FC2ブログ
写真、短歌、日々の思ったこと。
2008年09月02日 (火) | 編集 |
ホール  カット

畑にカボチャがごろんごろんしてるので、地道に消費しなければならない。
煮付け、天ぷら、サラダ、プリン、いろいろやったけど、カボチャってあんまり減らないんだよね。
だからペーストにしてパンプキンパイにしてみた。
実はこれは人生2回目の手作りパンプキンパイ。
最初のは1ヶ月前くらいかな、作ったんだけど写真を撮ってなかった。

前回はパイを焼かずにフィリングを載せて一緒に焼いたので、パイがあまり膨らまなかった。
今回はパイだけを最初に焼いて、その上にフィリングを載せて二度焼きした。
けど、底はつぶれてサクサクしない。
冷凍パイ生地なので、風味もそれなり。
以前USAさんにもらったパンプキンパイは、とってもアメリカ~ンな感じだった。
めっちゃ甘くて、辛いくらいのスパイスが効いていた。
マイルド希望でスパイス少なめだったけど、2回目ともなると慣れてきて、もう少し入れても良いかなって思えてきた。
次回はアメリカ~ンアメリカで効く~???!なやつにチャレンジしてみたい。

■材料(18㎝タルト型1台分)
冷凍パイシート 2枚
カボチャ 1/2個
バター 10g
生クリーム 30cc
砂糖 30g (カボチャの甘さをみて加減)
ナツメグ 小さじ1
シナモン 小さじ1
しょうが 10g (おろして絞る)

■作り方
1.カボチャの皮をむきカットし、レンジで柔らかくなるまでチンする
2.カボチャが熱いうちに、潰しながらバターと砂糖、生クリームを入れ混ぜる
3.2に砂糖とナツメグ、シナモン、しょうが汁を入れる
 (味を見ながら、スパイスや砂糖を調節し、できれば裏ごしする)
4.型にバターを塗り、適度に解凍したパイシートを敷く。
5.4にクッキングシートを載せ、その上に重石を載せて170度で8分ほど焼く
6.重石を取り除き、更に4,5分焼く。
 (ふちに焼き色がついたら、それ以上焦げないようにふちだけにホイルをのせる)
7.焼きあがった台に3のペーストを載せて、170度で様子を見ながら30分焼く
 (好みで最後に上に溶き卵を塗って5分焼くと照りが出る)
8.焼きあがったら、網の上に載せて冷ます
スポンサーサイト



テーマ:手作りお菓子
ジャンル:グルメ
2008年09月02日 (火) | 編集 |
 「ゴールデンスランバー」
 伊坂幸太郎
 新潮社
 2007年11月29日発行
 1680円

 首相暗殺の濡れ衣を着せられた、元宅配ドライバー、
 青柳雅春。
 計画は用意周到にされ、国家権力やマスコミによって、
 善良市民が簡単に凶悪犯に仕立て上げられてしまう。
 逃げて、逃げて、逃げまくる2日間。
 青柳雅春は逃げ切れるか、そして無事に濡れ衣を
 晴らすことが出来るのか?

だ~らだらと感想を書いてみますw
[続きを読む...]

2008年09月02日 (火) | 編集 |
家族という泥にまみれる勇治くん暖かいですか?永遠ですか?


■題詠blog2008 「099:勇