FC2ブログ
写真、短歌、日々の思ったこと。
2012年07月25日 (水) | 編集 |
第2章 「ただただ感じること」と「自分の感覚」,そして知覚

言葉で感覚を伝えるのって、ほんと難しいなって思います。
授業を聴いても、本を読んでも、なんとなく感覚的に、先生の言いたいことがわかるような、わからないような(笑)

○ブーバーが11才の頃の体験
馬のたてがみをなでていたとき、最初は馬と触れ合っていると感じることが出来た
馬も自分が撫でるごとに頭をゆったりもたげながら応じてくれて、ブーバー曰く「お互いに汝として触れ合い、語り合っていた」んだそうな。
ところがある時ふと、「これってなんて面白いんだろう」と思い、自分の手を感じた
その後、同じように馬のたてがみを撫でても、もう触れ合うということは生じず、馬も応えてくれなくなった
ブーバーは、自分の馬に対する裏切りが裁かれた、と思った。
○ヘリゲルと赤子の手の体験
ヘリゲルが弓の名手に学んでいた時、「赤子の手のように、石榴の実が弾けるように矢を放て」と言われた
ヘリゲルは「私は赤子ではなく、弓をいるのは的に当てるために私が矢を放つのであり、この考えから離れることができない」と答えた
だがその後、呼吸の練習をし、「私が矢を放つ私の手」から解放され、呼吸に集中したままで矢を放つことができる、無我の弓が実現した
ヘリゲル曰く「私が自分で呼吸しているのか、呼吸に呼吸されているのかわからない」状態だそう
私の記憶が確かならば、これって純粋経験とそうでないものの区別についての話だよね?
教科書では「触れ合う感じ方」と「自己意識と伴う感じ方」と書いてある。

○意識の明証性
自分がその都度、直接感じ、考えていることそのものの確実さのこと
夢であろうと現実であろうと錯覚であろうと、その都度感じている「痛み」や「快感」は疑うことができない
”われ思うゆえにわれ有り”

○意識作用と意識内容の相関関係
「探すこと」&「探すモノや人」、「見ること」&「見えるモノ、人」がセットになっているということ
探している人に近寄って「遅かったね」と言うことはできず、見えた人に言える
見えているのになお探していると「誰を探してるの?」と見えた人に言われてしまう
動詞で言い表される行為を意識作用行為の対象(目的語)の内容を意識内容と呼ぶ

゜゚ *+:。.。:+* ゚ ゜゚ *+:。.。.。:+* ゚ ゜゚ *+:。.。:+* ゚ ゜゚ *+:。.。:+*

その人の痛みを、共感して自分の痛みのように感じているのか、想像しているのか。
むぎちゃんを撫でている時、むぎちゃんの表情を見ながら自分も喜びを感じているのか、むぎちゃんの毛ふわふわやな~と気持ちよがっているのか。
後になって思い返してみて、初めてその違いに気づく。
その時に気づくことはできない。
先生の言ってること、そういうことだよね?

「ただ感じること」、「触れ合う感じ方」、「純粋経験」・・・は、とても貴重な経験だと思います。
走っているとき、山に登っているとき、スキーをしているとき、夢中で話しているとき、ふと気がつくと「あの状態」に入っていた時の幸福感はかけがえのないものだなあって思うのです。


2012年07月20日 (金) | 編集 |
山登りペティキュアお任せで塗ってもらったら、こんな風になりました。
「山に登るから山っぽくしようかな」って言ってたけど、カエルみたいwww
たぶん雨だけど、カエルだから楽しく登れそう~。
ありがとうw

見てわかると思うけどw、プロに塗ってもらったんじゃありませーん(´▽`*)



2012年07月13日 (金) | 編集 |
なーぜーだー!
他の人のFC2ブログは表示されるのに、私のだけ表示されないっ!
・・・てことで問い合わせたところ、

FC2ユーザーサポート山本と申します。
いつもFC2サービスをご利用いただきありがとうございます。

お問い合わせいただいた件ですが
弊社にて調査させていただきました所
設置されておりますプラグイン「顔絵文字入力支援」を
非表示に設定したところ、ブログが表示される事を確認致しました。

現在は該当プラグインを非表示に設定しておりますので
ブログが表示されているかと存じます。

つきましては、上記プラグインに要因があるかと存じますので
削除していただくか、非表示のままの状態にしていただきますようお願い申し上げます。

以上、今後ともFC2を宜しくお願い致します。

とお返事が来ました。
でも、顔文字非表示にしてるからブログ表示されてるって書いてたけど、不具合なまま。

てことで、管理画面で「顔文字入力支援」のプラグインを外したところ、無事に表示されました・・・!
良かった~。
こんなことってあるんやね。
ブログやめろフラグかと思ったw

2012年07月13日 (金) | 編集 |
2:暴力と社会生成―「争いと和解」の人類史的基盤ー

※人間はなぜ争うのか?

自然状態での人間の本性について、ホッブスとルソーの見解
・ホッブス ー 相互闘争 (共通の驚異がない場合、各人の各人に対する戦争状態にある)
・ルソー  ー 分散居住の平和状態(未開人は一人で用が足せたので、集団を作る必要がなかった)
     ↓
「社会契約(分かち合おうとしない人間を分かち合わせる装置)」によって、集団、近代国民国家体制 が作られる

※争うにも関わらず、なぜ和解するのか

・集団で生活すると生存に有利?(食べ物の再分配、敵に対抗する時など)
・独りでいると寂しいから?
・他社と協働する喜びが人を相互に引きつけ合うから?
     →答えは謎のまま

人類は自らの間で食べ物を対等に分かち合って食べることが必然ではない生物である
分かち合うことが必然ではない人類が集団を作るためには、「社会契約」が必要である
「社会契約」 は互いの対等な関係から外れた外部にある(神、自然、王や皇帝、国家など)

゜゚ *+:。.。:+* ゚ ゜゚ *+:。.。.。:+* ゚ ゜゚ *+:。.。:+* ゚ ゜゚ *+:。.。:+*

5日から10日にかけて、いろんなところへ行っていろんな人に会った。
人と話してその人の立場や状況や心境を思ったり、また自分のことをじっくりと観察していると、やはり人間は根本的なとこで一人で自由に過ごしたがる生き物なんだなと思った。

かと言って社会の一員として暮らしている以上、 本当の意味で一人であるということはできない。
それに、子供を守りたいとか好きな人と一緒にいたいとかお金が欲しいとか自分の欲を満たしたい気持ちもあるので、その為には自分を抑えて行動することが必要となる。
動物である人間が人として生きるのはどこかやはり無理があって、それでいろんな問題が出てくるのだろうな、と思った。
みんな、バランスをとるのに必死なのだと思う。