写真、短歌、日々の思ったこと。
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008年04月04日 (金) | 編集 |
夜明け前王子を探す旅に出る眠る白馬をたたき起こして


■題詠blog2008 「039:王子」
スポンサーサイト
テーマ:短歌
ジャンル:小説・文学
コメント
この記事へのコメント
No title
これ良いですw
待ってらんない!って感じが良いw


っていうか、かなり引き離したと思ったのに、また背後まで迫ってきた><
次は「鱗」なんだけど、難しくて足踏み中・・・。
追い抜かれそうですw
2008/04/04(Fri) 06:34 | URL  | ほきいぬ #n08XGfOg[ 編集]
■ほきいぬさん
>これ良いですw
>待ってらんない!って感じが良いw

ほきいぬさんは、こういうのが好きなんですねw メモメモ・・・
でもね、この続きなんですが・・・

「『見つけたで!』眠る王子にキスはなし たたき起こしてお花見にゆく」

Sな姫には、見つからないように、目立たないようにするのが懸命です。

>っていうか、かなり引き離したと思ったのに、また背後まで迫ってきた><

「存在」の次は「鱗」なんですね。
「存在」は割とするするっと何首も詠める気がするから、なんだか薄まってしまってアップできませんw
いや、濃くなくて良いんですけどね。
「鱗」は確かに難しそうですね。
イメージ的には「鱗」って言葉、美しい感じがします。
実は今、私は桜に夢中で、短歌を詠むテンションが下がってますw
2008/04/05(Sat) 15:28 | URL  | のさかりう #uv1XZDJs[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。