FC2ブログ
写真、短歌、日々の思ったこと。
2008年05月01日 (木) | 編集 |
 「さみしいうさぎ」
 飯田 雪子
 ヴィレッジブックス
 2008年2月発行
 672円

 図書館で借りました。
 一緒にいるとなんだかとても心地よくて、
 静かで、暖かく、穏やかな関係だった菜月と峻。
 そんな二人が遠距離恋愛になり、
 菜月は、抱きしめ屋のリュウセイと出会ってから、
 温もりの不在の意味を少しずつ感じていく。


図書館で借りたんだけど、アンテナに来たのは、抱きしめ屋っていう言葉。
抱きしめ屋というのは、”ただ抱きしめる”ことを売る商売。
キスもホテルもなし、それより上も下もない抱擁のみ、1回千円。

女性は(男性もかも知れないけれど)、それ以上なしの抱擁が欲しい時があると思う。
恋人や結婚している相手がいれば、その人にしてもらえば良いけれど、いや、いたとしても、”それ以上なし”の抱擁を求めるのは、なんていうか、我侭かなとか、相手がその気wになってしまったらとか、いろいろ面倒くさい。
正直、男性は膝まくら耳掻き喫茶?(←アキバで見たw)とか、いろんな風俗があって良いなって思う。
もしも抱きしめ屋があったとしたら、ごめん、週一くらいでお願いするかもです><
こういうの、汚いとか、不健全とか思わない。
誰にでもある感情だと思うけれど、ずれているんだろうか?
分からない。
スポンサーサイト



テーマ:読んだ本。
ジャンル:本・雑誌