FC2ブログ
写真、短歌、日々の思ったこと。
2011年01月22日 (土) | 編集 |
第9章、物語文学の展開。

『竹取物語』と『源氏物語』の間に書かれた、『うつほ物語』、『落窪物語』、『住吉物語』のうち、うつほと落窪について。
物語の説明の中に、「色好みの男性」というキーワードが出てきた。
色好みっていうのは、今の意味で言ういわゆる「女好き」と違い、何よりも恋愛に重きをおく男性のことなのだそう。
というと女好きとどー違うの?って言われそうw

平安時代の男性は、相手の家柄や資産で妻を選ぶ男性が圧倒的に多かったのだそうです。
色好みの男性というのは、そういったことで相手を選ばず、自分が心から愛せる女性を妻にしたいと思う男性のこと。
女性側からしたらそりゃあ、逆玉狙いで自分のことを打ち出の小槌としか思ってない男性より、自分を愛し、大切にしてくれる男性が良いに決まってます。
色好みの男性の出てくる物語は、まさに少女漫画の世界だったのかも知れません。
男性側からしても、色好みの男性の生き方が羨ましい部分もあったのかも。
そういうわけで、王朝時代の物語の主人公の男性はこの「色好み」でなければならなかったのだそうです。

「落窪物語」の主人公の男性、右近の少将道頼(みちより)も、例に洩れず色好みの男性。
ある日乳母にこう言われ、諭されます。

「上流貴族の子弟というものは、はぶりのいい妻家からも大事に世話されていてこそ、はなやかな感じがするものですのに、落窪の君などと名づけられた人を、そのようにたぐいなく思って大事にしていらっしゃるなんて、みっともない。やっぱり奥方様になられる方は、ご両親お揃いで何かにと大切にお世話されているような姫君こそ理想的です。」
こう言われた道頼は「面うち赤めて」、つまりムキになって言い返します。
「古めかしき心なればにやあらむ、今めかしく好もしきこと欲しからず、・・・父母具(ちちははぐ)したらむをともおぼえず、落窪にもあれ上がり窪にもあれ、忘れじと思はむをば、いかがはせむ」

<現代語訳>
「自分は古めかしい考えかも知れないけれど、はなやかで皆が好むようなことも欲しくない、両親が揃っていて欲しいとも思わない。落窪だか上がり窪だか知らないけれど、大切にしたいと思う心はどうしようもない」
あードキドキする!w
人生にはやはり情熱的に想われるってことが必要だわー。
あの人でなければならないとか、自分でなければならないとか、何かにつけて人ってそういう風に思われたい生き物だと思う。

「落窪物語」の前半は、道頼が継母に虐待を受けていた落窪の君を見初め、恋をして、妻とするまでの物語なのだけど、テーマが純愛、一夫一妻なのでそれ以上恋の話を続けるわけにもいかず、後半は道頼が継母と見て見ぬ振りをしていた父に報復するという話でつなぐことになったのだそう。
藤原先生いわく、この後半のぐだぐだを乗り越えたのが源氏物語だと言えるらしいです。
スポンサーサイト




2011年01月22日 (土) | 編集 |
時をかける少女はおぼろ雛壇のお内裏さまを人違いして


■題詠blog2010 「066:雛

2011年01月22日 (土) | 編集 |
骨に刻むべきかと思うあの人と歩みし君をはじめて見た日


■題詠blog2010 「065:骨

2011年01月22日 (土) | 編集 |
閉じ込めた「もう会わない」をパイ皮のふたごと食べる君の欲望


■題詠blog2010 「064:ふたご
[続きを読む...]

2011年01月22日 (土) | 編集 |
IMGP1298.jpg2月にカンボジアとベトナムに行くことになりました。
ベトナム人の友達が旧正月で帰国するので、それに合わせて向こうで会おうと思います。
正月中は家族で過ごすだろうから、その間はカンボジアのアンコールワットを巡ることにしました。
初めて行く国だから、すごく楽しみ~

VISAは旅行会社に頼むと手数料が高いので、自分で申請しました。
カンボジアの空港でも取れるらしくてそちらの方が料金は安いのだけど、初めてなので確実に日本で取得しておくことに。
下のリンク先を参考にして申請したら、3日でVISAの貼られたパスポートが返ってきました。
ちゃんと取れるか心配だったけど、超簡単だった!

在日カンボジア大使館サイト
■国境なき世界で「カンボジアビザ申請用紙の書き方」

2011年01月22日 (土) | 編集 |
第8章、物語文学の形成。

日本語を日本語で書くことが出来るようになった日本人。
水を得た魚のように、物語を作り始めます。
「伊勢物語」と「竹取物語」。

伊勢物語は在原業平(ありわらのなりひら)という実在した人物を主人公にした物語。
散文+短歌で構成されているのだけど、採用されている短歌が色っぽくて私は好きだー!なりひらー!w
本人作の短歌ではないものも含まれているらしいのですが。
思ひあらば葎(むぐら)の宿に寝もしなむひしきものには袖をしつつも

<現代語訳>
思いがあれば粗末な葎の宿でだって共寝はできる、着物の袖を敷物にして
「ひしきもの」は引敷物で敷物の意味と、この歌を添えて女性に贈られた海草のひじきと両方の意味があるのだそう。
ひじき・・・贈ってたのか~w
平安時代の価値観がどんなものなのかは分からないけど、でも、何か意味があってひじき贈ってもらったら、えっなんで?って思ったあとに歌を読んで理由を知って、なりひらったら~!wみたいな微笑ましい気持になるかもしれないと思う、妄想協会長なのでしたw

その後、この女性は帝のもとに入内し、住んでいた家を引き払う。
女性のことが恋しくなって尋ねてみると、御簾(みす)や畳なども取り払われた寂しい家に、梅の花だけがきれいに咲いていた。
月やあらぬ春やむかしの春ならぬわが身ひとつはもとの身にして

<現代語訳>
月も去年の月とは違う、春も去年の春とは違う。我が身一つだけがもとのままなのだ・・・
梅の花は去年と変わらずきれいに咲いているのに、業平の目には同じに映らない。
女性を失って世の中のすべてが変わってしまったような喪失感がなんともいえない。
今までは源氏物語を一度ちゃんと読んでみたいと思っていたけれど、その前に源氏物語の元ネタとなっている伊勢物語を読まなきゃだわって思った。

「竹取物語」の元ネタは中国の神仙譚(しんせんたん)とも言われている。
美女と名高いかぐや姫を妻にしようと五人の男性が言い寄り、かぐや姫の出した難題に向かう話がメインだけど、その五人意外の帝とかぐや姫の関係がすごく良くて、これも読んでみたいと思うようになった。
帝も最初はかぐや姫に入内を命じ、断られると強引に連れ去ろうとするのだけど、かぐや姫はまぼろしになってしまい、連れ去ることができない。
帝はかぐや姫を妻とすることは諦めざるを得なかったのだけど、それからは四季の木草などにつけての手紙や歌のやりとりが生まれ、肉体関係なしの心の深い繋がりが出来たのだそう。
なんか良いなって思った。

2011年01月22日 (土) | 編集 |
第7章、『古今和歌集』の世界。

漢詩から和歌への影響と移り変わりについて。
この授業が古事記から万葉集、漢詩、和歌への移り変わりについて時系列で分かりやすくなっていることに、ようやく気付きましたw
文字のなかった日本に漢字が輸入されて言葉を文字として残せるようになって、それから、言葉を外国語で記す不便さを解消するためにひらがなやカタカナを作り出して普及していく。

既存のものを、より自分たちが使いやすくしていくという発想って、日本人が日本人になった時からずーっと受け継がれている性質なんだなって感じた。
仏教と神道とを融合させるとか、この世に不可能がなくなるくらい柔軟といえば柔軟、自分がないといえば自分がない日本人ってとても可愛らしいなって思ったw
どっち付かずの性格のせいで、世界の中でビミョーな位置になることも多いけど。

漢字が輸入されたことで、中国人の考え方が日本人にすごく影響を与えたんだなっていうことが理解できた。
例えば、万葉集の額田王(ぬかたのおほきみ)の、
君待つとわが恋ひをればわが屋戸の簾(すだれ)動かし秋の風吹く

<野坂訳>
君が来るのを待ちわびてたから、風が簾を吹き動かしただけで、き、来た!?って思ってドキドキする~
っていうw短歌。
この短歌の元ネタも中国の漢詩からだそうで、漢詩にもよく見られる題材で、元々は中国・南朝の呉地方で歌われた民謡らしい↓
夜相思 風吹窓簾動 言是所歓来

<書き下し文>
夜相ひ思へば、風窓簾(そうれん)を吹きて動かす。言(おも)ふ、是れ所歓(いとしきひと)の来ませるかと
そのまんまかよ!w

そして小野小町の有名な短歌、
花の色はうつりにけりないたづらに我が身世にふるながめせしまに

<現代語訳>
花の色は盛りを過ぎて色あせてしまった。春の長雨が降り続く中で私が物思いにふけっている間に
も、花の色を女性の容姿に例えて老いに結びつけるという表現も、中国の漢詩に多く見られる人気テーマだったそう。
中国や韓国には日本のパクリものが多いけど、昔の日本人も相当パクってたみたいです。
いやあ、ルーツが一緒なんだねぇ~って感じw

でも、小野小町の上の短歌にはさまざまな工夫が凝らされていて、その工夫がただのパクリじゃない、日本人的だなあって思う。
例えば、「いたづらに」が前の「うつりにけりな」と後の「我が身世にふる」の二つに掛かっているとか、「我が身世にふる」の「ふる」が「世に経る」と「雨が降る」の二つの意味があるとか、「ながめ」も「長雨」と「眺め」の掛詞だとか、そういうとこがすごい。
この短歌詠んだ時、小野小町はさぞかし気持ちよかっただろうな~w
出来た!すごいの出来た!!
みたいなw