写真、短歌、日々の思ったこと。
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011年11月30日 (水) | 編集 |
それでは、その2で挙げた継続したい点と問題点を見て考えた、2012年の手帳の使い方を発表します。

■継続したいとこ(良かった点)
1.月間カレンダーのスケジュール記入方法
2.年間インデックスの畑の記録
3.ヤフオクの出品管理(連絡、入金、送付、評価)
4.付箋による「to do」と「to buy」管理
5.完成レシピファイル
6.インデックス代わりの端の切り込み

まず、継続したい点の”2.畑の記録”以外は、新しい手帳でもそのままのルールでOKっぽいのでそうします。
ちなみに「6.インデックス代わりの端の切り込み」って何?って思った人っているのかな?
いちおう説明しとくと、こういうことです↓

端の切り込みインデックスが付いていない手帳の場合ですが。

手帳の端を、開きたい位置まで切っておくんです。
そうすると、そこを押さえて開けば当月を開くことが出来るという小技ですw
切ることのできる場所が上と下の2箇所あるので、私は月間と週間の2ヶ所を開けるようにしてあります。

2012 畑の記録そのままのルールが無理な「2.年間インデックスの畑の記録」については、とりあえず月間カレンダーの横の余白に、前年のいつに何をしたかを記入しました。
これを見ながら、この週はこれをしなければっていう予定を立てるつもりです。

よく考えたら体は一つしかないので、旅行などイベントのある時は畑をたくさんすることはないし、ひとつの月間カレンダーにスケジュールと共に書き込めないかな?って思ってこういう形にしました。
書込みがぐちゃぐちゃになりそうなら、途中で別な方法を考えるかも知れません。

というわけで、継続したい点を継続するためのルールは出来ました。
あとは問題点を改善した書込みルールを作るだけです。

■問題点
1.スケジュールの管理方法
2.更新中のレシピの管理方法
3.情報をどこに書いたか分からなくなる

■改善策
1.スケジュールの管理方法について
とりあえず今年は、スケジュールは手帳で一括管理することにします。
で、週の初めにその週の予定を再確認して、必要なら携帯のアラームをセットします。
いくらものぐさでもこれだけはやらないと。
うまく習慣化できれば良いのですが。

2.更新中のレシピの管理方法について
今までは小さい付箋だけを使っていましたが、今年は手帳に少し大きめの付箋も常駐させることに。
更新中のレシピはその大きめ付箋に書いて張ることにします。

2012付箋とミニノート付箋を貼り付ける場所は、完成レシピを書き込んだ手作りミニノートとします。
レシピは更新中のものも完成レシピもここで一括管理します。

ちなみに完成レシピのほか、住所録も手作りミニノートを作って書き込みました。
ミニノートは新しい手帳に移る時に書き直さなくて良いように・・って思って作ったけど、来年も同じ手帳を使うとは限らないんだな~、これがw

3.情報をどこに書いたか分からなくなる点について
手帳に書きとめておきたいスケジュール以外の情報は、とりあえず次の5つです。
1.読了本の題名、メモ、感想など
2.本やTVなどで見た気になるお店情報
3.読みたい本や観たいDVDの題名
4.名言など、気になる言葉
5.旅行時のスタンプや気に留まったこと

まず、「1.読了本の題名、メモ、感想など」については、リストとメモや感想を別に書くことにします。
リストは後ろのメモページ部分に見開き2ページ分作り、本の題名と著者、読み終えた日と○△×の簡単な評価だけを書きます。
本についてのメモや感想は、書くことがあれば週間スケジュールの横のメモ欄に書きます。

2012 読了本リスト  2012 本の感想など
読んだ本について、これってどんな本だったっけ?って思ったときは、読了本リスト(左画像)を見れば読了日が分かり、感想があれば読了日付近に書いてある(右画像)という仕組みです。
元来が大雑把な人間なので、続けられるかどうか分かりませんが、続かなければ、リスト自体が不用ということかルールを変える必要があるということなので、それはそうなったらまた考えますw

「2.本やTVなどで見た気になるお店情報」
「3.読みたい本や観たいDVDの題名」
は、付箋で管理します。
付箋を貼る場所はミニノートの表紙と決めて、ばらばらになってどこへ貼ったか分からなくならないようにし、情報の行き先(確定or消去)が決まれば付箋を処分します。
例えば、DVDの映画予告を見て、今度これをみようと思ったら付箋にメモしておいて、その後ネットレンタルの管理をしている時にその映画をまだ観たいと思っていたらネットのレンタルリストに載せて付箋を処分・・・とか。

「4.名言など、気になる言葉」
は、読了本リストと同じく後ろのメモページに、リスト形式にしてずらずらーっと書いていきます。

「5.旅行時のスタンプや気に留まったこと」
は、後ろのメモページに日付や情報ごと書いていきます。

というわけで後ろのメモページには、

・ヤフオクの出品管理(リスト形式)
・読了本リスト(リスト形式)
・名言など、気になる言葉(リスト形式)
・旅行時のスタンプや気に留まったこと(日記形式)

と4つの情報が書き込まれることになります。
メモページがぐちゃぐちゃにならないように、前年の書込みからページ数を予想して、あと時系列で書きたいものとそうじゃなくて良いものを考えて、前からと後から書くようにします。

さて、ルールも決まったし、今週から早速手帳を活用していきます!
てかもう水曜だけど(笑)
スマホデビューはたぶん、来年末か再来年になってから。
それまでは手帳をバンバン活用しますよ。
来年は今年よりもタイム&セルフマネジメントが出来る人になれますように~☆
スポンサーサイト

2011年11月30日 (水) | 編集 |
2011 通信指導
12月1日17時締め切り。
ギリギリだと殺到の恐れがあるので、今日終われてよかったー。
前回からネットで送付できるのでありがたいです。
だって郵送だったら1日必着ですよ。
速達で送って期限に間に合ったかドキドキしたこともあります><

なんでこうもまたギリギリになるのか・・・
脳のクセのせいだと思うんですよ・・・。
だからこの本↓、読んでみようかと思ってるんだけど。

どうだろうか・・・?

2011年11月30日 (水) | 編集 |
DVDで観ました。
小説も読んで、TVドラマでも観てストーリーは知っているのに、でもそれでもすごく入り込んで観られる映画でした。

堀北真希ちゃんが雪穂役をやるのを映画のCMで知ったときに、あの美しさはいける!と思いましたが、やはり良かったです。
桐原亮司役の高良健吾さんは、顔は知ってても名前は知らない人で、実はあんまり興味がなかったのですが、TVドラマ版の山田孝之さんと違って透明感のある亮司がすごく良かったです。
ていうか今回はほんと船越さんの素晴らしさを再確認しましたよ、私は!(笑)

とはいえ、この映画は子役あっての映画ですね。
最初は少ししか出てこないですが、ラスト間近になってからの子役の役割といったらもう・・・!
小説はもちろん言うことなしですが、この映画は小説と同じくらい良かったです。
はっきり言っちゃうと、TVドラマのよりこっちです。
胸がぐーっと苦しくなるので、精神状態が安定している時、または私のようにもうどっぷり行っちゃいたい時に観ることをお薦め致しますw


映画「白夜行」オフィシャルサイト(←注:音でます♪)

2011年11月29日 (火) | 編集 |
その1の記事で2011年の手帳をどんなふうに使ってきたかを見たので、2012年も継続したい使い方と問題点を挙げたいと思います。
・・とその前に。
新しい手帳の紹介です。

2012手帳2011年はほぼ日手帳を使っていましたが、見たところ一日ページをうまく使えてなくて、白紙のページが結構多かったです。
なので、来年は一日一ページではなくほぼ日手帳WEEKSという、週間スケジュールが主になった手帳を使ってみることにしました。
縦には長くなりましたが、厚みがだいぶ薄くなって収納しやすいです。

2011畑スケジュール  2012年間スケジュール部分
ただ、問題が一つ。
2011年に結構使っていた年間インデックスの書き込み欄が大幅に少なくなってしまいました。
(左が2011年、右が新しい手帳)
年間インデックスには畑のスケジュールを書いていて、これが結構便利だったので、この点をどうするかが悩み所です。
というわけで、この新しい手帳をどう使っていくか、まずは今年を振り返りつつ継続したい点と問題点を挙げてみます。

■継続したいとこ(良かった点)
1.月間カレンダーのスケジュール記入方法
2.年間インデックスの畑の記録
3.ヤフオクの出品管理(連絡、入金、送付、評価)
4.付箋による「to do」と「to buy」管理
5.完成レシピファイル
6.インデックスの代わりの端の切り込み

■問題点
1.スケジュールの管理方法
2.更新中のレシピの管理方法
3.情報をどこに書いたか分からなくなる(レシピ、読了本メモ、名言wなど)

1について
私はスケジュールを(ものぐさ人間にあろうことか)、1、手帳 2、携帯 3、PCの前にある月齢カレンダーと、3つのカレンダーで管理していました。
1の手帳は外出先で予定が入った時のため、2の携帯はアラームを鳴らすため、3の壁カレンダーはパッと素早く見るためでした。
ものぐさなりに、気をつけたい、忘れたくない、メモしなきゃ・・!という思いはあるのであーる。
が、必ずどれかに書き忘れてしまい(当たり前)、スケジュールがバッティングしてしまったり(←あかんやろw)、忘れてしまったり(←意味ないし!)。
もう、何やってんだお前はーっ!><って感じです。
これではいけない。
これは絶対に改善しなければならない最優先事項です。

2について
完成したレシピは完成レシピ集に書くとして、問題は改良中のレシピの管理の仕方でした。
これまでお菓子やパンを作るとき、レシピをメモ用紙に書いてPC周りに置いてて、気が向くとブログに書いたり、これで完成!となれば手帳に書いたりと、やり方が一貫していませんでした。
とにかく私は整理整頓が苦手で・・・
メモがどこかへ行ってしまったり、それが何のレシピだったか分からなくなったりはしょっちゅうでした(汗)
問題は、
1、書こうと思ったときに手近な所にメモがないこと
2、レシピ更新時に元のレシピがサッと出てこないこと
です。

3について
一日ページの使い方を決めていなかったのが原因かな。
面接授業などは受けた日から書き始めて何日にも渡って書いて、旅行をすればした日にスタンプを押し、レシピなどは作った日か空いてるページに書いて・・・
これでは勉強やスタンプやレシピがバラバラに記入されていってしまい、あとで見たい情報があった場合、探すのに苦労するのは当たり前です。
分かってるんだけど、どうやって書いていったら良いものか・・・
一冊の手帳にいろいろ詰め込むには、それなりの書込みルールを作る必要があります。
とりあえず、手帳に書きとめておきたいスケジュール以外の情報の種類を挙げてみます。

1.読了本の題名、メモ、感想など
2.本やTVなどで見た気になるお店情報
3.読みたい本や観たいDVDの題名
4.名言など、気になる言葉
5.旅行時のスタンプや気に留まったこと

これらをどう記載していくかというルールについては、その3で改善策として考えたいと思います。

2011年11月29日 (火) | 編集 |
潜水が得意なきみと木登りが得意なあたしの不思議な恋愛


■題詠blog2011 「027:水

2011年11月29日 (火) | 編集 |
共犯のきみにも告げられなくなってついに独りで震える秘密


■題詠blog2011 「026:震

2011年11月29日 (火) | 編集 |
手帳ノウハウ本の記事を書いていて、自分の手帳を1度ちゃんと見直そうと思いました。
まずは2011年の手帳はこんな感じで使ってましたってのを見てみます。

2011のほぼ日手帳今年の手帳はほぼ日手帳でした。
ほぼ日手帳はカバーを付けて買うとものすごく大きな手帳になるので、単品で購入。
カバーはフェ○シモでもらった手帳のものを流用して使いました。
ペンは自分でリフィルを選べるuniのもの。
シャーペンと黒、赤、青、茶が入ってます。

2011月間スケジュール主に使っていたのはこちらの月間カレンダーのページ。
決定済みの予定は青ペンで、TVや情報誌で見た、行くか分からないイベント情報などはシャーペンで、イベント名と場所と時間を短くキーワードにして書いていました。

2011畑スケジュールこちらも結構活用していた年間インデックス
ここには畑と庭のスケジュールだけを記入。
フリースペースにその月にしなければならない作業を書き、実際にやった作業を、
ほうれん草(種)=ほうれん草の種まき
キャベツ(定)=キャベツの定植
バナナ(替)=バナナの植え替え
という風に書いていました。

2011読んだ本ほぼ日手帳は一日一ページ書ける手帳なのですが、面倒くさがりでコツコツ嫌いの私は、一日一ページ何かを書くということがありません。
なので、一日ページはこんな感じ。

←読んだ本のメモや感想

2011レシピ←作ったお菓子やパンのレシピ

2011面接授業←面接授業のノート

2011放送授業←放送授業のノート(途中まで・・・)

2011スタンプ←旅行に行った時のスタンプ

2011白紙←白紙・・・

実はこの状態のページがすごく多いのです(汗)

というわけで、
「こんな感じで使ってました」を発表したあとは、継続したいとこ問題点の抽出改善策の提案をしなければなりません。

それについてはその2に書きたいと思います。

2011年11月28日 (月) | 編集 |
「すべての情報は一冊の手帳にまとめなさい」
 蟹瀬誠一&知的生産向上委員会

 三笠書房
 2008年12月30日発行

手帳活用術の本です。
「必要な情報がすぐに出る」
「一目ですべてがわかるスケジューリング&記録の技術」
「仕事ができる人はこの情報をすべて書く!」
「手帳を夢実現のツールとして利用する!」
について書かれています。

私は毎年、この時期に手帳を更新します。
前年の手帳の使い方を見直して、より使いやすい方法はないかと考えます。
今年こそは十分活用するぞ!と使い始めるのですが・・・
11月末くらいになっていざ今年の手帳を見直してみると、「あ~あ・・・」と自分にガッカリしてしまいます。

自分に思いつかない画期的な使い方があるのでは?と思い、2年前(!)にこのノウハウ本を手にしてみました。
が、手帳の選び方やキーワードでの記入など、この本に載っていることはすでに知っていることが多くてあまり参考にはなりませんでした。
あまり参考にならなかったこともあり、読み終わるのにこんなに時間が掛かってしまいました。
やっと読み終えることができてスッキリw

この本で特にメモすべきだと思ったのは、手帳活用の技術ではなく「Pressure makes diamonds」、”プレッシャーがダイアモンドを作る”という英語の格言でした。
すごく良い言葉だと思います。
あと、この本に載っていた、本田直之さんという人の考え方はちょっと良いかもって思いました。
「タイムマネジメントよりもセルフマネジメントが大切」
「小さなことを習慣化すること、それを繰り返すことでなりたい自分になる」
本田直之さんの本を読んでみたいと思います。

2011年11月28日 (月) | 編集 |
なめこ!!
立派なの見っけ~(大喜)
これだから山歩きはやめられんわー。
もっとキノコを覚えたいなあ。


2011年11月28日 (月) | 編集 |
ミステリーツアーに参加するように始まり未だツアーの途中


■題詠blog2011 「025:ミステリー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。