写真、短歌、日々の思ったこと。
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008年06月20日 (金) | 編集 |
杏仁豆腐 近所の人に、Q極の杏仁豆腐のレシピを
 教えてもらった。
 紙でもらったレシピがどこかへ行っても
 良いように、続きにメモっとく。
 近所の人に検索で見つからないように、
 そこはかとなく、伏字w


レシピでは粉寒天と粉ゼラチンだけど、使ったのは家にあった糸寒天と板ゼラチン。
割合をどう調整するかでちょっと悩んだ。
表面に皺が寄ったのは粉の寒天とゼラチンを使わなかったからかなあ?
初回だったので、砂糖やその他の配合は変えずに、レシピどおりに作ってみた。

味は、絶妙の柔らかさ、杏仁の香りもちゃんと出てて、とてもおいしかった。
でも少し練乳が主張しすぎている感じだったので、次は少し減らしてみようと思う。

■材料
杏仁霜    50g (杏仁霜は、七福杏仁霜を使うべし、とのこと。)
牛乳     360cc
生クリーム  50cc
練乳      20cc
砂糖      30g

水      250cc
ゼラチン    4g
 ☆粉の場合、40ccの水に振り入れてふやかす。
 ☆板ゼラチンの場合も4gで、氷水につけて冷やしながらふやかしておく。
粉寒天     1g (糸寒天の場合、2g)

■作りかた
1.鍋に水、寒天、ふやかしたゼラチンを入れ、火にかけて完全に溶かす。
2.別の鍋に牛乳、生クリーム、練乳、砂糖を合わせ入れ、中火で煮溶かす。
3.2が少しふつふつとなったら沸騰する前に火を止め、杏仁霜を加え、ごく弱火でゆっくり混ぜながら、
  1分ほど煮て杏仁霜を溶かす。
  ☆温度が高すぎるとダマになるし、香りも飛んでしまうので注意する。
4.こし器でこしながら、1を2に入れる。
5.4を再びこして、器に入れ、冷やす。

水に砂糖を適当に好みで入れて煮溶かし、冷やしたシロップを満たしたり、
赤いクコの実をブランデーに一晩つけたもの、黄色い金柑の甘露煮の皮部分を刻んであしらったり、
好みのフルーツを飾ると綺麗。
私は家にあった苺とリンゴ、ミントを載せてみた。

■追記メモ
棒寒天1本 = 糸寒天8g = 粉寒天4g 
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
店で売ってそうな可愛さですね。杏仁豆腐はわらび餅と並んでこだわりありのスイーツです。Q極って書いてあるから、のーさんだしもしや南杏と北杏をミキサーで…っていうとこからやったのか(いつかやってみたい)と思いましたが粉でしたか。でもレシピをみると間違いないってかんじ。練乳はコクがでそうですね。ただ香りが杏仁のジャマするかも。
2008/06/20(Fri) 18:47 | URL  | Rav #-[ 編集]
■Ravさん
Ravさん、杏仁豆腐好きだったんですねw
Q極って、私がつけたんじゃなくて、もらった紙のレシピに書いてあったんですww
どこかのホテルの杏仁豆腐がとてもおいしくて、通って通って教えてもらったレシピだそうで、その近所の人にとってQ極だったんだと思います。

練乳は入った方がよいと思うけど、もう少し減らした方が杏仁の邪魔をしなくて良いなと思いました。
寒天とゼラチンを入れなくても、寒天だけ、ゼラチンだけではどうかとか、これから、だんだんと自分好みにして行こうと思いますw
2008/06/20(Fri) 18:56 | URL  | のさかりう #uv1XZDJs[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。