FC2ブログ
写真、短歌、日々の思ったこと。
2008年03月24日 (月) | 編集 |
「あられ」と「ひょう」境は5mm僕たちも試してみよう5mm未満を


■題詠blog2008 「025:あられ」

2008年03月24日 (月) | 編集 |
「どうしよう」「どうする」「すべき」「どうしたい」湖岸道路に梅の散るらむ


■題詠blog2008 「024:岸」
テーマ:短歌
ジャンル:小説・文学
2008年03月22日 (土) | 編集 |
春は満つ悪魔の用紙にサインして波打ち際で濡れない遊び


■題詠blog2008 「023:用紙」
テーマ:短歌
ジャンル:小説・文学
2008年03月21日 (金) | 編集 |
shinoさんのブログで紹介されていた、鶏の鍋を作ってみた。
鶏肉を2時間煮込んで、味噌で味をつけるそうですが、私は ”2時間煮込む” というところを、 ”シャトルシェフ(保温調理鍋)で2日放置” にした。
知らない人の為に一応説明すると、保温調理鍋は、内鍋で沸騰させてから外鍋に入れると、魔法瓶効果で加熱なしで煮込み料理ができるという、エコ鍋。
入れたのは骨付きの鶏肉だけで、2日間の間に3回沸騰させた。
そうして取ったダシに白味噌と合わせ味噌を入れて、鶏味噌鍋のダシを作った。

鶏鍋  小分け
鍋材料は、畑で採れたものと、近所の人にもらった椎茸と、くずきり。
今回は初回だし、純粋な鶏ダシでダシを取りましたが、実は私、鶏の匂いってちょっと苦手w
美味しかったけど、気になるといえば気になる、でも美味しい。(複雑~w)
ダシを取る時に、ニンニクを入れてみたいと思った。
shinoさんの言うように、少しピリ辛にするのも良いかもしれない。

でもなんだかんだ言って、鶏の匂いの苦手な私だけど、ストレートの鶏ダシでも美味しいと思った。
たくさん作ってしまったので、食べきるのに3日掛かったw
食べるうち、次の日、その次の日と味が濃厚になっていき、最後はものすごいコク。
うどんを買い忘れたのが悔やまれる><
次回は絶対おじやかうどんにする~!

そういえば、鶏肉がshinoさんの言うようにトロトロではなく、ホロホロぐらいだったけど、それは保温調理鍋で作ったからかな・・・?
次回はトロトロ目指して、ほんとに2時間煮込んでみよう。
テーマ:料理
ジャンル:趣味・実用
2008年03月21日 (金) | 編集 |
アマゾンに君のモテ度が低くなる秘薬を探しに行ってきますね!


■題詠blog2008 「022:低」

2008年03月20日 (木) | 編集 |
よっ!オラ悟空! (←意味はない、言ってみたかっただけ)

020まで詠んだから、一応、続きに解説を載せときますが。
続きを読もうとするなんて、続きが読みたいだなんて、アナタ・・・
もしかしてのーマジックに掛かってますw?
言っときますけど、のーさんは宇宙人(アルノーア星人)で、妄想協会の会長でドS、ドSなのにネガティブwなんですよ?
何考えてるか知ろうとするなんて、馬鹿げてますよ~。
そもそも短歌の解説ってヤボですよ、ヤボ! 違っ!それはチャボ!!

ああ、こんなに言ってるのにまだ続きを見ようとしてる!しんじらんない!
ベジータとブルマが子供作ったってくらい、しんじらんない!なんでっ!?愛し合ってんの!?
・・・・・・・ま、まあいいけど。

とにかく!
続きの解説を読んだ人は、コメント欄に好きなクレープの中身の名前を書くこと!
え、なんでって、なんでもやw。
解説を読んだら、好きなクレープをコメントに書くんですよ?いいですね!?
あ、携帯から見たら、自動的に続きを見たことになるかんね、4649~
書かなかったら・・・知らんよ!?
もし書かなかったら、アナタの(ピー)から新幹線を、または新幹線に(ry
そのうえ、モモたんについてる秘密のボタンを押してち(ry
・・・だかんね!!

ちなみに私の好きなクレープは、バナチョコカスターか煮リンゴカスターかアーモンドスライスチョコです
[続きを読む...]

2008年03月20日 (木) | 編集 |
サッカーで言えばそれってオフサイド だけどもこれはサッカーじゃない


■題詠blog2008 「021:サッカー」

2008年03月19日 (水) | 編集 |
恐れずに近づかないで無防備に 私は鳩を食べたことがある


■題詠blog2008 「020:鳩」

2008年03月19日 (水) | 編集 |
手のひらの豆腐はあくまで潔く ああ今日もまた諭されている


■題詠blog2008 「019:豆腐」
テーマ:短歌
ジャンル:小説・文学
2008年03月19日 (水) | 編集 |
土曜日は蕾の下で猫集会 丸い目 針の目 月が見ている


■題詠blog2008 「018:集」
テーマ:短歌
ジャンル:小説・文学