写真、短歌、日々の思ったこと。
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008年06月16日 (月) | 編集 |
この間作ったマンゴーチーズケーキのレシピを元に、苺でストロベリーチーズケーキを焼いてみた。
カロリーを抑える為に、クリームチーズの半分をカッテージチーズに替え、砂糖を20g減らした。
これでもチーズの味はするし、甘さもしつこくなくてちょうど良い。
親戚に持って行ったんだけど、好評だった。
このシリーズ、簡単でイイ!

カット  全体

■ストロベリーチーズケーキver.1 by のー
○型

 14cm×21cmのセルクルの下にダンボールを敷く。(底の焼き上がりを柔らかく仕上げるため)
 セルクルの内側に、クッキングシートを四隅を切ったものを、敷く。(型から外れやすくするため)
 ☆セルクルがなければ、普通の焼き型でも良い。
  その際は、型から外す時のこと、焼き時間を調整することを忘れないように!

○材料
 苺 200g 
 クリームチーズ 100g (予め冷蔵庫から出しておくか、レンジで室温にする)
 カッテージチーズ100g (予め冷蔵庫から出しておくか、レンジで室温にする)
 生クリーム 200cc
 全卵 2個
 薄力粉 60g (一度ふるっておく。混ぜる時にもう一度ふるいながら入れる)
 砂糖 60g

○作りかた
1.薄力粉以外の材料をミキサーで少しずつ混ぜ、ボールにあけるを繰り返し、全部混ぜる。
  (全部一気に入れるとミキサーが止まるも知れないので、急がば廻って~w)
2.ボールにまとめた材料に、小麦粉を数回に分けて、ふるいながら入れてさっくりと混ぜる。
3.生地を漉す(チーズや粉のダマをなくし、滑らかなチーズケーキにするため)
4.170℃のオーブンで、50分焼く。

焼成前 ←焼成前。
 下には火当たりを柔らかくするため、
 ダンボールを敷いてある。
 ワックスペーパーで型紙を作り、
 セルクルに入れ込んである。
 セルクルには底がないため、
 ペーパーの切込みから生地が
 染み出してきたw

5.焼きあがったら、ナイフで、くっついている周囲を型から外しておく。(沈む時に均等に沈むように)
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
 のーたんにとってお菓子を焼く事って日常茶飯事なのかな?毎日ご飯の支度をするように、お菓子も作っちゃうのかな?羨ましがってばかりいても仕方ないけど、やっぱり『上手でいいなv-10』。
 >親戚に持って行ったんだけど、好評だった⇒そりゃそうでしょ。美味しそうだもんv-238
 >このシリーズ、簡単でイイ!⇒ホントですかいなぁ~e-450
2008/06/16(Mon) 08:23 | URL  | にこまる #-[ 編集]
こんにちは。
とっても美味しそうです。
でも簡単には思えませんw

こういう料理の記事を見ると、知らない名前の材料や道具がたくさん出てきます。
この記事で言えば「セルクル」が分かりませんw
こういうところからして、敷居が高いなあって思いますe-351

そういえば、今年の目標に料理をする、があったんだった・・・。
そろそろ2008年も半分終わるし、何か作らないとw
2008/06/16(Mon) 15:34 | URL  | ほきいぬ #n08XGfOg[ 編集]
なんかもぉ色が素敵。v-345  例のロールケーキやタルトに比べるとかなりシンプルで簡単そうですね。混ぜて焼くだけ好きの私向き~?w 
今度生マンゴーで試してみたいです。生クリームかチーズのかわりに水切りしたカスピ海ヨーグルトにしてもカロリーオフになりそう。

ところでダンボールって焦げないのかしら?大丈夫?霧吹きする?
2008/06/16(Mon) 22:49 | URL  | Rav #-[ 編集]
■にこたん
>のーたんにとってお菓子を焼く事って日常茶飯事なのかな?

作るときは頻繁に作るけれど、作らなくなると、めんどくさ~ってなってしばらく作りませんw
今はこれくらいのなら、なくなったらすぐ作るのは苦じゃないです。
家に買い置きしてあるものや採れた苺とかを使ってしまいたいモードに入ってるのもあります。

>このシリーズ、簡単でイイ!⇒ホントですかいなぁ~?

本当に簡単だよ!
失敗するとしたら、
1.ミキサーが回るように水分量を考えて回さなかった
2.生地を漉さずにダマダマになってしまった
3.私のとオーブンの熱が違い、焼きすぎor生焼けになった
くらいかな?
3は見極めが難しいかも知れないけど、まず170℃で10分焼いてみて、ムラ焼けしたり焼き色が既に付いてたりしたら、位置を変えたり温度を160℃に下げてあと10分焼いて様子を見る・・・みたいにこまめな観察が大切です。
何回か焼くとオーブンのクセも分かってきて、ある程度お任せできるんだけど、それまではちょくちょく見るのが良いです。
2008/06/17(Tue) 13:30 | URL  | のさかりう #uv1XZDJs[ 編集]
■ほきいぬさん
>でも簡単には思えませんw

本当に簡単なんですってばw!
ほきいぬさん、バナナのグラタン作ってたじゃないですか?
牛乳を暖めたりっていう手間もないし、あれより簡単だと思いますよ~。

セルクルは型の一種で、底のない枠だけのものです。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%BB%E3%83%AB%E3%82%AF%E3%83%AB
別にこれじゃなくっても、百均で売っている紙の使い捨ての底あり型でも良いし、極端な話、自分でダンボールの枠だけ切ったり、牛乳パックを再利用して、そこへ生地を流し込んでも良いです。
丸のまま自分の家で食べたりなら、型からきれいに外せなくても良いわけだし。

型を変えて焼く時の注意点が一つ。
型が小さくなったら、焼き時間を最初7分くらいで様子を見て、型(または天板ごと)を回転して、焼き加減をこまめに確認しながら焼くと失敗はないと思います。
なんだって、やったことないことは最初は敷居が高く見えるもんですよ~w
やってみたらどうってことないことが多いです^^

>そういえば、今年の目標に料理をする、があったんだった・・・。

料理カテ、まだ2つしか記事がないですよね?wwwe-277 (←太字w)
このケーキは本当に簡単だしおいしいので、作ったら家族にも褒められるだろうし、かなりの自信になりますよ!
お薦めです。

PS:最初はカロリーを気にせず、クリームチーズ200gの生粋のチーズケーキを作ることをお薦めします^^
2008/06/17(Tue) 13:45 | URL  | のさかりう #uv1XZDJs[ 編集]
■Ravさん
>なんかもぉ色が素敵。

ありがとうございます~^^
そう!色がどうかなあって思いながら作ったんですが、意外とかわいいピンクのままでいてくれました。
使う苺によっても変わってくるんだと思いますが、このときの苺は真っ赤に熟した小粒ばかりを使ったので、色が濃かったかも知れません。
そういえば、書くのを忘れていましたが、私は生地を漉す時に百均で買ったシノワ型ザル?を使っているので、イチゴのツブツブまでは漉しきれません。
食べる時に少しツブツブしてて、それがまた苺って感じではあったのですが、気になるようなら、ツブツブも漉せる細かい目のもので漉すと良いと思います。

>生クリームかチーズのかわりに水切りしたカスピ海ヨーグルトにしてもカロリーオフになりそう。

そうですね^^
レシピをver.1としたのは、ここからカロリーオフレシピを試していこうって思ったからなのですが、ここが難しい所なんですよねe-263
カロリーオフにするにつれ、だんだんとコクがなくなってさっぱり味になっていくのでe-330
チーズケーキというにはやはりクリームチーズだけ、生クリームだけを使ったほうが断然チーズ味でおいしいのですが。
ミルク味、チーズ味が好きなので困ったもんです。

>ところでダンボールって焦げないのかしら?大丈夫?霧吹きする?

霧吹きしてません。そのままで焦げませんよ。
心配なら霧吹きしても構わないと思います。
ちなみに、紙の発火点は300度くらいだそうです。
加工の種類にもよりますが、普通の新聞紙やダンボールであれば、200度未満で1時間くらいで燃えることはないと思います。
以前バイトしていたケーキ屋さんでは、新聞紙をショートケーキの丸型の型紙にしてました・・・e-263
2008/06/17(Tue) 14:03 | URL  | のさかりう #uv1XZDJs[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。