FC2ブログ
写真、短歌、日々の思ったこと。
2013年03月12日 (火) | 編集 |
001_20130306233359.jpg

相変わらず、大沢たかおさんは爽やかだった。
この人は、こういう性格良くてあったかそうな好青年の役が似合うよねぇ。
だから地下鉄に乗っての時は最初、ん?って思ったけど、途中からはやはり、そうだよね~そうこなくちゃwって感じの役だったし。
大沢さんが、思いっきり根っこまで腐ってるような役を演じているのも観てみたい気がするなあ。(ひねくれ根性)

映画は人情系の心温まる感じのお話でした。
サラリーマンがいろいろあって彼女の実家の魚河岸を継ぐことになる、みたいな。
働くということについて、こういう仕事の選択ができるなら幸せだろうなあっていうお話でした。
邦画にありがちなダラダラ感もなくて、普通に面白かったー。




スポンサーサイト