写真、短歌、日々の思ったこと。
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008年06月22日 (日) | 編集 |
’07 梅干   ’07 梅干アップ
画像は、去年のツーデーマーチの記事に載せてた画像で、2年前に漬けた梅干。
去年も漬けようと思っていたんだけど、後一年分はありそうだったので、漬けるのをやめた。

そういえば、去年は梅をワイン煮にするのに初チャレンジしたんだった。
すごく上手く炊けたんだけど、まだ少ししか食べていない。
O飯町の梅のワイン煮がおいしいけど高い(5粒で500円!)ことに憤慨して、んなら自分で作るもん!ってせっかく作ったのにw
確か赤と白と別々に、何時間・・・ていうか何日かかけて作ったはず。
なのに、上手に炊けたことに満足してしまって、忘れてたwww
もう十分暑くなってきたし、ワイン煮を使って、寒天でさっぱりとした何かを作ろうかな~。

あ、違、梅干の話だったw
今年になって、『なぜ「粗食」が体にいいのか』という本を読んで、ご飯をたくさん食べるようになった。
おにぎりやお茶漬けに梅干を使って減りが速くなってきたので、今年は梅干を漬けることにした。
梅の下漬け  シャワーキャップw
6月21日(土)、一晩水につけた梅を下漬けした。

■材料
青梅  2kg (今回は3Lを使った)
塩   200g (10%の減塩梅干にチャレンジ!普通の梅干は塩は梅の20%~25%)
焼酎  75cc (普通の安い焼酎がなく、開封して家にず~っと残ったまんまの芋焼酎を使う適当さw)

このあと、本漬けで下記材料が必要。
赤紫蘇 400g (梅の20%)
塩     40g (赤紫蘇の10~20%)

■作り方(下漬け)
1.梅はそのままだと青酸が強いので、一晩水に浸けておく。
2.水を切り、布巾で丁寧に水を拭き、爪楊枝でヘタを取る。(梅の皮に傷が付かないように、丁寧に)
3.焼酎をまぶす。
4.梅に絡まる程度の塩をまぶす。
5.清潔にした瓶などの容器に、梅、塩、梅、塩・・・と交互に入れる。(一番上の塩を多めにする。)
6.梅の1.5倍の重石を載せて、梅酢が上がるのを待つ。
  (減塩の為、梅酢が速く上がるように、重石は重め。普通は梅と同じくらいの重さで良い)
スポンサーサイト
テーマ:梅仕事
ジャンル:趣味・実用
コメント
この記事へのコメント
 それにしてもマメだねぇ~。梅干まで作っちゃうんだから昔の人みたい…。でも、洋菓子も作っちゃうし…やっぱ宇宙人だねv-17
 >上手に炊けたことに満足してしまって、忘れてたwww⇒あたしはそんな事ないよ。食べきっちゃうもんね(やっぱあたし食いしんぼだね)。
2008/06/25(Wed) 08:57 | URL  | にこまる #-[ 編集]
■にこたん
>それにしてもマメだねぇ~。梅干まで作っちゃうんだから昔の人みたい…。でも、洋菓子も作っちゃうし…やっぱ宇宙人だねv-17

うん、宇宙人だよv-17
私は自分のことを面倒くさがりで、マメじゃないって思っているんだけど、時々気が向くとすご~くマメになることがあるのに最近気付きましたw
それは食べ物に関することが多いよw、食いしん坊は、にこたんと一緒です^^
違うのは私のほうが忘れっぽいってとこかもe-351
2008/06/26(Thu) 13:58 | URL  | のさかりう #uv1XZDJs[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。