写真、短歌、日々の思ったこと。
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011年12月30日 (金) | 編集 |
不定冠詞「a」の個体の取り出し方についての回。

猫グループから猫個体を取り出すのにも、限定的な取り出しと、非限定的な取り出しがある

限定的な取り出し
猫の外延(ねことはこういう動物であるという情報)以外に、「私の」「あそこの」などの条件を付けた取り出し方のこと
非限定的な取り出し
猫の外延(ねこである)以外に条件をつけない個体の取り出し方

「a」は後者の非限定的な取り出し方。
下記の3パターンの時に使う。

1.「ひとつ」に重点をおく時
一匹の猫、少年がひとり、ものさしを一本、など

2.「どれでも良いけどその種類のもの(ひとつ)」など種類に重点をおく時
三角形を(ひとつ)描け、フォークを(一本)取って、みかんが(ひとつ)食べたいなど

3.「どれとは分からないけどその種類のもの(ひとつ)」など種類重点の場合
熊が(一頭)出た、兎を(一羽)見たなど

ただ、1~3のそれぞれを強調して言いたい場合、
「ひとつ」を言いたい時は、「one」、
「どれでもよいから」を言いたい時は「any」、
「どれか分からないけど」を言いたい時は「some」を使う

「a」を使うのは1~3がはっきりと分かれていないような場合、
例えば、
「call a taxi」と言われた時に、「どれでも良いからタクシー」というのと「一台だな」ということが考えられるような時に使われる。


・・・というような内容でした。
今回は少しややこしかったです。
厳密に言えば1~3のパターンの場合で使われているけど、「one」「any」「some」を使うほど特定されていない場合に使っている、っていうとこがややこしかった・・・。
けど結局最後は先生も、「要するに『a』というのは日本語で言えば、『ひとつのこの種類のもの』という意味なんです」とまとめちゃってたのでw、”そういう風な感覚で”使えば良いかなって思っとく。
スポンサーサイト

2011年12月30日 (金) | 編集 |
なぜ英語には 「a」とか「the」という冠詞が必要なのか?
今回は、「もーっ、英語って面倒くさい言語やなあ!」・・・という考え方が、あれっ?あれれ??と少し変わるような回でした。

まずは復習。
固有名詞はひとつの物しか指せない
普通名詞は複数のものを一括して指すことができる
普通名詞はものの分類をし、名前を聞けばそのものの性質がわかる

そして、日本語と英語の発想の違い↓


日本語で「ねこ」と言えば、猫グループ(猫とはどういうものかという猫の外延や複数の猫)を指すことも、一匹の猫固体を指すことも出来る
頭の中には猫グループと猫固体が同時に浮かぶ。


英語で「cat」と言った時には猫の外延しか頭に浮かんでいない。
猫固体を指すには、猫グループから特定の猫を取り出して示すという発想。
どうせ取り出すなら、どうやって取り出したのかを分かるようにするため、普通名詞の前に特別な形容詞(決定詞)をくっつけることにした

取り出し方を示す、決定詞は5つ。
○冠詞(a、the)
○指示形容詞(this、that)
○所有(my、your、lychee's)
○具体的な数(one、two)
○漠然とした数(some、many)

↑これらの決定詞よって、同じ一匹の猫でも、どういう猫かという詳しい情報が分かるようになる。

友達がうちに来て、「家の前に猫がいたよ」と言うような時、
日本語だと見知らぬ猫なのか私の猫なのか、ハッキリは分からない。
家の前だから私の猫だと思って見てみたら違った・・・ってこともあり得る。
だけど英語だと、a cat か your cat なのかによって、どの猫なのかがハッキリ分かる。

びっくりしたーΣ( ̄□ ̄)!!
日本語の方がだんぜん便利やん!と思っていたのに、英語の方が便利な時もあるんやな!

言葉は共感だと言ってたlepさんの話がすごくよく分かる。
相手が日本人なら、同じ発想の仕方だから良いけど、外国人の場合、表現もその人の発想に合わせないと伝わらない。
いやいや、そういえば日本人同士でも、元となる発想の仕方が違うと伝わらないこともあるよね。
考えれば当たり前のことだけど、忘れがちなこと。
あああ、頭のなかのパズルのピースが・・・歯車が・・・ガチンと合うかもしれない気がしてきた。

2011年12月30日 (金) | 編集 |
車を運転していると時々見かける、黒地に白や黄色文字のキリストの看板。
その色使いといい、書いてある言葉といい、何か得体の知れない、気色悪い印象を持っていました。

キリスト看板←こういうのなんだけど。
「神と和解せよ」とか、「キリストの血は罪を清める」なんて書いてるのもあって、意味わかんないし薄気味悪く、いったいあれは何なんだろう?と思っていました。

機が熟して?こないだ検索してみたら、あれは、聖書配布協力会という、宮城県にあるキリスト教系の団体が設置している看板らしいです。
なんでも聖書を配布することだけを目的としたボランティア団体だそうで、信者の募集や献金の要求などはしていないのだそう。

そんでもって驚いたのは、この看板を貼っている建物の所有者が会員というわけでもないらしく、看板を貼ったからといって金品がもらえるわけでもないんだとか。
これらの看板は、聖書配布協力会の人が、突然「建物に看板を貼らせて欲しい」とやってきて、承諾すると看板を釘打ちして帰っていく・・・という風に貼られるようです。
(■キリスト看板展示室より)

えー・・・そうなの?

私だったらこんな変な看板を貼られたら嫌や・・と思ったのですが、泥棒防止などの効果も少しはあったりして、賛否両論あるのだそうです。
聖書を配布するのが目的なら、こんなに薄気味悪い、気色悪い看板を貼らなくても良いのに。
しかも連絡先もなんも書いてないし・・・って思ったけど、あまりの気色悪さにこうして検索する私のような人もいるのだから、普通に「聖書配布してます(連絡先どこどこ)」って書くより効果あるのかも知れないですね(汗)

にしても、ほんっと世の中いろんな人がいるんだなあ。
この看板を貼りたい人(しかもボランティアで)、貼らせてあげる人(これもボランティアで)、両方の気持ちは私にはぜんっぜん分からないけど、とにかく世の中には、理解できないけど存在する物事や気持ちがたくさんあるんだなっていうことはよく分かりました。

得体が知れないけどバリエーションが豊富なので、血迷って思わずコレクションしそうになったけど、すでにコレクションされているサイトがあったので、自分で集めるのはやめましたw
↓キリストの看板がずらずら~っと並んでます。すごい~w

キリスト看板陳列館

2011年12月30日 (金) | 編集 |
くまちゃん今、携帯につけている編みぐるみ作家のSmileさんの編みぐるみ。
裸にオーバーオールwはさすがに寒いやろ・・・てことで、セーターを編んでみました。

セクシーw編みあがったセーターを着るマイダーリン。
なに?このセクシーは。

セーター着用着たら素朴w

マフラーもマフラーもプレゼントしてみたら、すっかり冬仕様。
よし、これでなんか安心した。

・・・て感じで年賀状作成が遅れている現実から逃げようとしていた三日前。


2011年12月28日 (水) | 編集 |
ひざ掛け一年前に、ひざ掛けをプレゼントしてもらいました。
使わない時に入れるカバーを編み始めたは良いけど、あとは閉じて袋にするだけって状態まで編んで、一年間そのままになってました。

模様編み一年熟成させて、本日完成w
表は模様編みです。

縄編みそして裏は縄編み。

ボタン付け開閉はファスナーが良いなと思ってたんだけど、家にあるファスナーは色が合わなかったので、ボタンで仕上げてしまいました。
ボタンで使ってみて、使いづらかったらファスナーに変えます。

表ひざ掛けを入れると表はこんな感じ。

裏裏はこんなん。

こういう風にしようって考えて、サイズを合わせて・・・
頭の中のイメージを形にするのって面白いです。
もっと上手になりたい。


2011年12月27日 (火) | 編集 |
くるくる昨日、美容院へ行ったら、帰りにコテでくるくるされた。
驚きや・・・
コテを使えば私でもこんなに女らしくなるんやな!
これは早速、サンタさんにコテをお願いして・・・って、クリスマス終わっとるやん!!

2011年12月26日 (月) | 編集 |
知り合いブログで美味しいって紹介されていた納豆トースト。
きうちんのお父さんもたまに食べているという納豆トースト。

…美味しくないw

納豆にはやっぱりご飯が合うと思った、2011年クリスマス明けの午後。

2011年12月25日 (日) | 編集 |
パーティーメニューツイッターで予告したとおりのメニュー。
カムジャタン(ジャガイモ鍋・鶏肉バージョン)、エビフライ、スペアリブのニンニクマーマレード焼、カボチャのグラタン、ふろふき大根、カイワレのハム巻、チーズちくわ、カリフラワーとブロッコリーのベビーリーフサラダ、紫キャベツのマスタードマリネ。

ジャガイモ鍋韓国のカジャムタンというジャガイモ鍋は豚肉の背骨の部分を煮込んでジャガイモと煮る料理。
今回はスペアリブがメニューに入ってるので、ジャガイモ鍋は骨付き鶏肉で作りました。
味付けはテキトーw
ニンニク、生姜、中華スープ、コチュジャンを少し、すり胡麻たっぷり、少しのお味噌と牛乳で仕上げました。
スープがジャガイモに合うし、とても温まるお鍋です。

2011 ミルクレープ  2011 ミルクレープ断面
みんなビックリの特大ミルクレープ!
直径26cm、高さ9cmの北半球のようなミルクレープになりました。
今回は、生地は私が焼きましたが、組み立てはお友達のぷ~ち。にお願いしました。
私が作るといつもフルーツが分厚くてクリームが多めなので崩れてしまう><のですが、ぷ~ち。さんは几帳面にちゃんと”ミル”クレープを目指して仕上げてくれました。
久しぶりに食べたミルクレープ、しかも自分で作ったんじゃない手作りスイーツが食べられるなんて、すごい幸せだなあって思いながら食べました。
お腹いっぱいだけど美味かった~。
いっぱい食べて、いっぱい話して、いっぱい笑った楽しいクリスマスになりました。

2011年12月24日 (土) | 編集 |
濃厚で美味しい。


2011年12月22日 (木) | 編集 |
「世界で一番おいしい野菜」
 河名秀郎
 日本文芸社
 2011年11月30日発行

図書館で借りました。
作者は無農薬どころか、無肥料での自然栽培に取り組んでいる、(株)ナチュラルハーモニーという会社の代表の方です。
私も野菜を作っているので、無農薬の難しさは良く分かっています。
なのに、無農薬だけでなく無肥料とは・・・!
驚きでした。

本を読むと、その考え方には一つ筋が通っていて、なるほど・・と思えます。
例えば、

柿は肥料をやらなくても毎年ちゃんと実を生らせる。
土に残った肥料を分解して自然に戻すために害虫が発生する。
自然界の実は枯れはするけれど腐敗臭を放って腐ることはない。
動物性肥料を与えて育てた野菜が一番腐りやすい。

どれも、野菜を育てていると、確かにそうだなと思うことばかりです。
私もにわかに自然栽培に興味を持ちました。
が、今まで農薬や肥料を使ってきた人工の土を完全な自然の土に戻すのは難しそうです。
本には自然の土が1cmできるのに100~150年かかると言われていると書いてあります。
てか、今からじゃ無理じゃん!><

土の浄化の過程ですが。
まず、作者が肥毒層と呼んでいる肥料の残った層を取り除くために、機械で肥毒層の部分を壊し(たぶん耕すということ?)、肥毒を吸い上げる能力の高い麦類や牧草、大豆を植えるのだそうです。
自然栽培が可能になる土になるまでに、少なくとも3~5年はかかるそうです。

空き地で見るススキやセイタカアワダチソウなど背の高い植物は、土を進化させるために必要に応じて生えてくるそう。
それらが粗い土を育て終わると、次に生えてくるのはカラスノエンドウやヨモギなど。
それからハコベのような低い草が生えてくるようになれば、その土が作物を育てられる土になった合図だということです。

この本には自然栽培の具体的なやり方は載っていません。
土の作り方も、麦類などを植えると書いてる以外に、どういう風に耕すのか、肥料を与えない、農薬を使わないのだとしたらどういう風に世話をして野菜を育てるのかなど、疑問がたくさん出るけれどそれの答えは一つも載ってません。
植えっぱなしの放置なんだろうか?
疑問です。
別の本かサイトに載っているのかもしれませんが・・・もう少しその辺りを詳しく書いておいて欲しいです。

自然栽培の野菜は食べるとすぐに分かるのだそうです。
もちろんとても美味しいらしい。
この本には自然栽培の野菜を使っているレストランが紹介されているので、1度足を運んでみたいです。

自然栽培専門「ハーモニック・トラスト」

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。