写真、短歌、日々の思ったこと。
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008年08月04日 (月) | 編集 |
オレンジが周りを染める傍にいてくれない人をもう忘れたい


■題詠blog2008 「093:周
海の夕焼け 試験の帰りに見た、海の夕日。
 黄砂が来ているわけでもないのに、
 どこもかしこも、もやっとしていた。

海に映る夕日 海と空の境目が見えない。

半島 いずれ登りたいと思っている、
 半島の山。
 それと、海に映った薄い夕焼け。

夕焼け 日はすっかり沈んだのに。
 沈んでからの夕焼けがすごい。
 この日は空だけじゃなく、周りの空気全体が
 オレンジ色をしていて、むせるようだった。
 怖かった。
 ちーたんに会いたいなあ。

スポンサーサイト
テーマ:短歌
ジャンル:小説・文学
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。