FC2ブログ
写真、短歌、日々の思ったこと。
2011年10月18日 (火) | 編集 |
二、三日前、久しぶりに夢を見ました。
最近夢を見ないなあと思っていたら、その夜に、大洪水の夢。

夢が始まった時、私はすでに家から避難していました。
家は現実とはちょっと違うとこに建っていたけれど、そこは夢。
本来ならそこも危ないやろ!っていう家の裏の崖に避難して家を心配していました。
違和感まったくなしですw
避難はしていたけれど、私の家はまだ浸水していなくて、道路の向いの私の家より少し低い位置にあるYさん家もまだ無事でした。
うちの家は山側だからまだ良いけど、川のすぐ傍に家があるYさんたちは、もうそろそろ避難したほうがよさそうなのに、Yさん家の人たちはどうしたのか一向に見当たりません。
ていうか、夢には私以外の人は一人も出てきませんでした。
正確に言えば、生きてる人は、ですけど。

私は何をするでもなく、ずーっと川がごうごう流れるのを見ていました。
どんどん水かさが増えて、Yさん家が浸水し始めて、全部浸水して、とうとう自分の家が少しずつ水に浸水されていくのを、ずっと見ているだけでした。
時間は少しはあったと思います。
家に戻って必要なものを持ち出す時間くらいはあったような。
家が浸水し始めた時に、そういえば防寒具も着替えもお金も何も持ってないということに気付いて取りに帰ろうかと思ったけれど、その時はもう間に合うか間に合わないかギリギリの状態で、とにかく川がものすごい勢いで流れていたので、私は荷物を持ち出すのを諦めました。
何やってたんだ><と思ったけれど、もうしょうがない。
家がどんどん水に浸かっていくのをただ見ているだけでした。

そしてとうとう家が屋根まで水に浸かってしまいました。
夜になり寒くなってきて、布団を持ち出しておけばよかった・・・と思ったり、いやそれよりなんで最初にお金と携帯と防寒着くらい持ってこなかったんだろう・・・あとそういえば食べ物もない・・・と気付く私。
遅い、遅すぎる・・・。
そんなこんなしているうちにふと、そういえばお母さんは大丈夫かな?と思い出して心配になりました。
現実では母は亡くなってすでに10年以上経っているのだけど、夢の中では生きていて、しかもまだ元気にスナックwをやっている頃らしく、仕事に行ってるはずだけど、大丈夫かな・・・とすごく心配していました。

と、ここでたぶん1回、軽く目が覚めましたw
むぎちゃんが鳴いてた気がする・・・
でも私には二度寝で夢の続きが見られるという特技があって、続きを見なきゃ!と思ってすぐに寝ました。
そんな風に寝ても、夢の中ではそれを夢だと思っていませんw
私は母を捜しに行くことにしました。

夢なので、勝手に場面が切り替わってます。
洪水の水はだいぶ引いていました。
そして私は、本当なら家から車で15分くらい掛かる、母のお店のあるビルの入口にいます。
母のお店は2階。
浸水していたと思われる瓦礫を避けながら入口を入り階段へ向かうと、誰かが倒れているのが見えました。
母ではありませんでした。
知らない男性が、段のところで力尽きたように・・・死んでました。
私は怖くなり、まさか母も死んでいるんじゃないかと心配になり、「お母さん!」と呼びながら階段を上っていきました。
階段のコの字部分でもう一人、その先の階段にもう一人、男性が亡くなっていました。
私は、あかんー!!ってなって、「お母さん、どこ!?、お母さん!」と呼びながら、2階の突き当たりの母のお店に向かいました。
母の返事はありません。
ドアの開いているお店に、悲しい気持ちとすがる気持ちで苦しくなりながら入りました。

お店の中は洪水のせいでぐしゃぐしゃになっていました。
母の姿を必死で探しましたが、見当たりません。
もしかしたら上の階に避難したのかも!と思い、3階、4階と探しながら上って行きましたが誰もいませんでした。
水は3階まで来ていたようで、ここまで水が来ていた、という跡が残っていました。
私は母のことを思っていました。
どこへ行ったんだろう?生きているかな・・・
死体がないのだから、死んではいない・・・かも知れない・・・

目が覚めました。

こんな夢を見たのは、夜に雨が激しく降っていたからかも。
TVで見る震災や洪水の様子が何となく夢に現れていたような、でも所詮夢なような。
けれど、絶望的な状況のなか、祈るような気持ちで家族を探す人の気持ちは少しは分かった気がします。
よく分かったとはとても言えないけれど、でもあの悲しくて、少しの希望を一生懸命つなごうとしてしまう苦しい気持ち、私は今まで想像できてなかったなって思いました。
想像できるものじゃないとは思っていたけど、本当にそうだなって思いました。

夢でも母に会えないのかと残念だったけど、この夢は母から私への忠告だったのかも。
「自分でしっかりしとるとか一人で何でもできると思っとるみたいやけど、ほら、こうなったら何も持ち出せてないくらいうっかりなんやでw」
「何もかもがなくなる、誰もいなくなるってすごく怖いやろ?大切にせなあかんのやで。」
・・・うん、わかった。
気をつける。
わかってないかもだけど、気をつける。
スポンサーサイト




2011年10月18日 (火) | 編集 |
食堂かたつむり食堂系(?)の映画に期待するものは、普通の映画とちょっと違ってて、キッチンの仕様、料理シーン、料理の出来栄えが映画そのものの評価になってしまいます。
この映画は、う~ん・・・67点かな(ごめん)。

せっかくの恵まれた食材が映画的に生かされてなかったような・・・。
かもめ食堂のような、うん!そう!!といった感じがありませんでした。
でも、食堂を作るときのDIYシーンはちょっと楽しかったです。
漆喰塗ってタイル貼るとか、まだやったことのないDIYが出てきたので興味津々でした。

ストーリーは時々突拍子もなかったりするんだけど、まあまあかなー。
よくわかんないけど、生きるってこんなんやな~って感じはしました。