写真、短歌、日々の思ったこと。
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009年06月30日 (火) | 編集 |
こんなはずではなかったと舌先が葛藤している、とあるレッスン

■題詠blog2009 「037:藤
[続きを読む...]
スポンサーサイト

2009年06月29日 (月) | 編集 |
P1100595.jpg1983年の原田知世さんの映画のほうです。
一年前くらいからずっと観たいと思ってたんですが、地元のレンタル屋さんにはDVDもビデオもなく諦めかけていたのを、楽天レンタルのお試し会員でやっと借りることが出来ました♪

26年前(!)の映画だけあって、CG(?)も役者さんも台詞もいろいろと昭和な感じですが、これはそういうとこに難癖付けない人に観てもらいたい映画です。
なんて言ってる私も、知世ちゃんの白のブルマー姿が画面に現れたときには、
ぶ、ぶるむわっっΣ(@□@)!?(しかも白ーっ!!?)
・・・って驚きのあまり目が2倍の大きさになってしまいましたが(笑)

登場人物たちが通う高校の制服、かばんの持ちかた、尾道のタイルが貼られた道、古くて湿気とかシロアリとか今だったらいろいろと気になりそうな家たち、幼馴染の家の近くの火事を心配して見に行くときの和子(知世ちゃん)の服と下駄(!)、そして知世ちゃんの「ふかまちくん」の発音・・・
すっごく良いです!
もー!どんだけツボを突くつもり~!?・・・ですw
ラストの主題歌の映像もすごく良かった~。
白のブルマーも目に焼きついて離れません(おいwww)

当時のわたしも何度かこの映画を観たことがあるはずなんだけど、当時はこの映画の良さというものがぜんっぜん分かっていなくて、ただ表に表れているタイムトラベルの話だとか、和子ちゃんは吾朗ちゃんと深町くんのどっちが好きなのとかw、日本人形こわ~><とか、そういうことしか見ていませんでした。

じゃあ今はこの映画の本当の良さが分かっているのかと真面目に問われると自信はないのですが(汗)、もしわたしが今の目で当時にこの映画を観ていたなら、今とはまったく違った場所に立っていたんじゃないかって気はします。
いろんなことの選択の基準がまったく違っていたんじゃないかな・・・。
それが良いことか悪いことかは分からないし、今も十分幸せなのだろうけど、今とは違った世界にいたかもしれない私の、今とは違う幸せを見てみたかった気もするのです。
うまく言えなくてどうもすみません(笑)

尾道は今はどうなっているんだろう?
尾道はこのまえGWにかすめ通ったけれど、時間がなくて通り過ぎただけだった。
今はもうこの映画のような風景は残されていないのかも知れないけれど、近いうちに尾道に行って、3日くらいかけてゆっくりと歩いてみたいと思いました。

ちなみに、2006年にアニメの「時をかける少女」が公開されたけれど、これは似ているけれど違う映画だと思いました。
アニメもまあ、それなりには良いけど、やっぱり薄い。
薄いのはわたしの感性なのかもしれないけれど、より濃い味を求めるのであればやはり1983年ものだと思います。

2009年06月28日 (日) | 編集 |
P1100595.jpg はたはたと
 心地よい意図に泳がされ
 すべてを棒に振るのもいいね

■題詠blog2009 「036:意図


2009年06月22日 (月) | 編集 |
「ロンドン」という焼肉屋がありました 例えばそれも妄想の胚

■題詠blog2009 「035:ロンドン

2009年06月22日 (月) | 編集 |
草花も子も星たちもためらわず宇宙の秩序にその身ゆだねて

■題詠blog2009 「034:序
[続きを読む...]

2009年06月18日 (木) | 編集 |
Debbie Gibson(デビー・ギブソン)の「Out of the Blue」。
走る時に聴く音楽を探していて、久しぶりに聴きました。
今聴いてもすごく良い~。

昔からこのアルバムに入っている「Only In My Dreams」がすごく好きで、PVはサイコーだと思ってます。
コーラスの(no, no, no~)のとこで、両手をグッとして頭をぶんぶんぶんって振るダンスが好きw


会長の権限で、これを妄想協会歌にしようと思います。
役員ならびに会員は、カラオケで歌えるようにしといて下さい。
オフ会で抜き打ちテストあるかもしれませんw

■teacup「Debbie Gibson Only In My Dreams」PV(←注:音ちょーでか!)
■YouTube「Debbie Gibson - Only in my dreams (live)」(注:音でます♪)
[続きを読む...]

2009年06月08日 (月) | 編集 |
P1100338.jpg苺もだけど、豆も相当な量とれるので、冷凍庫がいっぱいになりつつある。
消費のために料理にお菓子に積極的に使わねば!なので、ケーキにしてみた。
割とイケる。
茹でたものをフードプロセッサーでガーッとやっただけ、裏ごししなかったので、ザラザラ感が残っている。
人によるだろうけど、私はチーズケーキは滑らかなほうが好きなので、今度はミキサーでもう少し滑らかにしたもので作ってみようと思う。
裏ごしは面倒くさいので、出来るだけ避ける方向で。
参考にしたレシピと分量をメモメモ

■Hot.Docs「和菓子レシピ ずんだ餡
↑のレシピで、うすいエンドウ豆300gで、砂糖50gにて豆餡を作った。
豆の餡って作ったことなかったけど、簡単やな~!
砂糖を入れると滑らかかつ色よくなるところが実験って感じで面白かった。
この反応をすぐに化学式で書けたらもっと面白いのにーww

■材料(14×21cm角型セルクル1台分)
クリームチーズ 120g
ヨーグルト 50g
生クリーム 50cc
砂糖 80g(チーズへ半分、卵白へ半分)
薄力粉 50g
卵黄 3個
卵白 3個
エンドウ豆の餡(豆300gで作ったもの全量)

余熱170℃ →130℃湯煎 80分
<メモ>
スフレチーズのレシピをアレンジして、生地の半量にエンドウ豆餡を入れたものと2色マーブルにしてみた。
マーブル具合が大雑把だけどw、綺麗だし味も良かった。
後は豆の舌触りについて研究の余地有りだけど、分量はこれでほぼ完成かな~。
砂糖や小麦粉を可能な限り減らして、カロリーオフと味の落としどころを見つけたい。

2009年06月07日 (日) | 編集 |
どんよりと厚めの雲から落ちてきて 消してく 消してく 雨の冠

■題詠blog2009 「033:冠
[続きを読む...]

2009年06月05日 (金) | 編集 |
P1100320.jpg使わなければならないバナナと苺を消費するため、ケーキにしてみた。
米粉のケーキはもっちりしている。
なんか穴ボコだらけで見た目悪いけど。

ていうか、よく考えたら、バタバタしていて時間がないんだから、ジュースにして飲んでしまえば簡単だったのにって作った後に気がついた。
しかもバナナと苺を別な生地にしてマーブルにするとかやってる場合じゃないよー。
おいしかったから、ま、良いかあはは
バナナの部分と苺の部分、2つ楽しめるので、食いしん坊心が満たされたw
おいしかったから、メモしとくー

■材料(18×7cmの型1本分)
バナナ(中くらい)2本
苺(生を1/2量まで煮詰めたもの) 80g
卵 2個
砂糖 65g
バター 70g
米粉(小麦粉の代わりに出来る製菓用のもの)130g 
ベーキングパウダー 小さじ1
くるみ 適量(お好みで)

飾り用バナナ 半分くらい
飾り用苺 3粒

■最初にしておくこと
1、米粉、BPを一緒にしてふるっておく
2、くるみをオーブントースターで香りよくローストして刻んでおく
3、バターをレンジで溶かしておく
4、型に紙をしく
5、オーブンを160度に余熱
6、飾り用のバナナと苺を用意する(スライス)

■作り方
1、ボールにバナナをつぶしてくるみを混ぜ、別のボールに煮詰め苺を入れておく
2、とかしバターを1のそれぞれのボールに入れる
3、別のボールに卵を入れ、しばらく攪拌してから砂糖を入れ、あわ立てる
4、生地がもったりとしたら、1のバナナと苺それぞれのボールに生地を少し入れ、混ぜておく
5、残りの生地に粉類を少しずつ入れ、練らないように切って混ぜる
6、2のそれぞれのボールに生地を分けて入れ、混ぜる
7、6のそれぞれの生地を型に交互に流し入れる
8、竹串でさっと2、3回まわし混ぜ、マーブルになるようにする
9、余熱したオーブンで5分焼く
10、飾り用のバナナとオレンジを乗せて60分焼く
11、串を刺してみて、ドロッとしたものが付いて来なければ焼き上がり
12、好みで上掛けゼリーに煮詰め苺を混ぜた上掛けを塗る

■次回に向けて
○焼く時の温度が低くて焼き上がりが遅く、40分だったのを追20分追加した。
 次回は温度を170度に上げて、45分で焼いてみよう。
○苺の生地がおいしかったので、今度は全部苺で作ってみようと思う。
 バナナの代わりに苺をあと80g増やせばOKかな?
 

2009年06月02日 (火) | 編集 |
P1100187.jpg奥の緑のは小松菜の炒め物。
小学生の頃、一番最初の調理実習が青菜の炒め物だった。
小松菜を炒めて塩こしょうだけだったのに、すごく美味しくてビックリしたのを覚えてる。
その時に私の食いしん坊遺伝子が目覚めたと思う~。
家に帰って即効作ってたしw

P1100188.jpg  P1100189.jpg
ホノルルで買った、マンゴーパパイヤシードドレッシングが無くなった。
けっこう甘めのドレッシングで素材を選ぶ感じだったけど、おいしかった。
パパイヤシードは手に入らないけど、マンゴーでドレッシングを作るのもアリかな~。

P1100192.jpg豆尽くしの晩ご飯。
豆ごはんは裏山で採れた竹の子入り。
絹さやはキャベツとサラダに、そら豆はかき揚げにした。
お味噌汁は大根の間引き菜。

P1100236.jpg  P1100235.jpg
マーヤちんのブログで紹介されていた、牛肉と絹さやの炒め物
使ってしまいたいレンコンがあったので、プラスしました。
葱が小口に切れてなくて繋がってますがわざとですからw!
そら豆のかき揚げはマイブームです。
えびと玉ねぎだったり、竹輪と玉ねぎだったり、かき揚げのお供はその日の冷蔵庫と相談。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。