写真、短歌、日々の思ったこと。
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007年12月24日 (月) | 編集 |
 「博士の愛した数式」
 小川洋子

 新潮社
 2003年8月28日発行
 460円
 
 本はずいぶん前に借りて読み終わってたんだけど、
 ビデオが出ているので、ビデオを見てから、
 まとめて感想を書こうと思って、今になってしまった。
 長いこと借りたままになってしまった。
 ありがとう~。


本と映画、どちらも出ている作品があった場合、どちらから先に入るか?
私はその時の気分による。
この作品は、何となく本が先の方が良さそうだったし、そう薦められたので本を先にした。
結論から言えば、本から先に入って良かった。

 映画は分かりやすく作らねばならないぶん、
 物語の深みがなくなっている。
 全体の雰囲気も、原作に明るくてさわやかな
 フィルターを一枚掛けたような感じ。
 悪くは無いけれど、良い意味でも悪い意味でも、
 一般的に仕上がっているなーと思った。

 ラストの部分が原作と少し変わっていたのが
 とても残念だった。
 そのせいで、博士の義姉の台詞、
 「義弟はあなたを覚えることは一生出来ません。
 けれど、私のことは一生忘れません。」
 の一言が、原作よりも軽いものになってしまった気がする。

私はこの物語に出てくる、博士が好きだ。
こういう暖かい考え方をする人に憧れるし、こうなりたい。
こういう人のそばにいれば、人を思う以外の損得基準を、少しずつでも脱ぎ捨てていくことが出来るんじゃないかって思う。
スポンサーサイト
テーマ:読んだ本。
ジャンル:本・雑誌
コメント
この記事へのコメント
過去
月孤高己の過去を振り向かず   詠人忘却

と言うようなハイクに出会い、逆に過去を振り向いてしまった。
昨年12月26日拙ブログがNoaさま宛のエントリであったので、
T.Bしてしまった。
2007/12/24(Mon) 22:51 | URL  | tani #qQLlCMaI[ 編集]
にーには、改善し
にーには、改善したかったみたい。
だけど、鑑定しないです。
でも、きのうにーにが、ひととか検索した。
それできょうのーと、マージャンを掃除するつもりだった?
だけど、きのうはHidden Sugarは食洗機も注意すればよかった?
2007/12/25(Tue) 10:29 | URL  | BlogPetのにーに #-[ 編集]
■taniさん
>逆に過去を振り向いてしまった。

う~ん・・・。
「しまった。」ということは、振り返るべきじゃないのに、という気持ちがあるということでしょうか。
過去を振り返ることなくして未来を良くすることは出来ないですから、振り返ることは悪くはないと思いますが、振り返り方が大切なんでしょうね。

物語の博士は、ある時から80分経つと記憶が消去されるようになった、つまり過去を積み重ねられなくなったわけです。
記憶を重ねられない苦しみはあるけれど、それも80分のみ。
死ぬまで繰り返されるそれって・・・どうなんだろう。

2007/12/25(Tue) 18:49 | URL  | のー #ftpII.ds[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。