写真、短歌、日々の思ったこと。
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007年11月30日 (金) | 編集 |
 「中国語会話パーフェクトブック」
 味園由美/劉暁君(Liu Xiaojun)
 ベレ出版
 2005年6月25日発行
 2205円

 買ったばかりで、もちろんまだ全然勉強したわけじゃなく、
 ちっとも覚えてないんだけれど(だって3240文あるし><)、
 でも、付属CDを少しずつ聴いている。

私は文法が苦手だ。
SVOと形容詞まではなんとか。
副詞とか入ってくると、え・・・?ってなる(笑)。
そんな私が外国語を話す時は、日本語の文を組み替えたりはしない。
もともと文法で覚えていなくて、文そのままの雰囲気でw覚えているからだ。

例えば、
「今日の夜、私は中華料理を食べに行きたい。」って言いたい時。

英語だと、”行きたい”は would like to go か want to goで、主語の後ろで、今日の夜 tonight は後ろに持ってきて~・・・とかにはならない。
「I'd like to go to・・・」が出てきて、「have Chinese food ・・・tonight.」っていう区切り方で出てくる。
けど、いつも a とか the 、 of や for や at が抜ける。
a Chinese food なのか、The Chinese food なのかも迷う。
小さいそれらが抜けるのは、私が外国語を耳で覚えていて、小さなそれらは小さい声で発音されるから抜けやすいのだと思う。

でも、抜けてても意味は通じるから大丈夫。
試験の時に困るだろうって思うだろうけど、それも大丈夫!
試験はマークシートだし、中学生じゃあるまいし、そんなちっさい引っ掛けは無いのだw(ニヤリ)。

ちなみに中国語だと、
「今晚 我想去吃中国菜。」
jīnwǎn wǒ xiǎng qù chī zhōngguócài
ジンワン ウォ シャン チーチュィ ジョングゥォツァイ
だと思う、たぶん・・・w。

「I'd like to go to have the Chinese food tonight.」と、
「今晚 我想去吃中国菜。」。

見た感じからして、だんぜん中国語の方が簡単だ。
私は頭は良くないけれど、声質や発音の細かい違いなどを聴き分ける耳は良いので、難しいとされる中国語の発音も、割と簡単と感じる。
発音の違いがハッキリ聴き分けられる分、自分の発音にも拘ってしまい、気にしすぎて舌を噛んだり勉強が先に進まなかったりっていう弊害もあるけれど。

まあとにかく、雰囲気と耳な私は、まず「聴く」。
分からない単語が出てきたら、「単語と文章を確認する」。
これを繰り返した方が、文法を無理やり覚えるより話せるようになってくると気がついた。
雰囲気をつかんでから、文法や構文などの本をチラッと見ると、雰囲気がより自分のものになって良い気がする。
スポンサーサイト

2007年11月29日 (木) | 編集 |
ボーン・アルティメイタムを観てきた。
シリーズもので、一作目のボーン・アイデンティティ、二作目のボーン・スプレマシーに続く、第三作目。(あらすじを知りたい人は、リンクを見てw。)
一作目をレンタルビデオで観て、とても面白かったので、二作目からは映画で観ている。
アクションやカーチェイスが凄いので、出来れば映画で観た方が良い作品かも。

CIA絡みのスパイものだけあって、ロシアのモスクワから始まり、モロッコのタンジール、ベルリン、ロンドン、マドリッド、NY、など、いろんな国が出てきてプチ旅情を満足させたり、主人公が何ヶ国語もペラペラ話す姿にすごーい!!ってビックリしたり、こんな風に情報が漏れるのかー!って自分の無防備さを心配したりw、色んな楽しみ方がある映画だと思う。

ストーリー的には、今回の三作目も最初から最後までドキドキするような展開だった。
どんな状況でも絶対に諦めない主人公の強さに憧れるけれど、絶対無理、絶対あんな風にはなれない。
それとも殺されると思えば、なれるんだろうか?
話せないとCIAに消されるって思って英語と中国語を勉強しようかなw?

この間観た、マット・デイモンの「グッド・シェパード」もCIAもので、主人公がアメリカという国のために流されるように自分の人生を捧げていく話だったけれど、この映画の主役のジェイソン・ボーンも、”アメリカのため”という言葉に操られて、結局は誰か個人の思惑のために利用された、可哀想な被害者だった。
今後、シリーズは続きそうにも完結したっぽくも見える終わり方だったけれど、もしも続編があるとしても、ここからはダラダラと同じ展開になりそうかも。

ボーン・アルティメイタム 公式サイト(←注:開いてENTERクリックで音鳴る)
マット・デイモン 単独インタビュー

テーマ:映画感想
ジャンル:映画
2007年11月26日 (月) | 編集 |
ミルクレープ カット  ミルクレープ ホール

中のクリームはカスタードクリームと生クリームを適当に交互に。
りんごの煮たの(withシナモン)を挟んだ。
乾燥防止に上掛けを塗る。
間違いない、失敗はあり得ない~。

テーマ:手作りお菓子
ジャンル:趣味・実用
2007年11月25日 (日) | 編集 |
半額になったお刺身のパック&中とろをGETしたので、手巻きずしをした。
お刺身として食べる気で買って帰り、家で手巻きにしようと決めたので、海苔がおにぎり用でちっさめ。
けど・・・

中とろ  中とろ
なんか、わさびの載せ方がアレですが、文句なしの中とろです><!
×4巻食べましたっ!満足した~。

シーチキン  イカ納豆
シーチキンも大好物です。
シーチキン×マヨ×醤油ってどうしてこんなに美味しいの!?
右はイカ納豆。
納豆嫌いな人って結構いるように思うけれど、何でこんな香ばしい豆が嫌いなのかと思う。
ねばねばは確かに鬱陶しいけど。

カンパチ カンパチもあっさりしておいしー!!
 さくで買ったので、分厚く切って。
 端っこのほうは赤だしにしたけど、
 写真を撮るのを忘れました。
 海老や鯛もあったけど、
 それらはお刺身で食べました。
 あー贅沢したー、シアワセー。
 


2007年11月24日 (土) | 編集 |
 「負け犬以下の
  ささやかな楽しみ」

 柿川 鮎子
 河出書房新社
 2004年9月18日発行
 1260円


半分までは楽しく読めた。
最初の一文の引用がこう。
三十代、未婚、子供なしの女性が負け犬ならば、四十代、離婚、出戻り、子供なしの私はその負け犬の範疇からも外れた負け犬『以下』。」
石原慎太郎氏の話に、「女性が生殖能力を失っても生きてるってのは無駄で罪です。」という言葉が出てきて、それに対して作者は、「子供を産めなかった私は『人類』どころか『地球』にも悪しき弊害だった。地球よ、ごめんなさい。出来ることなら地球に詫び状を入れたい。」と言う。
女性は、お酒もタバコも40歳を過ぎてからのほうが似合うと言う作者はまた、おばさんの空き瓶は多くが焼酎か日本酒であると言い、タバコも指を丸くして握るように持ったほうが様になると言う。

私は作者が、「ハイハイ、私は負け犬以下ですよー、でも楽しむもんね、ごめ~んwww」って開き直って楽しんでいるのかと思っていた。
半分を読んだまでは。
でも、読み進むにつれ、何か違っているような気になってきた。
[続きを読む...]
テーマ:最近読んだ本
ジャンル:本・雑誌
2007年11月17日 (土) | 編集 |
バナナパン 天然酵母のバナナブレッド。
 眠ってた苺酵母を起こして焼いた。
 寝起きで元気がなかった。
 発酵が遅く、2日もかかった。


断面  空洞
断面に空洞あり。
発酵に時間がかかったせいか、ドイツパンみたいに少し酸味があるパンになった。
けれどバナナの香りとくるみの歯ごたえが美味しい。
蜂蜜バターを付けて食べた。


2007年11月15日 (木) | 編集 |
フライド・グリーン・トマト

2007年11月11日 (日) | 編集 |
 「猫のさとり
 色即是空-幸せを感じる智慧」

 文・岩崎るりは
 写真・古瀬惠一
 マガジン・マガジン
 2006年12月25日発行
 1000円
2007年の抱負を発表して、一冊目の記事を書いた後、ぷ~ち。がこの本を、プレゼントしてくれました。
般若心経というより、猫、猫に癒されるー・・・。
ありがとう、ぷ~ち。

般若心経、3冊目のレビュー。
[続きを読む...]

2007年11月09日 (金) | 編集 |
洋梨のタルト  林檎のタルト
左が洋梨、右が林檎。
同じに見えるけれど、台もフィリングも別物。
洋梨の台は小麦粉の生地で、フィリングはプリンのようなカスタード系。
林檎の台はアーモンドの生地で、フィリングもアーモンドの焼き菓子系。
林檎タルトのフィリングには、イタリアのシチリア産の香りの強いアーモンドプードルを使った。

なんでか記憶が途中からすり替わっていて、杏仁豆腐の杏仁は杏の種と勘違いして、そう説明してしまっていたけれど、実はアーモンドだった(笑)。
前はアーモンドって普通に言ってたのに、いつの間にかなんでそんな風に記憶が歪んでいたのか・・・謎。年かなw?えー・・・ww!

ってことで、このシチリア産のアーモンドプードルは、杏仁豆腐の杏仁の強い香りがする。
ちなみにこの粉は高い。
アーモンドプードルの価格は、プラグインにリンクしてあるクオカで、現在100gのがアメリカ産283円、シチリア産448円、スペイン産491円だ。
スペイン産のものも買ってあるので、他のと食べ比べてみたい。

タルト 林檎は生で並べて焼き色を付けた。
 きれいに並べるのって難しい。

 そうそう、庭に洋梨の木を植えてみた。
 早くて再来年には生るのだそう。
 楽しみ~。




2007年11月07日 (水) | 編集 |
「生きて死ぬ智慧」
 文・柳澤桂子
 画・堀文子
 小学館
 2004年10月10日発行
 1200円


今さら間に合わないかもと思いつつ、2007年の抱負の項目3、「般若心経に関する本を5冊以上、読めるだけ読んでレビューを書く」について、ジタバタしてみようかと。

[続きを読む...]
テーマ:読んだ本。
ジャンル:本・雑誌
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。