写真、短歌、日々の思ったこと。
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009年10月29日 (木) | 編集 |
P1120586.jpg最近、クレープを焼く練習をしています。
クレープ生地がたくさん出来てしまうので、クレープ・シュゼットにしてみました。

熱したフライパンに4つ折りにしたクレープを並べ、ブラウンシュガーを振って、グラン・マルニエワインでフランベ炎
炎が消えてアルコールが飛んだら無塩バターを投入し、溶けたところへオレンジの生ジュースさとと-ペットボトルオレンジとオレンジの皮をおろしたものじぇれみあを入れて煮詰めます。
ゆるく伸ばしたカスタードクリームと生クリーム、オレンジスライス輪切りオレンジを載せて食べました。

グラン・マルニエをフランベする時に思いのほか炎が大きくて、これは火災報知機をつけていたら、鳴ったな・・・と思いましたw
・・の割にアルコールは全部飛んではいなくて、食べたら大人のお菓子って感じでした~。
カスタードも生クリームも甘さ控えめなので、デザートというより軽食に近い感じでしたが、オレンジの香りが爽やかで美味しかったです。

それにしても、トンボをくるくるしてクレープを焼くのって難しいです。
尼のロリアンクレープでバイトして練習したいなあ・・・
(ワザと失敗して食べまくってしまいそうだけどw)

■阪神沿線のお出かけ情報 尼崎「ロリアンクレープのクレープ
スポンサーサイト

2009年10月28日 (水) | 編集 |
じゃあね、って角を折れてくきみのこと虹のようだと少し思った


■題詠blog2009 「066:角

2009年10月22日 (木) | 編集 |
大人しく選挙の立会人をして大人になるべく、この面クリア


■題詠blog2009 「065:選挙

2009年10月15日 (木) | 編集 |
P1120410.jpg  P1120417.jpg
冷凍してあったえんどう豆のピュレを使ってスコーンを焼いてみました。
ちょっと練りすぎたかな。
でも、豆の香りがふわっと漂うおいしいスコーンです。
クリームをつけて食べてみたけど、なしの方があっさりと豆を味わえて良いかも。

■材料(直径6cmのセルクル型14個分)
薄力粉 350g
米粉 100g
砂糖(ブラウンシュガー) 75g
BP 大1
バター 110g
えんどう豆ピュレ 230g
ヨーグルト(自家製カスピ) 70g
卵 半個

上掛け卵(照り出し用) 半個

■作り方
ボールに上からBPまでを入れてざっとかき混ぜる。
冷たいバターを入れてスケッパーで切り混ぜていく。
小さくなってきたら手や指で擦り合わせるようにしながら、バターが細かくなるように混ぜていく。
えんどう豆から順に入れて、練らないように生地をまとめていき、まとまるようになったらそれでOK、麺棒で2cmの厚さに伸ばし、型で抜く。
上にといた卵に少し水を入れて伸ばした卵液を塗り、160度のオーブンで20分焼く。
(オーブンにより温度調整、途中天板の前後入れ替えなどして下さい)

※メモ
えんどう豆ピュレは冷凍枝豆をサヤから出し、水とミキサーに掛けたものでも可。
その際は出来るだけ滑らかにするか裏ごしし、生地の柔らかさを見てヨーグルトの量を調整する。
型はなければコップでも可。

2009年10月15日 (木) | 編集 |
誠実か不実かはもう、分からない ただ駆け上がる宮さんの段


■題詠blog2009 「064:宮

2009年10月11日 (日) | 編集 |
P1120198.jpgこれが、しかく豆。
去年どこかの道の駅で初めて見て、こんな豆があるのかー!ってビックリしました。
食べてみたかったけどその時は買えなくてずっと気になってて、今年の春に種を見つけて作ってみました。
調べてみたら「シカクマーミ」とか「ウリズン」といって、どうやら沖縄の野菜のようです。

P1120113.jpg  P1120052.jpg
胡麻和えにしたり、天ぷらにするとむっちゃ美味しいです。
今年は試作だったので苗を少ししか作りませんでしたが、切り口も可愛いし、すごく栄養もあるみたいなので、これからはこの豆を毎年作ろうと思います。

■おきなわ伝統的農産物データベース「シカクマーミ」
■食材辞典「四角豆-うりずん」

2009年10月07日 (水) | 編集 |
竹林ゆらりと揺らし運命のような顔して台風がくる


■題詠blog2009 「063:ゆらり

2009年10月02日 (金) | 編集 |
P1120145.jpg小豆をサヤから出す作業の記事Ravさんが書いてくれたコメント。
「小豆って南瓜と塩で煮るだけでも簡単で美味しいよ。」by食いしん坊の妄想族長

このコメントを読んで、ぜひとも食べてみたくなったので作ってみました。


ていうか、

小豆を南瓜と塩で煮るだけか~・・・簡単そうやな。
塩で煮るだけか~・・・
塩で煮る・・・・・だけ?
だけっつった?まじで塩だけ?
・・・・・・・・・。
(カシャカシャカシャ・・・) ←検索中
チーン!! ←昭和音

どうやってよ!?www

いやあ、簡単なことほど、いざとなると「・・・ん???」ってなるもんですね!
とりあえず、小豆を甘く煮るぶんと塩だけのぶんとで二倍量、茹でこぼしたあとに圧力鍋で柔らかくしました。
で、塩で煮るぶん、どうすんべ~?と思いましたが、検索しても冬至に食べる甘いのしか出てこないので、とりあえず鰹ダシをとって、ダシと塩で炊いてみることにしました。
小豆の煮汁が少なくて、それだけではかぼちゃを入れられなかったんです~。
かぼちゃがいい感じになりつつある頃に一度煮汁の味見をしてみましたが、私には塩だけだとあっさりしすぎる気がしたので、お酒とみりんを少しだけ足しました。

で、出来上がったのが上の写真のです。
おいしゅうございましたー。
いや、あっさりしていてぽくぽくしていてしつこくない。
アラフォーの舌に新しい大人のドア、これまさに「ぴったしカン・カン!」ですよw!
最近、どんどんコッテリよりあっさりになってきてるんで。

Ravさんのはダシも何も入れなくて、本当に小豆を煮た煮汁に塩だけを入れてかぼちゃと炊くのかもしれないですね。
いうなれば小豆ダシ?で炊いているとも言えそうですw
素材のかぼちゃの甘さ、そして小豆の煮加減が全てを決めるシンプル&上品料理なのかもしれません。

実は、私は右の腎臓が左よりも少し小さいのだそうで、あまり疲れを溜めないようにと病院で言われたことがあります。
体力のない頃は疲れると腎盂炎になって高熱が出たりしてました。
小豆は腎臓の形をしていて、それは関係ないんだけどw、腎臓に良いのだそうです

だけど餡子だと糖分を取りすぎるし、お赤飯もそんなに頻繁に食べるほど大好物じゃないしで、これまで小豆を活用することは少なかったです。
が、ちょっと料理してみたら割といろいろ使える気がしてきたので、これからは積極的に使っていこうと思います。
あーまた寿命が延びるぅ~w

2009年10月01日 (木) | 編集 |
P1120141.jpg下から、プレーンビスキュイ、苺ババロア、ピスタチオのビスキュイ、苺ジャム、プレーンビスキュイ、生クリーム、フルーツ(イチジク、オレンジ、赤のナイヤガラ)。
苺のババロアがなんかこってりしすぎて失敗か!?と思いきや、割とイケました。
全部食べたら100%胸焼けするけどw

P1120139.jpgむぎちゃん、やめーっ!!手書き風シリーズ汗1

P1120091.jpgいただき物のこのぶどうを使わせてもらいました~。
甘くてよい香りがしてとても美味しい!
今年は私の中にぶどう旋風が巻き起こっているので、嬉しいサプライズプレゼントでした。
どうもありがとうございましたー!


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。