FC2ブログ
写真、短歌、日々の思ったこと。
2010年02月03日 (水) | 編集 |
20100203145448.jpg宇宙人の私ですが、地球、日本での生活も長くなり、みんなやっていることをやらないと何となく気になってしまう日本人気質が移ってきました。

とりあえず、恵方巻きw
今年の恵方は西南西だそうです。
冷蔵庫にあるもので作ったので、縁起担ぎの具とかよくわかりません。
卵、きゅうり、焼き豚、沢庵。

寿司酢はお正月のたたきごぼうがやっと無くなったので(まだ食べてたんかい!)、その漬け汁に少し酢を足してリサイクル料理として使いました。
そこはかとなく香るごぼうの風味が割とイケましたww

さて・・・豆でも食べるか~。
年齢が年齢だけに、これも一仕事ですw
スポンサーサイト




2010年02月03日 (水) | 編集 |
ノサカレイ、最後のお仕事は自選集ですw

詠み方については、あまり奇抜にならないように、”分かりやすい言葉を使った妄想しやすい短歌”を目指しました。
私自体が難解動物なのと、31文字についいろいろ詰め込もうとしたのとで、失敗したものもたくさんあります><が、2009年は、2008年の野坂りうよりもじっくり粘って詠んだ(つもりな)ので、詠み終わって時間が過ぎた今もその時の気持ちが思い出され、自分で気に入ってる歌が2008年より多いように思います。
途中、スランプに陥りましたが、最後の最後で納得のいく短歌を詠むことができるようになりました。
やっぱ、私にとって短歌は焦ってひねり出して詠むものじゃないみたいです。

歌の解説を途中からやめました。
解説をするのをやめるのは、自分の気持ちを隠さず全部伝えるのをやめるのと同じことです。
解説を書く時間がない、というのは表向きの理由だったように思います。
最後のグスクを失った時から、私は私の伝えたい!分かって!という気持ちを、少しずつ少しずつ、殺していきました。
自己防衛のためです。
解説をやめて、伝えたい気持ちを殺していくと、短歌も詠めなくなっていきました。
スランプ到来w
それでも短歌を詠んでいたのは、伝えたい気持ちを殺しても、想いは消えずに残っていたからです。

今は、自分でもよく分かりませんが、わりと良い感じに消化中だと思います。
2009年の最後のほうで、スランプながらも素直に詠めるようになってきたような、なってないような?
前みたいな伝えたいが先行している力ずくの短歌はもう詠めないような気がしますが、時々じわっと出てくるものはあるので、それを詠めたら良いなって思ってます。

003:助
補助輪をすべてはずしたあの朝の光で発芽しちゃったあたし

私にしてはめずらしくキラキラしてる感じの短歌で、気に入ってます^^

010:街
少しずつ街を追われていったのです最後のグスクも失いました

この短歌を詠んだ時の気持ちを思い出すと、今も苦しくなります。

015:型
ゆるまって型からはずれ海へ出たあたしゆっくり青になってく

二人でいるとどんな風に居心地がよく気持ち良いか、思い出しながら詠んだ短歌。

024:天ぷら
だからって死ぬわけじゃなし花見して鮎の天ぷら食べてる日曜

そーだそーだ、死ぬわけじゃなし、天ぷらもちゃんと食べられるー。

029:くしゃくしゃ
幾たびもくしゃくしゃにした約束をきみは果たして天国へゆく

この”約束”は私との約束ではなくて、私は単なる傍観者で第三者です。

031:てっぺん
ビリビリとあたまのてっぺん剥けてきてあたしもうすぐ新型になる

ビリビリビリーッ!で、でるー!!

092:夕焼け
楽園は今年で閉園するらしくこんな夕焼けもう二度とない

美しい夕焼け、美しい満月、美しい海、美しい紅茶、いつもいつも二度とないものばっかりなんですよー。

100:好
好きになり諦めてまた好きになる来年もっかい好きになりたい

年明けましたね。


続きには全首一覧を載せて、気に入ってるものは太字にしてあります。
[続きを読む...]