FC2ブログ
写真、短歌、日々の思ったこと。
2012年07月31日 (火) | 編集 |
第6章 民族・国家・植民地 -グローバリゼーションの視点から-

※キーワード
○植民地
○国民国家
○民族
○アイヌ民族
○近代主義


中国の3期に渡る少数民族「識別」の理由
1.国家の安全保障
  少数民族が住んでいる地域が国境に近いため
2.豊かな天然資源
  少数民族が住んでいる地域に天然資源が多い
3.少数民族側にもメリット
  少数民族側が認定して欲しいと希望していた
4.漢民族についての論争

※問題点
・認定された56以外の民族も存在する
・政府の認定と原住民の意識、認識のズレ

多文化共生とは
「多文化」+「共生」
海外のマルチカルチャリズムと在日コリアンが同化を強いられることによった共生という言葉を組み合わせた言葉
「様々な文化背景を持つ人々が、台東で調和的な関係を築き、互の文化の違いを尊重しながら、社会の一員として、共に生きること」滝沢先生

※問題点
・滝沢先生の定義は理想ではあるけれど、マジョリティとマイノリティの力関係は・・・?
・マジョリティと共生するにあたって、マイノリティのアイデンティティの確保について

゜゚ *+:。.。:+* ゚ ゜゚ *+:。.。.。:+* ゚ ゜゚ *+:。.。:+* ゚ ゜゚ *+:。.。:+*

中国と日本の民族問題、多文化共生についての話だった。
外国人を見かけることが多くなったなあ、っていう、その普段の生活の背後にいろんな問題があること、マジョリティ側の強制でなく、個々を大切にしながらバランスを取って歩み寄ることがとても難しいということ、その難しい問題に取り組んでいる人たちがいることがわかった。
いろんな問題はあるけれど、それを可能性、プラスにしていくことも可能で、そのためにはやはり対話と関わり合いが必要なのだと思う。
スポンサーサイト




2012年07月31日 (火) | 編集 |
第5章 現代におけるグローバリゼーションと人種

※キーワード
○人種
○グローバリゼーション
○多文化主義
○ネオリベラリズム
○ヒトゲノム
○阪神・淡路大震災


現代において人種主義は表向きには見えなくなっているが、排除と搾取は続いていて、格差のしわ寄せを社会のマイノリティが受けているといった事態になっている。

人とチンパンジーのゲノムの違いは1.2%、
無差別に選んだヨーロッパ人とアジア人の全ゲノムの違いは、0.04~0.06%の中に収まる程度のもの。
その差は機能の部分にはない

゜゚ *+:。.。:+* ゚ ゜゚ *+:。.。.。:+* ゚ ゜゚ *+:。.。:+* ゚ ゜゚ *+:。.。:+*

「エリオット先生の差別体験授業」で、腹を立てて教室を出て行った学生に、先生は「本当に差別されている人たちには、腹を立てて出て行くという選択肢もない」と言った。
「マジョリティ側に立つ者は、日常生活において差別されないで済むという特権を無自覚に持っている」という話がとても印象的だった。

私の中にも、無くそうとしてもどうしても無くしきれない、うっすらと気付いている差別がある。
そしておそらく、本当に気付かず人を差別している部分もたくさんあるのだろうと思う。
無くそうとしても無くしきれない部分、気付いてない部分があることが、自分自身、とても怖い。

最近、いじめの問題が多く報道されているけれど、いじめる側にとっては「遊び」や「悪ふざけ」であっても、いじめられる側にとっては深刻な問題であることが多くて、「気づかないこと」の恐ろしさを感じる。

どうすればこの恐ろしさを無くすことができるのだろうといくら考えても、おそらくこの問題はなくなることがないような気がしている。
哲学と同じで「考えることをやめないこと」、そして「人と話すこと」。
それしかないんじゃないかと思っている。