写真、短歌、日々の思ったこと。
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007年12月29日 (土) | 編集 |
 「夜明けの街で」
 東野圭吾

 角川書店
 2007年6月30日発行
 1680円

 アマゾンのレビューでは評判が良くないようだ。
 ■Amazon「夜明けの街で」カスタマーレビュー
 私は、悪くないと思ったし、最後までさらっと面白く読めた。
 この間読んだ黒笑小説よりは、だいぶ面白かった。
 ただ、ミステリーではなく恋愛小説として読むべきとは思う。
 あ、間違った、不倫恋愛小説、だった。

このブログの常連の方々はご存知の通り、私は今、放送大学で「自己を見つめる」という講義を受けている。
その中でジロー先生は、「人は、絶対に他者には知られることのない私秘的部分を必ず持っている」と何度も言う。
私はそれは本当だろうと思う。
私の中にも、私しか知らない、私以外には決して知られたくはない私がある。
吐き出しブログである、このブログにさえ、書くことのない私だ。

東野圭吾はいつも、そこを書く。
この人の書く登場人物の心理描写は、いつも細やかで鋭く、ドキッとすることが多い。
誰もが隠していてブログにさえ書くことのない、意識上、もしかしたら自分でさえもよく分かっていない無意識上の計算心理を書くのだ。
心理描写そのものがないような小説もあったけれど、そういう時は背景や雰囲気などを示す言葉の選び方で、匂わすというか、醸し出すというか。
その辺の感じがたまらない。

この本は、”不倫をしている僕”目線で書かれている。
”僕”はどうやら恋愛に飢えていたようだ。
愛は両手に余るほど持っていたみたいだけど。

堕ちるべくして堕ちた、誰でもよくはないけれど誰でもよかった、どうしようもなくはないけど、どうしようもなく堕ちたと言ってしまいたい恋の話。
大好きだった彼女ともう会えなくなったみたいだけれど、”僕”はすぐに日常に戻れるだろう。
何事もなかったように、幸せな家族は永遠になる。

プチミステリー要素もあるし、人が恋に落ちていく過程、さらに不倫心理も知ることができるので、なんかサクッと読める面白い本ないかな~って人は一度読んでみても良いかもです。
スポンサーサイト
テーマ:読んだ本。
ジャンル:本・雑誌
コメント
この記事へのコメント
 自分も他人も知らない自分ってあるんだろね。
 最近そういうのを考えるのが怖くなってきた。
 自分のある一面を知っているのだけど?気が付いているのだけど?気が付かないふり?見て見ぬふり?見過ごそうとしている自分がいるのかも知れない?考えたくない?何故考えたくないのかも考えたくない…知りたくない自分がいる気がします。
 ややこしくなってきました。
2007/12/30(Sun) 19:57 | URL  | にこまる #-[ 編集]
■にこたん
>考えたくない?何故考えたくないのかも考えたくない…
>知りたくない自分がいる気がします。

同じです。
あんまり考えるのも良くないねw
にこたんは違うかも知れないけれど、私は、ほんとは分かってるくせにそれが嫌で、認めたくなくて、気付かない振りをしたり、出来ないと思い込もうとしたりします。
すごくずるいし弱いです。
でもそのことを考えるとめまいがしてくるので、考えないようにします。
それも言い訳です>< 
でも、めまいはホント。鉄不足って思ってるのもあるかも知れないけど。
2007/12/31(Mon) 00:00 | URL  | のー #ftpII.ds[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。