FC2ブログ
写真、短歌、日々の思ったこと。
2010年06月22日 (火) | 編集 |
「告白」
 湊かなえ

 双葉社
 2010年04月発行
 650円

映画を観る前に原作をと思って読みました。
お風呂で一気読み!

読み始めてしばらくして、強い力でどんどん物語の中に引き込まれて行くのが分かりました。
最初から最後まで、気持ちよい話はひとつもありませんでした。
なのにこれほど物語に引き込まれてしまうのは、自分の中の見栄、甘え、弱さによる共感と、野次馬根性が刺激されたことによるものかも知れません。

勝ちも負けも加害者も被害者も何もない、誰一人救われないラスト。
一人一人の心が少しずつ誤解をしていただけなのに、こんなに大きな不幸になってしまうとは。

負の雪だるまの最初の核を作らないこと。
負の思い込みから早い段階で抜け出すこと。
もしも自分のその思い込みが悲しい真実だと知っても報復をしないこと。
切に願う望みが叶えられなくても報復をしないこと。
潔い諦めを持つことが大切なのかも。
何も望まず、良くしようとせず、ぼーっとして何にも気付かず、流れのままに生きるのが一番幸せなのかもって思いました。

レディスデーに映画を観るかDVDを待つか悩み中~。
スポンサーサイト