写真、短歌、日々の思ったこと。
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007年02月28日 (水) | 編集 |
私は、お笑いで言えば松ちゃんかぐっさんか有田か大竹。
ぐっさん、有田、大竹はまだ(私の中で)歴史が浅いので、やっぱり松ちゃんは特別と思う。
好きの段階で言うと、10まであるとして7~10を行ったり来たり、10年以上キープしてる。
これってすごい。
もうこれから私が松ちゃんのことを好きじゃなくなるってことはないんじゃないかと。

・・って感じで松ちゃんがとても好きなんだけれど、出ている番組にかじりつくでもなく、出した本も一冊も読んだことがない。
それって好きって言わないのでは?というツッコミもありそうですが、確かに他のお笑いとは違う、特別の好きなんですよね。

で、6月に松ちゃんが監督した映画「大日本人(だいにっぽんじん)」が上映されるので、それまでにもう少しだけ松ちゃんを知っておこうと、書いた本を読んでみることにしました。
とりあえず図書館に行って、一冊だけあったのが「松本」。
かの有名な「遺書」の後に出版された本ですが、今は「遺書」と一冊の文庫になっているようです。

「松本」の「遺書」
 松本 人志

 朝日新聞社
 1997年07月発行
 680円




私が読んだのは「松本」だけだけれど、読んだ感想は、やっぱりな・・・です。
それまでTVで松ちゃんをみて、感じていたそのままでした。
笑いに対する自分の計算とセンスに絶対なる自信を持ちつつも、いつか笑いの神様が浮気して自分の元を去るのではないかと恐れている・・・。
繊細な人だなって思いました。
あと何冊か読んでみよう。

映画「大日本人」公式サイト
■Wikipedia「大日本人
松本人志の名言・迷言集
帰ってきた松本人志まじ頭。
スポンサーサイト
テーマ:図書館で借りた本
ジャンル:本・雑誌
2007年02月25日 (日) | 編集 |
昨日、2月24日。
越前市文化センターまで森山直太朗のコンサートに行ってきました。
会場は小さくて、満員御礼で1196人だそう。
私はく列31番。私の列から一段上がる良席で、前に背の高い人など一切折らず視界100%良好。
直太朗と5回は目があった気がします。

CDを聴いていて良いと思ったアーティストがTVで歌っているのを聴いて、あれー・・・ヘタかも??って思ってガッカリってことがたまにあります。
ついこの間も、Aqua TimezのCDが良かったもんだから動画を探してみたら。
あー・・・(低い声)ってなった。
「決意の朝に」とか「シャボン玉Days」とかCDで聴くとすごく良いのに!
「静かな恋の物語」や「千の夜をこえて」なんて頭ん中グルグルマイマイなのに。
別にライブで見たいと思わないです。残念なことに。
ビジュアルもあんまり好きじゃなく。
でもiPodではガンガン聴く、Aqua Timezはそんなアーティスト。

それに比べて森山直太朗は・・・!

昔尼崎に居た時、ゴスペラーズのコンサートへ行ったこともあるけれど、あれもガッカリでした。
なんでアカペラにせんのー!?
演奏の音大きすぎてぜんぜん良くないよ!!
・・・だったのです。
それから良くなったのかもだけど、その後は行く気にならず。

それに比べて直太朗は・・・!!

機会があったらまた生で聴きたいです。
演奏がちょっと大きいなって思った曲もあったけれど、「さくら(独唱)」はもちろん、「夏の終わり」、「愛し君へ」などはギターだけ、ピアノだけで唄っていて鳥肌ものでした。

中でも森山直太朗が作ったという、NHKの全国学校音楽コンクール中学校の部の課題曲「虹」を、コンサートを行う地元の中学生とコラボするという企画がものすごく良かったです。
福井は福井大学教育地域科学部附属中学校の子供達が出ていました。
ていうか良かったというより、聴いてる時に涙が出てきてどうしようかと思った。
拭っても拭っても溢れてきたので、自分でビックリしました。


以下、「虹」の歌詞。
CDにも入っているけれど、当然のように生とは全然ちがう。
[続きを読む...]
テーマ:おすすめ音楽♪
ジャンル:音楽
2007年02月24日 (土) | 編集 |
ペッパーチーズクッキー

あんまり甘くない、大人のクッキー。
飲まないから定かじゃないけれど、ビールに合いそうな気はします。

今回初めて作ったのでレシピ通りに作りましたが、私は大人のチーズペッパークッキーより普通のチーズクッキーのほうが好きかも。
もう少し甘いほうが好みです。
まだチーズが余っているから、次は普通のチーズクッキーを作ろうっと。

以下、レシピ記載。
[続きを読む...]
テーマ:手作りお菓子
ジャンル:趣味・実用
2007年02月23日 (金) | 編集 |
蒸しパン

めっちゃ簡単で、これなら思い立ってすぐに作れます。
手前の小さいほうだと本当にレンジで1分。
向こう側の苺ジャム入れた大きいのでもレンジで5分強。

■カップ2個分レシピ

ホットケーキミックス 大さじ6
牛乳 大さじ3(緩さを見て若干調節)
サラダ油 小さじ1/2

苺ジャムを入れるなら大さじ1~2くらい。
全部を混ぜて型に入れ、700Wのレンジで1分。
出来上がりです。
生地が2倍にふくれるので入れるとき欲張らないようにw

私が作ったものは手前のがプロセスチーズを混ぜたもの。
穴ぼこが出来てしまいましたが、味はまあまあ美味しかったです。
コンビニで買うくらいなら作ったほうが良いかもw
向こう側は苺ジャムを入れて生地を2倍で作って加熱時間を調節したもの。
味は・・・ビミョーwww
もう少し研究が必要かも。

テーマ:手作りお菓子
ジャンル:趣味・実用
2007年02月22日 (木) | 編集 |
墨攻






墨攻を観てきました。
原作があって、それが漫画になってヒットした、4千の兵で10万の兵を撤退させた戦術の天才、墨者革離のお話。

映画では篭城や戦術について、期待したほどのものはありませんでした。
期待が大きすぎたかも知れません><
でもこの映画をきっかけに漫画をよんでみたくなりました。
内容を求めるんであれば、原作か漫画が良いような気がしました。
・・・ていうかこの映画はもう、内容なんてハッキリ言ってどーでもいーんですw
ほんっとごめんない、もしくはごめんさいww

アンディ・ラウ、ギザカッコヨス (*><*)O))<ダンダンッ


・・・これがすべて(爆)

2007年02月20日 (火) | 編集 |
iPodに入れるための、PV探しの旅w

私はこのcoccoという人を、その昔「強く儚い者たち」をラジオで聴いて好きになり、アルバムを聴いたりしていたのですがその後すっかり忘れていましたw
最近車の中でラジオを聴いていたら、強く儚い~が流れていて思い出し、もう一度聴いてみたらやっぱり良いので人知れずマイブーム再到来w

私としてはこの人が”元祖裸足の歌唄い”なんですが、どうでしょう?
PVはいろいろ探してみましたが保存は「あなたへの月」と「けもの道」のみ。
その他は曲だけで良いかなって思いました。

cocco official site
■Wikipedia「cocco
■試聴サイト「強く儚い者たち」(YouTubeになかった、残念!)
■うたまっぷ歌詞「強く儚い者たち

以下YouTube&歌詞の紹介と感想です。
[続きを読む...]
テーマ:女性アーティスト
ジャンル:音楽
2007年02月16日 (金) | 編集 |
 ビートたけし童話集
 「路に落ちてた月
  ビートたけし

 祥伝社
 2004年06月発行


これって童話なのかな。
童話らしき話のパロディもちらほら出てくるけれど、童話ではないと思いますw
童話のようにめでたしめでたしで終わらない現実のことを短い話にしてある感じ。
「どちらを選ぶか?」
大きい葛篭(つづら)と小さい葛篭、どちらを選ぶか?
正直婆さんは「小さいほう」を選び、意地悪婆さんは「大きいほう」と言いました。
昔話では、そういうふうに言う事になっています。
でも、どちらの婆さんが本当に正直なんでしょうか。
・・・というようなお話やちょっとしたネタみたいな話を集めた本です。
ブラックジョークみたいな話もいくつか。
短いのでサラッと読めます。感想は特になしw

とりあえずちょっとだけ引っかかった話たち↓
・「良い子」 ある”とても良い子”が見かけで人を判断してしまう話。
・「優しい人」 物事にはいろんな見かたがあるって話。
・「嘘つき婆さんと正直婆さん」 上記どちらを選ぶか?と同じような話。
・「白雪姫.1」「白雪姫.2」 白雪姫のパロディ。面白かったですw
・「真実の花嫁」 裸の王様が大好きな子供が思わず本音、って話。
・「三人の偉人」 ジョーク。面白かったですw
・「ポルシェの価値」 物の価値は一体何で決まるのか?という話。

・「鳴かぬならシリーズ」
  信長は「鳴かぬなら、殺してしまえホトトギス」と言った。
  秀吉は「鳴かぬなら、鳴かせてみせようホトトギス」と言った。
  家康は「鳴かぬなら、鳴くまで待とうホトトギス」と言った。
  長嶋さんは「鳴かぬなら、自分が鳴きますホトトギス」と言った。

  のーは「鳴かぬなら、鳴かなくて良いよホトトギス」って思う。

テーマ:読んだ本。
ジャンル:本・雑誌
2007年02月14日 (水) | 編集 |
スフレ・ショコラ

短歌に詠んだ
とおり焼きましたーw
って、バレンタインのためじゃないですよ!
全然そんなんじゃないですよ!!・・・って力説が空しいかw、チョコだし。
でもホント、私の中では14日はバレンタインなんかじゃなく母親の誕生日なのです。
そう、美代子のw 生きてれば今年ちょうど60歳の、いのしし年女。

そういえば、私が一番最初にケーキを焼いたのは母親の誕生日でした。
確か私が小学校4年生か5年生の時のことです。
当時母はコンパニオンの仕事をしていて、夜は殆ど家にいませんでした。
[続きを読む...]
テーマ:手作りお菓子
ジャンル:趣味・実用
2007年02月07日 (水) | 編集 |
ディパーテッド
映画「ディパーテッド(←サイト音出ます)」を観てきました。
10月にハリウッド版になると知ってから、ずっと楽しみにしていました。
映画の始まる前、席に座ってまっている間、久々に期待でドキドキしました。
あれどういう気持ちっていうのかな、ずっとこの日を待っていた、やっと会えるみたいなw、大げさかもしれないけれどちょっとだけ震えがきました。

けど・・・正直見るのがしんどかったです。
ガクーッっていう期待外れじゃないんだけれど、アイルランド系アメリカ人の複雑な社会的立場とか心境なんてものを全く知らないものにとっては、はぁーそうなんですか、そうなっちゃうんだ?という納得の仕方をするしかない・・・。

ちら・・・ほら・・・と「インファナルアフェア」で見た場面や曲が流れますが、ハッキリ言ってあの繊細さはハリウッドには無理でしたね。
「カズシゲは父を越えることはできなかったが違う道を見つけた。」
「んーそれもアリ・・・なんだろうね。」っていうのが感想ですw
途中音響のせいか、言い争いのシーンで耳鳴りがしましたっ><
映画終わった後も頭痛が・・・思わずリセットしに海に行ってしまいました。

レオさんマッドさんはそれなりにがんばってたと思います。
でもインファナルアフェアでフェイウォンが好演していた女医さんがTT
設定違うのは良いとして・・・残念です・・・非ッ常ーに残念な感じ。
あ、でも他の人にはこの映画、まあまあ評判良いみたいです。
私の評価はさーっと流してもらって構いません。
私は明日からスパイダーマン3を楽しみに生きていくことにします♪

テーマ:映画館で観た映画
ジャンル:映画
2007年02月07日 (水) | 編集 |
年末に中国語教室の人たちと大阪の上海新天地へ行った時に、得体の知れないものを買った。
球・・? ←これ。





「球 麺筋 生麩ボール」と書いてあるそれは、中国人にとても人気。
カゴに何袋も買い込んで行く人もいた。
気になった私は教室の先生に「これ、どうやって使うんですか?」って聞いてみた。
先生は近くにいたそれを買おうとしていた女性に中国語で尋ねてくれた。
その人の説明によると、この球に穴を開けて挽き肉を詰めて料理するらしい。
情報はそれだけ。

全く食べたことがないものを料理するのは難しい。
でもとりあえず袋に生麩ボールって書いてあるし(ていうかどう見ても生ではないけどw)、見た感じ仙台の揚げ麩に似ていたからそういう味だろうと想像した。
てことで、中に詰める具はハンバーグ系じゃないなと思い、中華風。
生姜とニンニクと、あとクニャクニャするだろうから歯ごたえがあると良いかもと思い、レンコンの荒みじん切りも入れてみた。
味付けは塩、こしょう、胡麻油を少々。

球(と呼ぶのかな?)の中に具を詰める時にちょっと迷ってしまった。
あれ?このまま入れるんだっけ?それとも茹でて柔らかくしてからだっけ?
迷った挙句、最初に茹でてしまった・・・。
詰めてから茹でて油抜きするなりそのまま煮るなりしたほうがやりやすいです。

煮物 何とかできた。
 ダシで煮ました。
 片栗粉でとろみつけて。



食べてて気付いたけど(遅)お揚げさんに具を詰めて煮る、巾着に似てる。
なーんだ・・・www
ていうかダシで煮た時点で中国料理ではなくなってる気がするw
本当はどういう料理なんだろう?
おいしかったから良いんだけど、気になるー。
テーマ:料理
ジャンル:趣味・実用
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。