FC2ブログ
写真、短歌、日々の思ったこと。
2006年12月08日 (金) | 編集 |
何を隠そうこの私、自はもちろん他にも強制的に呼ばせたいほどの蟹マスターなのです。

日本語で言うと蟹奉行?あ、ちなみにセイコ蟹オンリー、しかも剥き専門ですw。茹でたり売ったりはパソさんにお任せww。

あれは思春期まっさかりの中学校2年生の冬。私はとうとう大人の味を知ってしまったのです(///)←なぜか赤面。

「蟹は足じゃないで、ミソ(特に内子)やで。」14歳のお正月、私がそう言い放った時の、いとこの「えっ・・!○○ちゃん、先に大人になっちゃったの・・・!?」とでも言いたげな顔は忘れませんw。いや、言ってはいないんだけど、あれは確かにそういう顔だったww。

その味を知ったその日から、私は日ごとメキメキと頭角を現し(と言っても練習日は冬の限られた日数ですが)、18歳になる頃には誰もが認める、誰もが唸る、蟹マスター(もっかい言うけどセイコ蟹、剥き専門)に成長していました。

ま、そんな私でも蟹フォース・・・じゃなくて、蟹フォークを使いこなすまでにはかなり時間が掛かりましたけどね。←これが言いたくてw

・・・なんて書いてるうちに、また記事が長くなってしまうww
忘れてたけど、今日のテーマは「蟹めし」です。
さあ、剥きますよー!

蟹の殻からいかに身を100%までむけるかが蟹マスターのうでの見せ所。ガラ用ボールと身用ボールを用意し、まず卵を外して、その後剥きやすいようにカットします。そして蟹フォースで・・・あ、もういいですか?そうですかw

ちなみに蟹のカット方法は誰かに学んだ訳でなく、中3の冬に母に(というか母のお客さんに)連れられて行った越前町の料理屋さんで、食べながら習得しました。

何度も話に出てきたように、私の母はスナックを経営していましたが、その前は三方~美浜方面を中心に、宴会のコンパニオンをしていました。結構売れっ子だったので、子供心に「お母さんてば、荒稼ぎしすぎ!」って思ってましたw。

特に三方の何とかっていうどっかの議長さん(ごめん、忘れましたw)のお気に入りだったので、土日とかは私も一緒にいろんな所の、ありとあらゆる美味しいものを、ご馳走になり三昧。蟹も「また蟹ぃ?」くらい食べさせてもらいました。そんなこんなの蟹マスター。

私の味覚はあの時期、あの思春期に確立した気がします。ありがとう、本物をいろいろ食べさせてくれた、何とかっていうどっかの議長さん!名前は忘れたけれど、本っ当に感謝しています。
って、気が付けばまた話が逸れてるしw

炊くよー
炊きますよ・・・。

蟹3匹にお米3合。
お酒50cc、みりん30cc、塩小さじ1/2、
お醤油30ccを入れて、ダシ汁でなく水で炊く。
ダシは蟹のみ。甲羅を入れて炊いて下さい。

身もミソも卵も全部入れて下さい。
蟹の身を剥いてる最中に、誘惑に負けないようにw
幸せは後で何倍にもなって返ってきます!

さぁ!!!もったいぶって 

[続きを読む...]
スポンサーサイト




2006年12月08日 (金) | 編集 |
タルト

久々に、タルトを焼きました。
台はパートシュクレ。4台分を一気に作って冷凍しておきます。アパレイユは生クリームたっぷりのプリン生地のようなものにしました。

オーブンの癖で焼き上がりが甘く、更に温度を上げて時間を延ばしたら・・・忘れてたww。気が付いたら焦げギリギリの焼き上がり。辛うじて苦くは無かったので良かったです・・・。人にあげる為に作ってるってのに、忘れるって一体どういうことw?大丈夫か、あたし。

生の洋ナシも最近は簡単に手に入るけれど、缶詰があったので使い切ることにしました。たっぷり並べる。

この中へアパレイユを流し込むのですが、液体なのでスレスレまで注ぐとオーブンまでの移動が大変。そこそこまで注いで、型をオーブンに移動させてからスレスレまで足し注ぎます。

上のテカテカの正体はグラサージュ。今回みたいにタルトなどの焼き菓子の上に塗ったり、ショートケーキなどの苺やフルーツの上に塗ってテカらせます。それだけでプロみたいな仕上がりww。小分けで売ってるからいつもクオカで買ってます。

台にバターがたっぷり入ってるんだけど、カルピスバターを使ったせいか、くどくなくて良い感じ。美味しく出来ました。