FC2ブログ
写真、短歌、日々の思ったこと。
2006年11月18日 (土) | 編集 |
「会うまでの時間」
俵万智
文藝春秋
¥1300(税込)
「サラダ記念日」「とれたての短歌です。」「もうひとつの恋」「かぜのてのひら」「チョコレート革命」の5歌集1400首あまりのなかから、394首を著者自身が精選。

他の人の短歌や俳句って、読むと影響されてしまうかも・・・と思って今まで本を読んでいませんでした。でも夏からずっと短歌を詠んでいて、ハイクブログも初めて、いろんな人の作品に触れたりもしたけれど、最近、影響されることってあまり無いのかな、と思い始めました。

というよりも、影響されたところで真似るだけのテクがないっつーかw、頑固一徹っていうか、思い込んだらっていうか。私にはほんわかしたり、ふわ~っとしたり、淡々とした短歌は詠めないのです。前向きな短歌もあるかもしれないけど、厳しい感じ。憧れなんだけどな・・・癒し系。

という訳で俵万智さんの自選歌集を読んでみました。
もう、なんていうか、恋や愛がいっぱいでした。だらけでしたw。そうじゃない短歌もあるにはあるけれど、それは、なんていうか箸休めみたいな感じ。俵万智さんって、恋多き女性なんでしょうか?こういう本を読むと、つい深読みしてしまいます。

さて。明日は大阪に行くから、今日は早く寝ないと。
サクサク行きましょう。巻いて巻いて~(エセ業界人風w)
読んだ中で、心にとまった短歌です。
付箋だらけでしたが、がんばって削りました。


生ビール買い求めいる君の手をふと見るそしてつくづくと見る

シャンプーの香をほのぼのとたてながら微分積分子らは解きおり

この子らを妊りし日の母のことふと思う試験監督しつつ

ため息をどうするわけでもないけれど少し厚めにハム切ってみる

我が友はクリームコロッケ揚げておりなんてったって新婚家庭

まっさきに気がついている君からの手紙いちばん最後にあける

憎というほどの濃度を持たぬままとろりと胸に何かたまれる

それ以上近づけないけど傷つかない「ありがとう」とは便利なことば

どんな愛過ぎて今吾の前にいる知らずにいたいくらい知りたい

「愛は勝つ」と歌う青年 愛と愛が戦うときはどうなるのだろう

焼肉とグラタンが好きという少女よ私はあなたのお父さんが好き


この中で、ひとつだけ、絶対選べと言われたならば・・・
1番目のです。その次は6番目の、そして9番目。

いちばん最後のは、心にとまったというより、生々しすぎて怖いので載せてみましたw。おまえはいったいどんな恋をしてるんだ、と万智パパ気分でお説教したくなる短歌ですw。
スポンサーサイト