FC2ブログ
写真、短歌、日々の思ったこと。
2007年10月11日 (木) | 編集 |
この時期にしか食べられない、秋の料理。
サツマイモの茎、通称「芋じく」の炒め煮。
都会の人は食べたことがないかも知れないですね。
芋じく自体、売っているのかなぁ?

さつま芋の茎  通称芋じく
左が芋じく。
食べやすい長さに切る。
ちなみに私は指の長さが15cmあります。

嘘です。

湯がく  炒め煮する
左)カットしたものを下茹でします。
下茹でするのは若干アクがあるのでアク抜きと、固さ調節の為です。
太い部分は別にしておいて、先にちょっと長めに茹でたほうが良いです。

右)ごま油で炒めてから、炒め煮にします。
今回は丸天がなかったので竹輪と料ってみました。
好きなものを合わせて下さい。

最近、年のせいか味付けが濃いものが苦手になりました。
スペアリブとかホルモンとかは今でもガンガン食べるのですが、煮物などの砂糖醤油の甘辛コッテリが昔大好きだったのが、今はほどほど目が好きで、あまり煮込まなくなりました。
調味料も少量で良く、加熱時間も短いし結構エコ。健康にも良いしね。
前はあれよあれよの間になくなっていた砂糖と醤油が今は結構持ちます。

そんな私は芋じくもさっと炒め煮しただけなので、下茹で時間をもっと長くするべきでした。
太い所の筋っぽさがちょっと気になって失敗です。
噛めば良いし、嫌なら出し汁を足してもう少し煮れば良いんですけどね。
コッテリしっかり炒め煮する人は下茹で時間は短めで大丈夫です。

ほんのりサツマイモの香りがして美味しいですよ。
ていうか、今日もコンビーフを買ってくるの忘れたですよ。
変わりにマツタケを買ってきたですよ。フ・・・。

「無意識に 避けているかもコンビーフ。”強烈印象”頭をよぎって」 のー
スポンサーサイト



テーマ:+おうちでごはん+
ジャンル:グルメ