FC2ブログ
写真、短歌、日々の思ったこと。
2011年11月01日 (火) | 編集 |
レシピブログの「業務スーパー万能調味料で作るアレンジレシピ」モニター参加中。
前回作ったぽん酢ジュレを使って、簡単で見た目お洒落なサラダを作ってみました。
業務スーパーの濃縮ポン酢を使ったぽん酢ジュレは前回レシピを参照してください。

■材料(二人分)
キャベツ 3枚
玉葱 1/2個
人参 1/2本
ジャガイモ 1個
ブロッコリー 1/4房
ベーコン 2枚
塩 少々
胡椒 少々
ぽん酢ジュレ 好きなだけ

2011.10.27 野菜をカット■作り方
1.材料はこんな感じで切ります
2.ジャガイモだけを耐熱容器に入れ、700wのレンジで1分加熱しておきます

2011.10.27 重ねて~3.野菜とベーコンを適当に重ねていきます
4.上にラップをふんわりかけ、レンジで3分加熱します


2011.10.27 チンするだけ5.野菜がしんなりしたら上にぽん酢ジュレをかけ、プチトマトを飾って出来上がり

野菜の歯ごたえを残すのがポイントです。
ゆで卵やハムなどをのせて豪華にしても。
濃縮ぽん酢で作るぽん酢ジュレ、気に入ってます。
フツーのサラダでも見た目ランクがアップするのが嬉しいですw

業務スーパーの万能調味料を使ったアレンジレシピ大募集!業務スーパーの万能調味料を使ったアレンジレシピ大募集!
スポンサーサイト




2011年11月01日 (火) | 編集 |
私の最近の趣味は、乳酸菌の培養ですw
きっかけは、乳酸菌のうちの一つである1073R-1という菌がインフルエンザ予防に有効だというTVの報道でした。
早速ネット検索したら、明治乳業から発売されているヨーグルトにこの菌が入っているとのこと。
10年以上作り続け、食べ続けているカスピ海ヨーグルトの他に、新たにこのヨーグルトも自分で作って食べ続けることにしました。

1073R-1の培養実験市販のヨーグルトを半分食べて味を確認、残り半分に牛乳を混ぜて放置します。
2日後にヨーグルトが出来ていました。
2回継ぎましたが上手く培養出来ているようです。

カスピと比べると味が違います。
買ってきたR-1と同じ味です。
・・・が、一般家庭では乳酸菌の種類を特定することが出来ないので、本当にR-1が培養されているのかは分かりませんw
でも混ぜて放置するだけで、フツーに食べられるヨーグルトが出来るので、菌の培養が楽しくて仕方なくなってきました。
調子に乗って、LG21も買ってきて培養を始めました。

培養中~ちょっと調べてみたら、LG21は嫌気性の菌らしく、酸素のある場所ではうまく培養できないのだそう。
いちおう、牛乳を混ぜる時になるべく空気を含まないように混ぜて、放置の際は牛乳の水面?にラップを乗せて空気が触れないようにしておきました(←気休めw)。
左のお皿のはR-1を豆乳に混ぜた豆乳ヨーグルトの試作品。

豆乳ヨーグルト豆乳でもちゃんとヨーグルトが出来ました。
牛乳で作るより若干早く出来上がります。
味はヨーグルトというよりまさに豆乳w。
はちみつを掛けると食べやすいです。
牛乳ばかりを摂り過ぎるのも良くないと思うので、食べる半分を豆乳ヨーグルトにしようと思います。

ちなみに、1073R-1のヨーグルトがなぜインフルエンザ予防に良いか?
ひとことで言うと、「この菌を食べると免疫力が高まるから」です。
ちょっと詳しく説明すると・・・
まず、1073R-1が多糖体(EPS)というものをいっぱい作るのだそう。
この多糖体(EPS)のうち酸性EPSが、細胞に免疫系伝達物質IFN-γ(インターフェロン-ガンマ)を作るように働きかけるのです。
こうして作られた伝達物質がNK細胞(ウイルスを攻撃、破壊する自然免疫系の細胞)を活性、ウイルスをやっつけるというわけです。

1073R-1は多糖体(EPS)をいっぱーい作る菌だそうですが、R-1以外の菌も多糖体(EPS)を作っているそうで、カスピ海ヨーグルトもその一つです。
そういえばカスピ海ヨーグルトをまじめに食べるようになってから、風邪を引いてない気がします。
ジョギングの効果もあるとは思いますが、ヨーグルト効果も大いにあるように思います。
プラシーボ効果もなかなか侮れないので、これからも出来るだけ多くヨーグルトを食べるようにしたいと思います。