FC2ブログ
写真、短歌、日々の思ったこと。
2008年04月10日 (木) | 編集 |
 「気になることが全部わかる!
 怖いくらい当たる『血液型』の本」

 長田 時彦
 三笠書房
 2005年8月発行
 530円


なんとなく、コンビニで買ってしまつたw
血液型で、性格を見るのではなく、思考パターン(ものの考え方の傾向)を見るという本。
性格は生まれた環境や育ち方、経験などで変わってくるけれど、思考パターンはそれらによって変化することがほとんど無いそう。

私は日ごろから、血液型で性格を分けることは出来ないけれど、型による傾向はあると思っていた。
それは、血液型が出来た過程(赤血球を襲う菌やウィルスに対して自然発生して淘汰された)や、血液型の抗原(違う血液型の血を輸血すると固まるなど)のことを考えると、当然血液型によって、得意分野、不得意分野があると思うから。

この本は、難しいことは書いていない。
でも、ほんの少しだけ科学的に見たらこういう傾向がある、みたいなことが書いてある。
血液型別の脳の得意分野による傾向、男女の脳の仕組みの違いから、AO型男性、BO型女性、など、12の思考パターン分析、相性やおススメの仕事などが載っている。

ちなみにざっと紹介すると、
A型は「記憶連鎖型思考パターン」で、話の寄り道が多い、経験と記憶に基づいて思考するので、応用力はあるけれど、一から何かを作り上げたり、経験の無いものについて思考するのは苦手。前置きが長い。

B型は「一点集中型思考パターン」で、一つ考え始めると周りが見えなくなる、けど何かの拍子に興味を失うと、信じられないほど極端に熱が冷める、自分の考えは絶対に譲らず、押し付けてしまうことも。論理的にものを考えるが、過程をすべて飛ばして話を進めたりする。

O型は「城壁思考パターン」で、4つの血液型の中で一番頑固。自分の考えを曲げるのは嫌いだけれど、B型のようには押し付けず、意見をすり替えたりはぐらかして逃げる。それでも相手が引き下がらなかったり自分の分が悪いと、防御体制「ダンマリ」に入る。表面的にフレンドリーだが、実は自分の本音をなかなか言わない。

AB型は「パラドックス型思考パターン」で、それまでの考えをすべて捨て、あっさり一からやり直したりする。発想の転換、既成の概念を打ち砕くのが得意、諦めが良い。仕事や趣味に関してはB型思考、リラックスしたプライベートではA型思考になることが多い。表現はいつもストレート。

どうです?頷けましたw?
私は、自分や周りの人に照らし合わせてみて、あれはそういう思考でそうなのかーっ!って発見したり、やっぱそうか~って納得できるところも多くて笑いましたw
さらっと読めてしまうし、なかなか面白いので、血液型や占い、人間関係に関心のある人は読んでみると良いかも。

↓こんなのもある。
血液型ダイエット
スポンサーサイト



テーマ:読んだ本。
ジャンル:本・雑誌
2008年04月10日 (木) | 編集 |
電線も横断歩道も乾麺も楽譜に変わる君を想えば


■題詠blog2008 「045:楽譜」