FC2ブログ
写真、短歌、日々の思ったこと。
2011年03月11日 (金) | 編集 |
題詠2010を終えて一言。
また完走できなかった・・・無念。
へこむわー。
ネタ切れとか言ってる私は人から歌人なんて言われると、『ち、違いますよっ!!(汗)』と(心の中で)叫んでしまいます。
でも、「歌人(かじん)」って広辞苑で引いてみたら、「和歌をよむ人。うたよみ、うたびと。」と書いてあった。

和歌を詠んだら誰でも歌人なのか・・・
そっか・・・なんか違うんだけどなー・・・
でもま、細かいことはいっかw

というわけで苦労した2010ですが、無事に完走しました。
最後までお付き合い頂きまして、ありがとうございました。
完走後の恒例ですので、自分で自分の短歌の中から今読んで良いなって思うものを選んでみました。
あ、選んだ短歌にはちょっこし感想を書いておきました。
良かったら見てやって下さい。

ていうか今、恒例って打とうとして高齢って出て、なんかあわわわ・・・ってなった。
私も、高齢とかお年は?とかシワとか更年期とか、そういう単語にドキーっとする年頃になったのねぇ。
ふぅ・・・



■題詠blog2010 自選七首

010:かけら
助手席に残されているお茶会のマフィンのかけらと君の残り香

思い出して幸せになったり、寂しくなったり。

011:青
どうしても綺麗なままで終われない青いソーダと白いクリーム

この短歌、良いんだけど、まとまりすぎている感じが今はちょっと苦手。
前にも書いたかもだけど、私はクリームソーダの氷に引っ付いてちょっと固まっているアイスが好きですw

020:まぐれ
まぐれでは君に逢えない運命をDIYするあたしのやり方

DIYって好きじゃないと出来ないですからね。
こういうちょっと強めの短歌をまた詠みたいな。

029:利用
4日前、君と二人で利用した部屋に満ちてたノロケウイルス

潜伏期間は1目~3ヶ月、発病したら完治は望みたくないノロケウイルス。

044:ペット
「大丈夫」左のパペット「そばにいる」右のパペットさよなら孤独

さよなら孤独。
この歌詠んでから、ちょっと孤独じゃなくなった。

055:アメリカ
深いこと考えないという君にそこはかとなく香るアメリカ

でも、アメリカは対応早かったりする。
そこは君と違うw
でも君は日本人だから、そこはかとなく香るくらいでいい。

063:仏
降る雪を窓越し眺めしましまの猫と並んで涅槃仏する

自宅リビングから見る雪景色が好き。
猫と一緒にしんしんと降る雪を見ていると、とても静かな気持ちになる。
なむー・・・・  (ぐー・・・)


続きには全首一覧を載せて、気に入ってるものは太字にしてあります。
[続きを読む...]
スポンサーサイト