FC2ブログ
写真、短歌、日々の思ったこと。
2010年02月22日 (月) | 編集 |
平成22年2月22日です。
記事番号も偶然に2222番でビックリしました。

今日、むぎちゃんに避妊手術を受けさせるために、病院へ連れて行きました。
今頃は麻酔から目覚めて、ゲージの隅っこでうずくまって怖がっているはずです。

避妊手術を受けさせるかどうか、すごく迷いましたが、答えはひとつしかありませんでした。
私にはむぎちゃんの世話だけで精一杯、たくさんの子猫の面倒を見るのは無理です。
むぎちゃんは私の勝手な都合によって子供を産めなくなり、産めなくなったことさえ気付かないのだと思います。
後に戻れない選択をしなければならない時って、いつもこういう風に苦しい。

小さな頃から私のそばで育って、私がいくら叱ったりそっけなくしても、いつもそばにくっついてきたむぎちゃんは、私のことを信頼していたと思います。
病院へむぎちゃんを連れて行くとき、私が今からする、これはむぎちゃんへの重大な裏切りだと思いました。
この裏切りをなかったことには出来ないけれど、これからむぎちゃんが健康で楽しく長生きできるようにしてあげたいなって思います。
きれいごとをいくつ並べても無意味で、私は私がしたことを忘れないようにしないといけない。
4時にむぎちゃんを迎えに行きます。
スポンサーサイト