをし(やがっ)たものだから、(口悪ぅw)ブログのログインが出来ませんでした。

せっかく詠んだ25日の短歌はどうしてくれるんだと思いつつ、仕方がないので図書館の新書コーナーで見つけた詩画集をベッドの中で読むことにしました。その本がこれ。

・・・泣いた。たぶん、全米も泣くww。
今日はそのせいで目が腫れてます。視界が悪いから頭もボーっとする。眠る前に読む本じゃないです。いつもは真っ暗にしたら即落ちの私が、眠りにつくまで30分も掛かってしまいました・・・。

作者藤川幸之助さんは、詩人・児童文学作家。1962年生まれ。
サイトはこちら
最新の詩画集「君を失って、言葉が生まれた」の"君"は作者の妻。
4年間の癌との闘病の末、亡くなったようです。

僕は今まで本当の悲しみを知らず
悲しみという言葉を使い
悲しみを語っていたのだ
大事な人の命が毎日、毎時、毎分、毎秒ごとに無くなっていくのをずっと見続けなければならないことの壮絶さ。誰でもいつかは死ぬのだから、毎秒ごとに終わりに向かっているのは同じです。けれど、その期限を知って生きるということは、普通ではいられない。

そして癌という病は、とても恐ろしい。私の母は癌ではなかったけれど、この本の"君"と同じようになりました。痛みと、それを治療する薬によって、本人の意識が飛ぶ。幻覚を見て、記憶が曖昧になり、妙なことを口走る。

痛みに必死で耐える本人がいちばん辛いんだけど、それをずっと見ているほうもかなり辛いです。大事な人が苦しむ姿から目を反らせないこと、自分の偽善や後悔やいろんなものが入り混じって頭がおかしくなってくる。

本にも書いてあったけれど、がんばりたいと思う気持ちとは別に、「もう、この人は半分別な世界へ行ってしまっている。」と絶望や諦めに支配されてしまうのです。それから、作者は最後まで思わなかった(のかどうか分からない)けれど、「早くこの苦しみから解き放ってあげた方が良いんじゃないか。」という考えも沸いてくるのです。そして”本当は自分が楽になりたいだけじゃないのか”と自分を責め、そこからは無限のループ・・・。

この本はそういう経験がない人から見ると、酔っているって思われる危険があるかも知れません。こういうことは、今のこの瞬間でも世の中にごまんと起こっているんだけれど、どれだけ想像力を働かせたとしても、この思いというのは当事者でないと分からない。当事者"だった"者でさえ、当事者の思いを分かることは難しいです。

作者もこんな風に書いています。
実は水平線は一つにみえるけれども
海と空の間にはずいぶんと距離があるんだ
君の感じている痛み
君の感じている苦しみ
君の感じている死の恐怖
側にいるぼくには
何一つ分かっちゃいないんだ
そして"ぼく"の苦しみもまた、
他の誰ひとりとして本当に知ることは出来ないのです。

「大事なものは無くして初めてそれと知る」って言うけど、
私は何度大事なものを無くしても学習できない。
想像力はあるはずなのに、自分の馬鹿さ加減には呆れるばかり。

皆さんはどうか大切な人を大切にして下さい。
大切な人が分からなかったら、その辺にいる人でも良いですw。
この記事を見たら、今日、その人にありがとうって言って下さい。
約束ですw。

スポンサーサイト

2006年11月23日 (木) | 編集 |
友達から、お菓子が届きました。
木(Baum)のお菓子(Kuchen)、バウムクーヘン。

嬉しかったけど、ちょっとドキドキしました。

実は、私はバウムクーヘンの好き嫌いが激しいのです。

パサパサのバウムクーヘンが苦手です。苦手というよりも憎んでいる。なんであいつは私の喉を詰まらせて、窒息さそうとするんですか?ほんま分からん・・・。逆にしっとりしているものは好きです。好きと言うより愛している。カットした後は、乾燥しない様にラップでぐるぐる巻きにして密閉に密閉を重ねるくらい、愛している。そんな愛憎渦巻くお菓子、バウムクーヘン。

一口食べてパサつきを感じてしまったら、もうそれ以上食べません。他のお菓子ではそんなことないのだけれど、バウムクーヘンだけは・・・!バウムクーヘンだけはっ・・・!!ものすごく好き嫌いするのですw。

でもこれ、周りの人はあまり知らないかも。こうやってバウムクーヘンについて詳しく話したことなんてないから、食べないのを見た人は「嫌いなんだな」と思い、食べてるのを見た人は「好きなんだな」と思っていると思います。

ていうか、人とバウムクーヘンの話になった時は、「バウムクーヘンは(パサついてない美味しいと思えるものが)あまり(ない気がするから)好きじゃない。」と略して話すので、嫌いと思っている人が多いと思いますw。

頂いたのはクラブハリエのもの。

正直、ビッッックリした。

卵の香りがして、フォンダンがいい感じで、しっとりしてた。
今までに食べたバウムクーヘンの中で、No.1かも知れない。
上等のお菓子には、上等のお茶を入れなければ。
このバウムクーヘンには、ベノアのお茶を心を込めて入れました。

友達は、このブログを見て心配になったのか、
私を励まそうと送ってくれたようです^^。
本当に本当にありがとう。
敦賀に来られないみたいだから、野菜を送りつけようかなw。

2006年11月21日 (火) | 編集 |
「オン・ザ・ロード
黒井健
(株)サンリオ
¥1800(本体)

新潟出身の絵本作家、黒井健さんの処女画集です。新古本市でたまたまこの本に出合って手に入れて以来、黒井健さんの絵のファンになり、少しずつ絵本や画集を集めています。

黒井健さんは「手袋を買いに」や「ごんぎつね」という有名な絵本も書いていますが、この本はたぶん本屋さんではもう売ってないのでは・・・。上の本画像のリンクはヤフオクのをつけておきましたw。

清里にある、黒井健絵本ハウスには行こう行こうと思いつつ、まだ行った事がありません。

黒井健さんの本には私の大好きな海の絵もたくさん出てくるけれど、山や田園風景などの見たことのあるような景色も多いです。どの絵も見ると懐かしいような、遠くへ来てしまったような、不思議な感覚になります。素晴らしいです。

2006年11月20日 (月) | 編集 |
あし
映画は見てません。
見ないと思いますw。
あ、ビデオは見るかも知れません。

というよりも。
なんですか、この脚。
挑戦ですか?北への。
我々も、
お前らに負けない、
こんなの持ってんぞ!
・・・みたいなw

でもね、
赤いハイヒールって…
あなた…
しかもシッポ・・・ゴクリ・・・ハッ!
ハイ、反則ーーww!!反則反則反則ー!
許されないです。まっこと許されない!

・・・押切もえさんなのだそうです。このリーサル・ウェポンは、Can Cam専属モデルなのだそうです。

押切(っちゃうゾ)って・・・もえ(~)ってアナタ・・・
この脚でそれ言うんですか!言っちゃいますか!!

もし、私がこんな脚を持っていたら。

・・・・・知らんよ?w
やっちゃうよ、私は。
話し合いとかしないかんね。
武器持ったらすぐ使うかんね。

気付いたら(スガ)シカオとカラオケでハモッてたー、みたいなw
気付いたらロジャー(フェデラー)にテニス習ってたー、みたいなww
そんなバラ色の人生が・・・
・・・
・・・・・!
・・・
(妄想中)



さーて、寝るかぁーwww

2006年11月18日 (土) | 編集 |
「会うまでの時間」
俵万智
文藝春秋
¥1300(税込)
「サラダ記念日」「とれたての短歌です。」「もうひとつの恋」「かぜのてのひら」「チョコレート革命」の5歌集1400首あまりのなかから、394首を著者自身が精選。

他の人の短歌や俳句って、読むと影響されてしまうかも・・・と思って今まで本を読んでいませんでした。でも夏からずっと短歌を詠んでいて、ハイクブログも初めて、いろんな人の作品に触れたりもしたけれど、最近、影響されることってあまり無いのかな、と思い始めました。

というよりも、影響されたところで真似るだけのテクがないっつーかw、頑固一徹っていうか、思い込んだらっていうか。私にはほんわかしたり、ふわ~っとしたり、淡々とした短歌は詠めないのです。前向きな短歌もあるかもしれないけど、厳しい感じ。憧れなんだけどな・・・癒し系。

という訳で俵万智さんの自選歌集を読んでみました。
もう、なんていうか、恋や愛がいっぱいでした。だらけでしたw。そうじゃない短歌もあるにはあるけれど、それは、なんていうか箸休めみたいな感じ。俵万智さんって、恋多き女性なんでしょうか?こういう本を読むと、つい深読みしてしまいます。

さて。明日は大阪に行くから、今日は早く寝ないと。
サクサク行きましょう。巻いて巻いて~(エセ業界人風w)
読んだ中で、心にとまった短歌です。
付箋だらけでしたが、がんばって削りました。


生ビール買い求めいる君の手をふと見るそしてつくづくと見る

シャンプーの香をほのぼのとたてながら微分積分子らは解きおり

この子らを妊りし日の母のことふと思う試験監督しつつ

ため息をどうするわけでもないけれど少し厚めにハム切ってみる

我が友はクリームコロッケ揚げておりなんてったって新婚家庭

まっさきに気がついている君からの手紙いちばん最後にあける

憎というほどの濃度を持たぬままとろりと胸に何かたまれる

それ以上近づけないけど傷つかない「ありがとう」とは便利なことば

どんな愛過ぎて今吾の前にいる知らずにいたいくらい知りたい

「愛は勝つ」と歌う青年 愛と愛が戦うときはどうなるのだろう

焼肉とグラタンが好きという少女よ私はあなたのお父さんが好き


この中で、ひとつだけ、絶対選べと言われたならば・・・
1番目のです。その次は6番目の、そして9番目。

いちばん最後のは、心にとまったというより、生々しすぎて怖いので載せてみましたw。おまえはいったいどんな恋をしてるんだ、と万智パパ気分でお説教したくなる短歌ですw。

2006年11月16日 (木) | 編集 |
手紙

映画「手紙」(←音出ます)を観てきました。今日映画を観るために、先週、原作の東野圭吾の「手紙」を読んでおいたのですが・・・。

小説で T T <うぇっく‥っく.. って、ほんと呼吸困難になった私は、100%泣くことが分かっていたのでハンカチ&ティッシュを忘れずに持参しました。

小説で大体の流れが分かっているので、最初は余裕でした・・・が、予想通り、思ったとおりの場面で、ハンカチの出番が来ましたw。その場面ではもう、鼻をすする音やティッシュを袋から出す音が、そこかしこから聞こえていました。

私なんてまだ小説で準備泣きしておいたから良かったほうです。前で観ていた年配の女性二人組みは、たぶん小説を読んでいないんでしょう。心の準備が出来てなかったらしく、もう、ボーダフォン並に予想外って感じの号泣ー!でしたw。

映画が終わった後、殆どの人が赤い目で鼻をすすりながらトイレへ直行したのですが、ふと見るとあの、前にいた年配女性二人組みがトイレの端っこで・・・ウッウウッ・・・って泣いていました。なんか、可愛かったですw。

以下、ネタばれ有り。
[続きを読む...]
テーマ:邦画
ジャンル:映画
2006年11月14日 (火) | 編集 |
ピーなっちゃん

千葉県生まれの千葉県育ち。
大好物は落花生。

ただし、サイボーグw。

型番CHIVA-P72

製造チーム談話
「サイボーグらしい表情にするのに小一時間掛かりました。」
「顔と髪の毛の形をピーナツっぽくするのも大変でした。」


お問い合わせはこちら↓
ネコノワッチ研究所
ピーなっちゃん研究開発チーム
 普及促進Gr. 千葉 ナッツ子 


2006年11月14日 (火) | 編集 |
なんで、死ぬかなぁ?って思う。
死んだら終わりですよ、ほんと。

私もいじめられました。小6の時と中3の時、同じ人(K)から。小6の時はKが発端になってクラス全員からいじめられました。

もう、ばい菌扱いです。私の持ち物や机に触れた人間は、菌に侵されるらしく、みんな極端に私の机などに触れるのを嫌がったし、間違って触れようもんならその子が菌持ちの鬼になって鬼ごっこが始まってました。

「うわ、汚ねー!!」
「触ったらうつる!!」

・・・そんな感じw。机にもいろいろ書いてありましたよ。TVとか本に出てくるようなことが。触ったらばい菌に侵されるっていうのに、書いた人勇気あるなーって今ならちょっと感心するw。

ビックリするほど長いですw。興味ある方はどうぞ。
[続きを読む...]

2006年11月13日 (月) | 編集 |
北陸では結構メジャーなラーメン屋さん、8番らーめん

今年も待ってました、冬のメニューの酸辛湯麺(サンラータンメン)が登場してます!・・・ていうか、私は今日で既に3回目ですけどww

今日記事を書くのに初めてサイトを検索しました。
タイに68店舗もあることを知って、正直ビックリ。
マジですか!?って感じww。

もし何か、

「うわっ、やっちゃったよ!やってしまったよ、あたし!!
もう日本におられん・・・><」


みたいなことをしでかしてしまったら、
海外潜伏先はタイにしようかと、ちょっと思いました。
8番があるってだけで、なんか安心だしw。

あ、でも冬限定の酸辛湯麺はタイにはないかもですね・・・。
それは、ちょっと、アレですね・・・。

ミスドにカレーパン買いに行くぞーって行ったら、
今日はもう売り切れました、みたいな。

えー早く来れば良かったーと思いながらふと見ると、
隣の人のトレーに最後のカレーパン発見!!・・・で、

見るとその人、実はカレーパン買うかちょっと迷ってるっぽくて、
返すの返さないの?どっち??返しちゃえー!って思ってたのに、
レジ行くのかよ!行っちゃったよ!!(三村)
・・・みたいな脱力感。こないだの話ですけどねw。

そんな感じのショックかもですw。
タイの8番に酸辛湯麺がないってのは。

ま、どちらにしろ(何がw)、逃亡先は上海の方が良いかもしれない。
上海にも2店舗あるし、なんてったってラーメンの本場。
それに、中国語もマスター出来そうだし。(←前向きw)


2006年11月09日 (木) | 編集 |
「手紙」東野圭吾
文藝春秋
¥620(税込)


泣いた。
息が苦しかったです。
両親をなくしてから弟を養ってきた兄の剛志は、弟の直貴にどうしても大学へ進学して欲しかった。体を壊し仕事が出来なくなった剛志は、お金を手にするべく強盗に入る。そこにたまたま居合わせた家人を殺してしまい、強盗殺人の罪で服役することとなる。

直貴のもとには、獄中から月に一度、兄から手紙が届く。しかし、進学、恋愛、就職と、直貴が幸せをつかもうとするたびに、「強盗殺人犯の弟」という運命が立ちはだかる苛酷な現実を生きる直貴にとって、その手紙(兄との繋がり)はとても辛いものだった。

誰もが自分の幸せを願っています。それから出来るだけ人に迷惑をかけないように、周りの人を傷つけないように。でも人生には、大きなものから小さなものまで、割と頻繁に落とし穴が用意されているのです。そして一旦そこへ落ちてしまうと、どれだけ理不尽であろうが、割り切れない思いが渦巻こうが、受け入れなければならないことがあります。

この「手紙」は、その落とし穴でも最大級の、ブラックホールのような落とし穴にはまってしまった人たちの話のように思いました。

弟の直貴が人を殺したのではない。周りの人は良い人が多く、それを充分承知して、彼にも幸せになる権利はあると思っています。けれど正直言って自分は関わりたくない、自分ではない誰かがそうしてあげて欲しいとも思っているのです。

私には障害者のいとこがいます。私は幼い時からそのいとこと時間を共にする度に、差別をしてはいけない、体の良く動く私が気遣ってあげるのが当然だ、と思っていました。けれどその思いこそが差別なような気もしていたし、優遇されるいとこをズルイと思ったこともあるし、いとこを見ていて、正直自分が健康体で本当に良かったと思う時もありました。

それから、そのいとこには出来る限り幸せでいて欲しいけれど、自分から積極的に関わりを持つのは避けていたように思います。いとこやその家族を刺激するのも嫌だったし、一生懸命やればやるほどいとこを障害者扱いしているようにも思ってしまう。あれこれ考えた末、結局は少し距離を置いてしまう自分がいるのです。

人の「面倒なことに関わらないようにしたい」という気持ちは、きっと努力してもなくならない。どうしようもないことというのは、世の中に確実に存在しているのです。差別はなくならない。何かあるとすぐにされる側、する側になってしまうのです。

物語の中の、直貴の葛藤たるや、まるで終わりのない地獄の苦しみです。周り人たちの、人として助けたい思いと、それに反して差別してしまう思い。兄を許すということと、許せないという気持ち、被害者や社会から決して許してもらえないということ。

物語の最後は、終わりではなく、繰り返す苦しみの1つを終えたシーンという感じでした。あまりに大きな落とし穴に落ちてしまった人たちは、そこから出るまでに一生を費やしてもまだ足らない時間が要るのかも知れません。

この小説を読んで思ったのは、人って、真剣に生きようとすればするほど悩んで、迷って、だから変わってゆくんだな、ということです。

直貴も葛藤の中、状況が変わるその度に悩み、考えた末、変わってゆきました。最後のシーンも兄弟は絶縁したままでしたが、これからの変化を感じさせるようなものです。登場人物が皆それぞれ真剣に生きていたので、私はちょっと恥ずかしくなってしまいました。もっとちゃんとしなきゃ。

さて、来週映画(←音注意)を見るかどうするか・・・。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。