写真、短歌、日々の思ったこと。
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013年03月26日 (火) | 編集 |
突然、タスクバーが消えて、窓を開けたり閉じたりできなくなってしまった。
なんで?っていう原因はわからないんだけど、とりあえず復旧させる方法はわかったのでメモっとく。

1.「Ctrl」+「Alt」+「Delete」でタスクマネージャーを立ち上げる
2.新しいタスクで「explorer.exe」を起動させる

これで解決。


スポンサーサイト

2013年03月26日 (火) | 編集 |
読んでいる途中、読み終えてからも、透明感のある文章だな、と思った。
タイトルの草原がいつも出てくるからかもしれない。
重苦しい内容だけど、常にすうっと風が吹いているような感じだった。

現実として受け入れられない辛い過去と、その過去の事実についての悲しい想像と信頼や自信の喪失。
一番大事に思っていて信頼している夫から「忘れてしまえばいい」と言われて、でも、どんなに愛情を受けてもその事実を忘れてしまうことは出来なくて、問題を先伸ばししながら、ゆるく、常に苦しんでいるような主人公。
同じような少女と出会って、苦しみを自分のものとして認めることで、二つに分かれていた自分がやっと一つになったのかなって思った。

主人公のような衝撃的な出来事はなくても、親や周囲から自分への愛情に対する信頼が揺らいで、自分の足元が不安定になることはよくある話なんじゃないかな。
そこのとこを乗り越えないと、本当の意味で大人になることができないのかもって思う。

私がこの本を読んで考えていたことは、本の趣旨とは違うかも知れない。
私はこういうことを考えていた。

私はいつも自分勝手だから、誰かが自分に与えてくれる愛情について、それが絶対かどうかを考えてしまう。
どんな自分でも受け入れてくれる確かな愛情ってあるんだろうか。
母親に対しては、それを感じられた。
それだけでも私は十分幸せなのだと思う。
私がそういう風に心から思っているということは、母の子育ての母の責任分は十分成功している。
この段階で、私はこの本の主人公の抱える苦しみをクリアしている。
私自身の問題はこの先にある。

母がこの世にいない今は、もうそういった愛情を受けるということは諦めなければならないと感じている。
今は、何をしても許される、惜しみない愛情を与えられる世界ではなく、約束や義務、責任を果たすことによって与えられる、契約的な愛情の世界にいるような気がする。
私はもう十分年を重ねているのだから、この世界の中で、今度は誰かに対して絶対的な愛情を、与える側になる時期なのかもしれない。
年はいってるけど考えが甘甘なので、とても難しいけれど、求めるのはもう終わりにしなければ、と思う。
心の中の草原と、契約的愛情の世界と。
私の中だけで、二つを行き来すれば良いのだ。








2013年03月22日 (金) | 編集 |
IMGP6689.jpg

Twitterのなかしましほさんのちいさなレシピ。
先週の分のヨーグルトムースを作りました。

2倍量で作ろうと思ったらヨーグルトが足りなかったため、
豆乳ヨーグルトを足して作りました。

ヨーグルト   300g
豆乳ヨーグルト 100g
きび砂糖    大さじ6
ゼラチン    6g

苺ソースは冷凍してあった苺を解凍し、砂糖を加えて裏ごし。

IMGP6694.jpg

レシピ通りに作ったら、ちょっと甘めに仕上がりました。
次回作るときには砂糖を大さじ5にしてみようと思います。
あ、そうそう裏ごしで残った苺がもったいないので、苺シフォンにでもしてみようかと思ってます。
週末、作れるかなー。



2013年03月12日 (火) | 編集 |
001_20130306233359.jpg

相変わらず、大沢たかおさんは爽やかだった。
この人は、こういう性格良くてあったかそうな好青年の役が似合うよねぇ。
だから地下鉄に乗っての時は最初、ん?って思ったけど、途中からはやはり、そうだよね~そうこなくちゃwって感じの役だったし。
大沢さんが、思いっきり根っこまで腐ってるような役を演じているのも観てみたい気がするなあ。(ひねくれ根性)

映画は人情系の心温まる感じのお話でした。
サラリーマンがいろいろあって彼女の実家の魚河岸を継ぐことになる、みたいな。
働くということについて、こういう仕事の選択ができるなら幸せだろうなあっていうお話でした。
邦画にありがちなダラダラ感もなくて、普通に面白かったー。





2013年03月02日 (土) | 編集 |
冷えは万病の元、ってことで、ここのところずっと体温をあげる努力をしています。
体温を上げると免疫力もアップするらしいので。
で、この本を読んでみました。

医学博士ながら漢方や生薬を積極的に勧めている石原先生によると、生姜には以下の効果があるらしいです。

1.体を温める
2.免疫力を高める
3.発汗、去痰を促す
4.咳を鎮める
5.解熱(アスピリンの80%程度の解熱作用があるらしい)
6.鎮痛、消炎抗セロトニン作用
7.血液凝固を抑制
8.強心作用
9.消化、吸収能力を高める
10.胃潰瘍を防ぐ
11.吐き気をおさえる
12.抗菌・抗ウイルス・抗寄生虫作用
13.めまいや耳鳴りを防ぐ
14.血中コレステロールを下げる
15.生殖機能を改善する
16.酸化を防止する
17.うつ病を防ぐ
18.解毒を促して、体内を浄化する

生姜に含まれるジンゲロール(加熱するとショウガオール)が主な有効成分。
その他、皮の直下に精油が含まれていて、この精油にはジンギベロール、ジンギベレン、クルクミン、ピネン、シトラール類、ボルネオールなど、400種類以上の芳香成分が含まれているのだそう。

これらの作用によって、
1日10~30gの乾燥粉末の投与でリウマチや関節炎に効果があったほか、
血栓が出来にくくなることから脳梗塞、心筋梗塞、高血圧などを予防&改善、
殺菌効果によるピロリ菌殺菌、風邪や食中毒の予防、
血行促進による不妊症の改善、
抗酸化作用によるガン、アレルギー、免疫疾患の予防&改善、
それから老化防止に効くのだそうです。

あと、タンパク質分解酵素のジンジベイン、プロテアーゼも含まれているので、肉や魚料理に使うのは理にかなっているようです。
特に肉など消化に悪いものを食べた時に一緒に食べると、体への負担も軽減してくれるだろうし、アミノ酸を体に取り込みやすくする手助けをしてくれそうです。

本には書いてなかったのですが、気になったので自分で調べたことをメモしておきます。
友達がふと「生姜って生は体冷やすって聞いたけどなあ」って言ったことが気になったのでした。
調べてみたら、確かに生の生姜と乾燥したものでは効能が少し違うようです。

生の生姜の主な成分は、ジンゲロール。
これには強い殺菌効果があるので、風邪や食中毒の予防に効果があるそうです。
ただし、酸化すると成分が変化するので、切りたておろしたてを食するのが良いそうです。

熱を加えたり乾燥した際の主な成分はショウガオール。
これには胃腸の壁を直接刺激して、血流を高め、深部の熱を作り出す働きがあるそう。
なので、体を温めるのが目的ならば、こちらを使ったほうが良いようです。

友達が生の生姜は体を冷やすって言ってたのは、乾燥の方がより効果的というのをちょっと違って聞いていたようです。

あ、そうそう。
本には生姜と他の食材などを利用して相乗効果が期待されるレシピがいくつか載っていましたが、基本は生姜紅茶を勧めていました。
生の皮付き生姜をすりおろして紅茶に入れ、黒砂糖を入れたものです。

砂糖は白より黒が良いのはよく言われますが、ミネラルやカルシウムが豊富というほか、白砂糖は体を冷やす陰性食品で、黒砂糖は陽性食品なのが理由に挙げられていました。

あと、緑茶は陰性食品、紅茶は陽性食品というのは知っていましたが、紅茶の赤い色素であるテアフラビンには強力な高酸化作用と殺菌効果があり、活性酸素の除去、風邪やインフルエンザの予防に良いっていうのは知りませんでした。
風邪の予防に効果があるのは緑茶だけかと思ってた。

漢方のあらゆる処方の70~80%に含まれている生姜なので、積極的に摂って損はないですね。
冬ばかりじゃなく、夏は夏で水分の取りすぎや冷房で体が冷えやすいので、一年中生姜を使っていかねば。
来期の畑では生姜を積極的に育てようと思いますw







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。