FC2ブログ
写真、短歌、日々の思ったこと。
2011年10月18日 (火) | 編集 |
二、三日前、久しぶりに夢を見ました。
最近夢を見ないなあと思っていたら、その夜に、大洪水の夢。

夢が始まった時、私はすでに家から避難していました。
家は現実とはちょっと違うとこに建っていたけれど、そこは夢。
本来ならそこも危ないやろ!っていう家の裏の崖に避難して家を心配していました。
違和感まったくなしですw
避難はしていたけれど、私の家はまだ浸水していなくて、道路の向いの私の家より少し低い位置にあるYさん家もまだ無事でした。
うちの家は山側だからまだ良いけど、川のすぐ傍に家があるYさんたちは、もうそろそろ避難したほうがよさそうなのに、Yさん家の人たちはどうしたのか一向に見当たりません。
ていうか、夢には私以外の人は一人も出てきませんでした。
正確に言えば、生きてる人は、ですけど。

私は何をするでもなく、ずーっと川がごうごう流れるのを見ていました。
どんどん水かさが増えて、Yさん家が浸水し始めて、全部浸水して、とうとう自分の家が少しずつ水に浸水されていくのを、ずっと見ているだけでした。
時間は少しはあったと思います。
家に戻って必要なものを持ち出す時間くらいはあったような。
家が浸水し始めた時に、そういえば防寒具も着替えもお金も何も持ってないということに気付いて取りに帰ろうかと思ったけれど、その時はもう間に合うか間に合わないかギリギリの状態で、とにかく川がものすごい勢いで流れていたので、私は荷物を持ち出すのを諦めました。
何やってたんだ><と思ったけれど、もうしょうがない。
家がどんどん水に浸かっていくのをただ見ているだけでした。

そしてとうとう家が屋根まで水に浸かってしまいました。
夜になり寒くなってきて、布団を持ち出しておけばよかった・・・と思ったり、いやそれよりなんで最初にお金と携帯と防寒着くらい持ってこなかったんだろう・・・あとそういえば食べ物もない・・・と気付く私。
遅い、遅すぎる・・・。
そんなこんなしているうちにふと、そういえばお母さんは大丈夫かな?と思い出して心配になりました。
現実では母は亡くなってすでに10年以上経っているのだけど、夢の中では生きていて、しかもまだ元気にスナックwをやっている頃らしく、仕事に行ってるはずだけど、大丈夫かな・・・とすごく心配していました。

と、ここでたぶん1回、軽く目が覚めましたw
むぎちゃんが鳴いてた気がする・・・
でも私には二度寝で夢の続きが見られるという特技があって、続きを見なきゃ!と思ってすぐに寝ました。
そんな風に寝ても、夢の中ではそれを夢だと思っていませんw
私は母を捜しに行くことにしました。

夢なので、勝手に場面が切り替わってます。
洪水の水はだいぶ引いていました。
そして私は、本当なら家から車で15分くらい掛かる、母のお店のあるビルの入口にいます。
母のお店は2階。
浸水していたと思われる瓦礫を避けながら入口を入り階段へ向かうと、誰かが倒れているのが見えました。
母ではありませんでした。
知らない男性が、段のところで力尽きたように・・・死んでました。
私は怖くなり、まさか母も死んでいるんじゃないかと心配になり、「お母さん!」と呼びながら階段を上っていきました。
階段のコの字部分でもう一人、その先の階段にもう一人、男性が亡くなっていました。
私は、あかんー!!ってなって、「お母さん、どこ!?、お母さん!」と呼びながら、2階の突き当たりの母のお店に向かいました。
母の返事はありません。
ドアの開いているお店に、悲しい気持ちとすがる気持ちで苦しくなりながら入りました。

お店の中は洪水のせいでぐしゃぐしゃになっていました。
母の姿を必死で探しましたが、見当たりません。
もしかしたら上の階に避難したのかも!と思い、3階、4階と探しながら上って行きましたが誰もいませんでした。
水は3階まで来ていたようで、ここまで水が来ていた、という跡が残っていました。
私は母のことを思っていました。
どこへ行ったんだろう?生きているかな・・・
死体がないのだから、死んではいない・・・かも知れない・・・

目が覚めました。

こんな夢を見たのは、夜に雨が激しく降っていたからかも。
TVで見る震災や洪水の様子が何となく夢に現れていたような、でも所詮夢なような。
けれど、絶望的な状況のなか、祈るような気持ちで家族を探す人の気持ちは少しは分かった気がします。
よく分かったとはとても言えないけれど、でもあの悲しくて、少しの希望を一生懸命つなごうとしてしまう苦しい気持ち、私は今まで想像できてなかったなって思いました。
想像できるものじゃないとは思っていたけど、本当にそうだなって思いました。

夢でも母に会えないのかと残念だったけど、この夢は母から私への忠告だったのかも。
「自分でしっかりしとるとか一人で何でもできると思っとるみたいやけど、ほら、こうなったら何も持ち出せてないくらいうっかりなんやでw」
「何もかもがなくなる、誰もいなくなるってすごく怖いやろ?大切にせなあかんのやで。」
・・・うん、わかった。
気をつける。
わかってないかもだけど、気をつける。

2011年10月18日 (火) | 編集 |
食堂かたつむり食堂系(?)の映画に期待するものは、普通の映画とちょっと違ってて、キッチンの仕様、料理シーン、料理の出来栄えが映画そのものの評価になってしまいます。
この映画は、う~ん・・・67点かな(ごめん)。

せっかくの恵まれた食材が映画的に生かされてなかったような・・・。
かもめ食堂のような、うん!そう!!といった感じがありませんでした。
でも、食堂を作るときのDIYシーンはちょっと楽しかったです。
漆喰塗ってタイル貼るとか、まだやったことのないDIYが出てきたので興味津々でした。

ストーリーは時々突拍子もなかったりするんだけど、まあまあかなー。
よくわかんないけど、生きるってこんなんやな~って感じはしました。



2011年10月14日 (金) | 編集 |
積もる葉にどうして?なぜ?を重ねればフリーズのち夜、時々故障


■題詠blog2011 「013:故

2011年10月14日 (金) | 編集 |
この星でいちばん堅い鎹は君とあたしを繋いでいない


■題詠blog2011 「012:堅

2011年10月12日 (水) | 編集 |
小豆と栗の秋タルトタルト台は、パータシュクレ(甘いクッキー生地)を下焼きして、その上にカシューナッツプードルで作ったアパレイユを流して焼いたもの。
塩を効かせて炊いた小豆とカスタードと渋皮栗煮をのせ、トッピングには渋皮煮のシロップで甘みをつけた生クリームとブラックココア。

ありそうであまり見かけない、小豆と栗のタルト。
サクッとしたタルト台、まったりとしたカシューナッツの生地、とろりとしたクリームとこっくりした小豆と栗、そしてアクセントの塩味、口の中で一緒になると、あああ~ってなりますw

本日、食欲の秋スイッチ入りました!


2011年10月08日 (土) | 編集 |
小豆のサヤだしちまちまと、小豆をサヤから出す仕事。
茶色くカサカサになった豆から採って干し、サヤから出してます。

小豆は生り始めて最初の豆がみんな虫に食べられてしまい、無農薬は無理か~と思っていたら、二番目、三番目の花がちゃんと実をつけてくれました。
虫が付く時期が決まっているようで、二番目、三番目の花の時期には虫は巣立っていってしまうようです。
一番豆を虫にあげる分、収穫量は減ってしまうけど、薬なしでもお赤飯や餡子を炊く分は収穫できそう。
最終的にどれくらい収穫できたかは、豆を全部処理してから報告します。

2011年10月08日 (土) | 編集 |
伊吹山白山登山で調子付いた山登り。
とりあえず登ったことのない山を手当たり次第登る!ということで、今回は滋賀県の伊吹山(標高1,377m)へ。

ヤマレコによると、登山口の標高が220m。
標高差1157mの登山です。

登山口ゲート  登山口
AM10:44 ゲートをくぐって、建物の脇にある登山口から登り始めました。
登山口から山頂まで6キロと表示がありました。

一合目  廃墟旅館
AM11:09 一合目(標高420m)着。
登山口から一合目までは薄暗い林道。
なのに一合目に着いたとたん、急に木がなんもなくなってビックリ。

ここは・・・冬、ゲレンデなのかな?
松井旅館、廃墟っぽくて素敵な感じになってるけど・・・。
そういえば、スキー歴20年以上だけど、ここのスキー場って来たことない。
今シーズン、雪があったら来てみようかな。

パラグ一合目の野原ではパラグライダーをしていました。
野原でやるのは楽しそうだけど、空に浮かびたくないな
私は、スカイダイビング、バンジー、その他そっち系はやらないと決めているのです。
だって危ないしw

伊吹の景色伊吹山、景色がすごく良いです。
登ってる間、ずーっと琵琶湖が見えるので、立ち止まっては景色を見ていました。

ススキ野原AM11:31 二合目(標高580m)着。
写真は二合目から20分ほど歩いたところにあるススキ野原です。
一合目からこの野原までのゲレンデを真っ直ぐ登る坂がキツイです。
この野原に来てやっとホッとできる感じ。

伊吹三合目  伊吹四合目

伊吹五合目AM11:58 三合目(標高720m)着
PM12:12 四合目(標高800m)着
PM12:23 五合目(標高880m)着
六合目までは、琵琶湖を背にして登るような登山道でした。
背の高い木がないので見晴らしが良いです。


伊吹六合目非難小屋  伊吹六合目非難小屋の外観
六合目手前の非難小屋、石積みの壁が素敵な、とても綺麗な小屋です。

伊吹六合目非難小屋の入口  伊吹六合目非難小屋の部屋の中
中もこんなに綺麗です。
スリッパも完備!w
ここなら泊まってみたい気がする。
晴れた日の夜はきっと星も眼下に広がる夜景も綺麗だと思う。

伊吹七合目PM12:42 六合目(標高990m)着
PM12:56 七合目(標高1080m)着


行導岩  行導岩アップ
八合目の手前にある行導岩。
小さなお堂が岩の上に乗っています。
詳しくは写真をクリックして説明を読んでくださーいw

伊吹八合目PM13:11 八合目(標高1220m)着
八合目は広場になっていてテーブルや椅子も設置されています。
お昼過ぎだったからか、ここでお弁当を食べている人たちもいました。

伊吹八合目からの景色八合目からの景色です。
琵琶湖が・・・
なんていうか、この景色は、目で見たほうが良いと思います。

八合目から、急に岩の急な道になります。
でも、私はそっちのほうが楽しいw

伊吹九合目?  伊吹山頂付近の分岐
九合目の表示がなかったんだけど、どうやら駐車場が九合目らしいです。
駐車場への分岐点がありました。

駐車場・・・?と思った方。
そう!伊吹山は九合目まで車で登れるのです!w
だから見ようと思えば楽~にこの景色を見に来ることができるんですよ~。
ここまで来れば、頂上はもう、すぐそこです。

伊吹の像てことで、山頂ー!


・・・ではなくてw

一等三角点ここが山頂、伊吹山の一等三角点。
PM13:45 山頂(標高1377m)着
てかなんでヤマトタケル?と思ったら、伊吹山に荒神を成敗しに来てたのだそうで。
古事記とか、ちゃんと読んでないのバレバレ

山頂の売店  ソフトクリームと伊吹牛乳
山頂の様子ですが・・・
車で九合目まで来られるとあって、山頂にあるまじき観光地ぶりw
売店あり、伊吹蕎麦あり、牛乳も飲めるし、ソフトクリームも食べられる!
夢のような山です~。

伊吹山頂付近  伊吹山頂付近のようす
山頂はかなり広いです。
左の写真のログハウスはお寺です。
右の写真は雲に注目。
白山のように雲の上の人にはなれないけど、雲がかなり近い位置にあります。

伊吹分岐からPM15:06 下山開始

帰りはさっきの九合目?の分岐を少し行った、見晴らしの良い場所に寄りました。
振り返って山頂を見るとこんな感じ。

光る琵琶湖天気が良かったので、琵琶湖がテカってる。

帰りみち登って来た道を下ります。

伊吹帰りのススキ道  伊吹パラグライダー
登りの時は背にしていた琵琶湖を見ながらの下山です。
PM16:42、パラグライダーがまだ飛んでいました。
すんごく高い所まで飛ぶんですね。
無理やわ、これは。
高所恐怖症ではないんだけど。

PM17:20 登山口着。
スタートが遅かったけれど、暗くなる前に無事に下山できました。

今回は天候に恵まれて、素晴らしい景色の中を気持ちよく登ることができたけど、伊吹山って山頂がガスっぽくなることが多いそうです。
木がないから夏はもろにお日様が照りつけてきて暑いし、冬は風が吹きすさんでそれはもう寒いそうで。
でも景色はすごく良いので、雲の少なそうな気温そこそこのお天気の日、そういう日にまた登りたいです。
できれば、夜の非難小屋泊&夜景と星空も。
想像しただけでロマンチックやわ~

2011年10月05日 (水) | 編集 |
水玉ペディキュア←あれから約ひと月の爪。
意外と長持ちしていたけれど、秋も深まってきたことだし、いつまでも水玉じゃね・・・。

てことで、塗りなおしました。
前々から付けてみたかった、ストーンを少し乗っけてみることに。

10月だわ塗り塗り・・・
描き描き・・・

今月はこんな感じで。

カボチャですよ、カボw少し寄って見るとこんな感じ。
やばい、はまりそうだわww



2011年10月04日 (火) | 編集 |
君を知りmobageなんてゲームでは満足できないアラフォーとなる


■題詠blog2011 「011:ゲーム

2011年10月04日 (火) | 編集 |
焼芋庭で焚き火して焼芋。
これはベニアズマ。
今年の芋、ほくほくして上出来