写真、短歌、日々の思ったこと。
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008年06月30日 (月) | 編集 |
ワイン煮 去年作ったのを食べきっていないのに、
 めっちゃでっかい梅を見つけて、おおーっと思い、
 ついつい買ってしまった。
 で、またまたワイン煮を作った。
 家に残ってた赤ワインを使用。

■材料
梅    1kg
砂糖  700g
ワイン 500cc (赤と白、どちらでもOK。)

■作り方
1.青梅を洗ってヘタを取り、一晩水につけ、水をかえてもう一晩水につける。
2.水を捨てて、鍋に梅を入れ、ひたひたの水を入れて、弱火で沸騰寸前まで煮て火を止める。
  (皮が柔らかくなっているので、絶対にぐらぐらさせないように!)
3.湯を捨てて新しい水を張り、1日に1~2回水をかえながら2日間おく。
4.水を捨てて、ワインと砂糖と一緒に弱火で1~1時間半煮て出来上がり。

煮汁がたくさん出来てどうしよう?って思ってるんだけど、ワイン煮を利用したゼリー以外に、ビーフシチューの隠し味に少し入れたら美味しかったのでメモっとく。
甘みと酸味が欲しい料理に使えるかも。

梅酢 赤シソ
オマケ。
この間下漬けした梅の梅酢は十分に上がってる。
あとは赤シソを定植して大きくして本漬け、土用干しすれば出来上がり。
メンドクサーw
スポンサーサイト
テーマ:梅仕事
ジャンル:趣味・実用
2008年06月30日 (月) | 編集 |
そのほうがいいと知ってて知らんぷりこのシナプスのゆくえを教えて


■題詠blog2008 「085:うがい

2008年06月30日 (月) | 編集 |
偶然が必然に恋をしたらしく僕らはそろって球体の上


■題詠blog2008 「084:球

2008年06月30日 (月) | 編集 |
ほんとうは「名古屋で小倉トーストを(一緒に)食べたいな」って言ってる

■題詠blog2008 「083:名古屋

2008年06月30日 (月) | 編集 |
ピクルス カレーの時に福神漬け代わりにしたり、
 料理使ったりする。
 つけてすぐはこんなだけど、
 次の日には色が抜けて、全体がピンクになる。

 レンジでピクルス液を作るレシピをTVで観て
 アップしてたと思ったのに、記事がなかった。
 消したブログに載せてたのかも。


2008年06月30日 (月) | 編集 |
なんという研究熱心 夢でさえ私は君を探究している


■題詠blog2008 「082:研

2008年06月26日 (木) | 編集 |
昨日、本屋さんで立ち読みした本に、グレープフルーツジュースで炊くご飯が載っていた。
ぱっと見て、米2合とジュース2カップにベーコンね、ハイハイ、っていい加減に覚えておいた。
ああ、どうして私はこんなに研究熱心なんだろう・・・?

フフ・・・
炊きましたよ・・・
炊きましたとも!!!

でもね、米2合にジュース2カップ入れても、水分が炊飯器の2合の線に行かないんだよね。
小20秒ほど悩んで、炊飯器に従うことにした。 
いや、郷に行っては郷に従えって言うし。
私の頭の中で、飯郷の文字がくるくるしていた。(←ブブーッ!間違いっす!はんごうは飯盒ね!)

2合の線まで、ジュースを足す。
ベーコン入れて、ふと思いつく。
玉葱を入れよう。 (やめとけー)
入れたよ・・・
その分水分を減らすのも忘れてね・・・
アハ☆

ピーッピー、ピロピロ♪ピロピロピー♪ (っていう音がするんですw)
ご飯が炊き上がった。
早速、味見してみる。

!!!?
まz、いや、うm?、え・・・?
いや、ビミョーすぎるわこれーwww!
マズイといえばマズイ、おいしいといえば・・・いや、おいしくはないかなw
とにかく、ビミョーw
酸っぱいような、甘いような、さわやかなような、むしろ気持ち悪いようなw
水分多くてベタベタしてるし!
梅雨でベタベタする所へもってきて、ご飯までもがベタベタ!

・・・どうすんべ? 2合もあるよ~(≧▽≦)ノ

久しぶりに、のーぴゅーたーがカタカタした。 (197×年製)
この味・・・この味をなんとかするには・・・するには・・・ううーん、ううーん・・・カタカタカタ・・><
[続きを読む...]

2008年06月24日 (火) | 編集 |
題詠blog2008、071~080までの解説・・・になってないものもあるかもないかも。
短歌を詠んだ時の気持ちを、今説明するのは難しい。

[続きを読む...]

2008年06月23日 (月) | 編集 |
私には嵐が棲んでるひっそりと雨が静かに毛皮を濡らす


■題詠blog2008 「081:嵐

2008年06月23日 (月) | 編集 |
私はよく、リサイクル料理を作る。
牛すじを炊く時の下茹でした茹で汁を冷やして脂を取り除いたものでスープを作ったり、肉じゃがを煮た時にあまった煮汁で豆腐と竹輪を煮たり、生春巻きに使うエビの殻を取っておいて、スープのダシをとるのに使ったり。

今回は、数日前に水餃子を作った時のリサイクル。

餃子 1日目、水餃子。
 具には前日のキャベツサラダの芯部分、
 端切れ野菜を一緒に使ってしまう。
 
 ■皮の材料
 強力粉  100g
 薄力粉  100g
 水     100ccと調整

水餃子  中
たくさん出来て食べきれない分は、ゆでてしまってから冷蔵庫へ。
3日くらいなら大丈夫!

春巻き 2日目、春巻き。
 余った餃子の具を、家にあった生春巻きの皮で
 揚げ春巻きにする。
 春雨を入れたんだけど、この春雨も少し余って
 しまった・・・。

水餃子のスープ 3日目、水餃子のスープ。
 1日目に食べ切れなかった水餃子、
 2日目に余ってしまった春雨などを入れて。

 干椎茸でとった和風だしに、魚醤で味付け、
 ズッキーニやプチトマトが入っているという、
 ゴタゴタなスープだけど、意外といけた。

買い物に行かずに家にあるもので作ろうとすると、たまにとんでもない組み合わせになるけれど、それが意外な発見になることも多い。
たまに失敗するけどw

そら豆と紫玉ねぎピクルスのサラダ  紫玉ねぎのマリネスパサラ
これは餃子とは関係ない、オマケ料理。
紫玉葱のピクルスを新しく仕込みなおしたいので、甘酢液まで全部使ってしまおうと思い、作った。

左は、そら豆と紫玉葱のピクルスをごく少量のマヨネーズで和えたサラダ。
右は、紫玉葱のピクルスと生のスライス、生ハムをピクルス液で和え、塩胡椒で味を調えたスパゲティサラダ。
どちらもさっぱりとした夏向きレシピ。

そら豆、結局10粒の種からこれだけしか採れなかった・・・。
10粒の種から芽が出たのが3粒だけ。
その苗を大事に育ててたんだけど、猿に生ったそら豆を半分食べられた><
来年はもっと種を撒いておこうと思う。
テーマ:手作り日記
ジャンル:趣味・実用
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。