写真、短歌、日々の思ったこと。
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009年03月31日 (火) | 編集 |
道端に落ちてる汚いノートにも5分で話せぬドラマがあります

■題詠blog2009 「019:ノート
[続きを読む...]
スポンサーサイト

2009年03月30日 (月) | 編集 |
上からは絶対見えないとこにある格差の下限定のスイーツ(笑)

■題詠blog2009 「018:格差
[続きを読む...]

2009年03月24日 (火) | 編集 |
最近のマイブーム、超簡単ヘルシー(しかも節約)料理です。
炊飯器に入れて同時調理できるので、最近ご飯を炊く時にいつも作ってますw
ご飯が炊けると同時に一品出来てるってサイコーじゃないっすか!?(笑)

P1080886.jpg まず、炊飯器に入る器を用意して、
 ボールにその器の8分目くらいになる位の
 豆腐と、葱、椎茸、たけのこ、人参など、
 冷蔵庫にある豆腐に合いそうな材料を
 刻んで入れ、ぐしゃぐしゃーっと混ぜて、
 味付けは塩コショウ。
 ←それをこのように器に入れます。

P1080887.jpg ラップをして、炊飯器のお米の上にセット。
 普通に炊飯スイッチオン!

 あ、わたしはいつも雑穀入れるので、
 炊飯のお水にいろいろ浮いてますが
 気にしないでねw

P1080888.jpg ご飯が炊き上がったら、料理も完成。
 器の汁をこぼさないように取り出し、
 スプーンなどで掬ってそのまま食べます。
 今回はちょっと薄味だったので、
 醤油を少しかけました。汁も飲めますw
 ポン酢で食べても良いし、入れる具で
 いろんな味が楽しめそうです。


2009年03月22日 (日) | 編集 |
「ベトナムで日本語教師にならない?」の誘いが解の公式に見ゆ

■題詠blog2009 「017:解
[続きを読む...]

2009年03月20日 (金) | 編集 |
バナナが熟してやばい感じになってきたので、バナナケーキにした。
放置しすぎてやばい感じのバナナは、バナナケーキにとっては最高のバナナ。
でも、べーキングパウダーも切らしてて入れずだし、バターを攪拌して卵を加える時に分離したりもして、失敗した。

P1080873.jpg  P1080874.jpg
焼き始めてから5分後にバナナを乗せたら、沈まずに焼けた。
・・・のは良いんだけど、バターと卵が分離したので、やはりカットの断面の見た目がぺっちょりした感じになってしまった。
完熟バナナ3本、ココナッツ、くるみが入っているから贅沢な感じで味は良いんだけど・・・。
バターに卵を入れる時、いつも失敗する。
気に入らない~!><

2009年03月17日 (火) | 編集 |
ひらり舞うUターンするスカートの裾から隠した恋が見えてた


■題詠blog2009 「Uターン
[続きを読む...]

2009年03月13日 (金) | 編集 |
ゆるまって型からはずれ海へ出た あたしゆっくり青になってく

■題詠blog2009 「015:型
[続きを読む...]

2009年03月11日 (水) | 編集 |
題詠blog2009の中から、気になる短歌や好きな短歌をピックアップ。
私が感じたことを書いていきます。
作者さまの意図とは違うこともあるでしょうし、他の読者さま方の解釈と違うこともあると思いますが、こういう感じ方もあるんだな、とさらっと流していただければ幸いです。
TBのできる方には、一回だけ送信してご挨拶に代えさせて頂きます。
TBが失敗しても何度も送ることはしません。
承認とかいろいろ、よくわかんないので(笑)

■「001:笑」(1~244まで)

001:笑(根無し草さん) (根無し草)
激痛に 苦しむ僕の 顔を見て 笑うアナタが 僕は好きです


そんな薄情なアナタでさえ、好きだと思ってしまう。
アナタを笑顔にできるのなら、激痛などへちゃら!(でもないんだけど><)と思ってしまうほどの好きっぷり・・・。
昔、左足を激しく捻挫して激痛に言葉を失って悶絶している時に、「大丈夫!?」とも言わずにゲラゲラ笑った当時の彼氏に対して、「この人ってこういう人だったんだ・・・」と思った記憶が蘇りました。
私は彼を好きな気がしていたけれど、愛してはいなかったのかも。

001:笑(梅田啓子さん) (今日のうた)
ビキニから腰の笑くぼがのぞいてた あれから百年経つた気がする


好きな短歌です。
が、20代の私であったら、この短歌を選ぶことはなかったように思います。
今も終わったわけじゃないし、ビキニだって着ようと思えば着れるんだけどもw、10代20代のあの、隠そうと思っても隠す事のできない輝きと力は、もう永遠に失われてしまった。
失ってしまった者には、この下の句がよく分かる。
そんな輝きを失ったこの「今」だって、数年後、「あれから百年経つた気がする」ってことになるのだろう。
楽しんでいますか?

001:笑(新田瑛さん) (新田瑛のブログ2)
密やかに不安の種は降り注ぐ たとえば午後の談笑のとき


そう、よくある。この感じ。
あれ、雲が多くなってきたかも?と何気に思っているうちに、ふと、ぽつん、と雨が一粒降るように、不安の種は蒔かれる。
ほんとうに思い過ごしだったり、すぐに晴れたりってこともあるし、ほんとうはその重大さにうっすらと気づいてはいるのに、無意識に近い感覚で、思い過ごしだ、すぐに晴れると思い込もうとしていることもある。
「コトのはじっこ。」のゆらさんもおっしゃっているように、表現しにくい曖昧な感覚をハッキリと、あくまでも自然に、お題の消化ではなく「笑」を使って詠まれていることに驚いた。
良いな、と思った短歌です。

001:笑(伊藤夏人さん) (やわらかいと納豆2009)
後出しのジャンケンくらいで笑ったりするから君に油断できない


君の笑顔にドキーッとしてしまう気持ちがよく出ていると思うw
まっすぐで後味の良い短歌。
こんなのを詠む人はきっと心が素直であったかい人なんだろうなあって思う。
ほのぼのした。

001:笑(健太郎さん) (モノクローム文芸館)
東から笑いの神が舞い降りて 君が手を振るエイプリルフール


さよならをするなら、エイプリルフールにするのが良いな、と思ったw
命を終えるのもエイプリルフールがいい。
嘘でーすw、みたいな感じで、すぐに桜が咲くのも良い。

001:笑(廉さん) (at random crazy)
六年も前の些細な出来事をバカ笑いして更けていく夜


六年も前の些細な出来事を、一緒にバカ笑いできる人がいるというのは、実はものすごく幸せなことだ。
そういう夜があるから、そういう夜を過ごすために、今日も生きてるんだと思う。
何十年経っても、些細なことを共有した人と笑い合えると良いな。

001:笑(詠時さん) (短歌の花道)
サイエンス「うふふ」と笑うよ人類が「科学的に」と口にするたび


この人の短歌、かなり好きw
たぶん今後もちょくちょく出てくる予感。
サイエンスは実は人類よりもずっと高い位置にいて、人類を見守ってる。
「ふふん」じゃなくて、「うふふ」と笑うところが微笑ましいです。
詠時さんのあたたかい人柄を感じた気がしたw

001:笑(星野ぐりこさん)(題詠100首爆走中。)
笑われて生きてきました。趣味・特技、特にないです。処女じゃないです。


すみません、笑いましたwww
てことは、「処女じゃない」のは趣味でも特技でもないんですね(笑)←また笑ってるし!

001:笑(片秀さん) (うつしよはゆめ よるのゆめこそまこと)
涙には権利が絡み微笑には義務を負ってる切なさがある


いったい何があったのかと。
それで、あなた(たち)は大丈夫なのかと。
こういう短歌は具体的な何かを詠んでいるような気がして、作者のSOSか何らかのメッセージが隠されているように感じてしまう。
それにしても、100首のしょっぱな、お題「笑」からこの短歌を詠むとは・・・!
ネガティブ・クイーンの私も完敗いたしましたw

001:笑(夏実麦太朗さん) (麦太朗の題詠短歌)
オヤジギャグ時には受けることもある娘二人がちょっと笑った


「娘二人」が「ちょっと」笑ったとこが良いですw
ちょっと笑ってもらえたお父さんはちょっと嬉しかったんでしょうねw
奥さんはその時、華麗にスルーしたのかそれとも失笑したのか?
女系家族の中で、お父さんはどんな風に毎日を過ごしているのか?
そこのとこがちょっと気になるのですw

001:笑(宮田ふゆこさん) (ソーダ・ファウンテン)
花びらで隠すのだからあんぱんの笑くぼじゃなくてへそなんだろう


桜あんぱんかなw?
花びらって書かれているだけで、あの桜の塩漬けがちょんとのったあんぱんが目に浮かんでくる。
のっているとか飾られているんじゃなくて、隠すための花びらだっていう発想が、できそうでできないように思う。
おへそを花びらでちょこっと隠すっていうのが、銭湯でみんなが前をちょっと隠しているようなw、恥じらい風の可愛らしさがあるし、なんとなく春っぽい爽やかなピンクって感じがよいなあと思いました。

2009年03月09日 (月) | 編集 |
P1080780.jpg  P1080782.jpg

地元情報誌に載っていた、グレープフルーツとマスカルポーネのムースを作ってみた。
うん、まあまあおいしい。
もう少しゼラチン少な目でも良いかも?
ボウルを何個も使うし、いろいろと泡立てないといけないので、この間の杏仁豆腐より面倒な感じ。
[続きを読む...]

2009年03月09日 (月) | 編集 |
時空は今、煮凍りみたくなっていて桜の咲くころ溶ける予定です


■題詠blog2009 「014:煮
[続きを読む...]

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。