FC2ブログ
写真、短歌、日々の思ったこと。
2006年09月23日 (土) | 編集 |
昔、TVドラマで夫に浮気された奥さんが「家族がそれぞれ勝手なことをしていたら家庭なんてすぐに壊れてしまう。(だから自分は我慢する)」って言ってました。

それが良いことなのか悪いことなのかは私には分かりませんけど、その我慢が何十年後かに実を結ぶこともあるのかなとは思います。実を結ばなければ最悪だけど。

こういうのって何か石ころみたいなものを磨く作業で、自分の人生がほぼ終わりかけの時、それがダイヤだったのか石ころだったのかが分かるような気がします。

何十年もいろんなことに耐えて我慢して磨いたものがただの石ころだった時の落胆が怖くて、ちょっと磨いては「これ、違うかもしれない」と捨ててしまい、違う石を探して磨き出す人が多くなったように思います。私を含めてですけど。

我慢して耐えて磨けば、ただの石も何十年か後にはそれなりに光るのかな。それとも隣のダイヤを見て、ちっぽけ過ぎる自分の石を情けなく悲しく思ったりするのかな。嫌々磨くのと我慢してでも一生懸命磨くのと、磨き方によって光の差が出たりするのかな。

答えはもっともっとずっと先にしか出ないんだろうな。

あなたの石はどうですか?
光りそう?それとも光らなくても構わない?
私はまだ石を決めかねている状態です。
スポンサーサイト




コメント
この記事へのコメント
 >あなたの石はどうですか?…マーヤの石はね、光るよ。でも、それはダイヤの光でも、石の光でもどっちでもいいの。石ころも好き。ダイヤは光輝いてホントにキレイだけど、透明感のない石の輝きは深みがあってキレイ。自分が選んで手にとった時点からずっと持ち続け、磨き続けているから愛着もわいているし、きっとダイアと交換してと言われても〝イヤ〟って断ると思う。 
 >私はまだ石を決めかねている状態です…どの石に決めるか迷っている時点では、あれこれ悩んで、拾ってはポイ!拾ってはポイ!ってするのは楽しいし、そんな姿ってはたから見ると可愛い。
 どんな石に変化しても、最終的に大事に出来る石と出会えれば幸せだよね。
2006/09/23(Sat) 15:30 | URL  | マーヤ #79D/WHSg[ 編集]
僕も自分のが石かダイヤかは不明ですが、とりあえず磨き続けています。
ほんと、それがいつになったら輝くものなのか、そもそも輝いてくれるようなものなのかも不明ですけど、こうしていれば磨く技術も向上するんじゃないかな。そんな思いも込めて。
できるだけ目移りしないように心がけてます(ホントですよ)。他の石を磨くことを考えることもあるけど、そうやってあちこちに飛び移るよりも、湧いてきた邪念を間引くことの方が、今は喜びです。
2006/09/23(Sat) 17:57 | URL  | きうり #79D/WHSg[ 編集]
ヘビーですね・・・でも石磨きと違うのは、磨く人によって石もダイヤになりうる、ということです。石の場合は最初から石の種類が決まっているんですが、人間の場合は努力や運によって有る程度変化する。その点が大きな違いと思います。
石をダイヤに変換する手立ては、クサいですが「愛情」に尽きると思います。その石を信じ、その石とともに地獄まで行く決心がついた時、石は自ら光り始める。
昔はあれこれ手を出してましたが、今は
>ダイヤの光でも、石の光でもどっちでもいいの。
という心境です。石でもダイヤでも、光ならそれはどちらも尊いと思います。
2006/09/24(Sun) 00:45 | URL  | leprechaun #79D/WHSg[ 編集]
■マーヤちん
>きっとダイアと交換してと言われても〝イヤ〟って断ると思う。
マーヤちんはきっとそう答えるだろうなって思いました^^。
そしてマーヤちんの持っている石がどんな種類かってのは分からないけれど、きっと一生懸命愛情をかけて磨くから、年月と共にとても素敵に光るんだろうなって思います。
■きうちん
>湧いてきた邪念を間引く
大人発言だーw。
私は沸いてきた邪念を間引ききれずに、気が付くと大きくなっていたりします。いい年していつまでもこんなでどうするんだって思いますが・・・。
2006/09/24(Sun) 19:25 | URL  | noa #79D/WHSg[ 編集]
■lepさん
>人間の場合は努力や運によって有る程度変化する
運っていうのとある程度っていうのが漠然としていて不安を誘いますがww、その石と地獄まで行く覚悟を決めて磨けば石が光り出すっていうのは何となく分かります。
でも難しいっ!!
誰かとの関係の時、自分だけが磨いているような気になったり、相手が磨きつづけるに値する人に思えなくなったり、逆に自分が相手にふさわしくないなと思ったりして、諦めつつ半ば惰性で磨く振りだけしてる人生になりそうな嫌な予感もしますww。
私は親や親戚や知り合いの熟年離婚夫婦を見すぎたかもしんないw。
2006/09/24(Sun) 19:41 | URL  | noa #79D/WHSg[ 編集]
 >でも難しいっ!!…大丈夫。根拠はないけどnoaっちは大丈夫。騙されてもいいじゃん。一生懸命していたら、相手もそれに応えてくれる。良くわかんないけど、noaっちは大丈夫な気がするんだ(noaっちを美化しているわけじゃないよ。マーヤのカンです)。
 lepさんの>磨く人によって石もダイヤになりうる…そう思った。仮にもし、noaっちのつかんだ石がヘンテコな石ころだったとしても、noaっちが磨けばステキなダイヤにかわる。絶対に…。
 回りの離婚は、反面教師にして、〝あぁ~、この人達は私が失敗しないように近くでお手本を見せてくれたんだ…〟って思えばいいよ。大丈夫。
2006/09/24(Sun) 20:39 | URL  | マーヤ #79D/WHSg[ 編集]
■マーヤちん
>根拠はないけど
で思わず笑っちゃった、ごめんっ(笑)。
ブログはその時思ったことをそのまま書いてるから、ダークでヘビーな話が多いんだけど、実はすぐに諦めてしまう方でもあるので(諦めるっていうと聞こえが悪いけれど)気持ちの切り替えは早いです。あ、だからすぐ投げ出して次って思っちゃうんだけどw
>noaっちが磨けばステキなダイヤにかわる
ありがとう~。
でももしステキなダイヤに変わらなくても、ヘンテコだし光ってないけどこれが結果なんだな・・・って受け入れてしまう思う気がします。
>反面教師にして
出来るだけがんばります・・・。
2006/09/24(Sun) 21:22 | URL  | noa #79D/WHSg[ 編集]
石ころは自分自身そのものの事なんでしょうか。
読解力がなくてスミマセン・・・。
もしそうだとすると、最初の例えとは関係ないようにも思います。
磨こうが磨かなかろうが、される人はされると思います(される人が悪いという意味ではありません)。
僕はこの歳になってまだ自分は特別だと思っていて、磨いてない汚れたままの石がたくさん、自分の中にはあると思っています。
でも、磨いてはいません・・・。
そういう訳で、なんとも言えないんだけど、ただ一つ思うのは、磨く行為も楽しみたいってこと。
例えにあるように、何十年も我慢することはできません。
何十年と言えば、人生の3分の1から半分もある。
我慢する行為が、その人にとってある種の楽しみならば、それはそれで良いとは思いますが・・・。
他のコメント読むと、なんだか的外れなコメントしてるような気がしてきた・・・。
ゴミなら削除して下さい。
2006/09/24(Sun) 22:43 | URL  | hokiinu #79D/WHSg[ 編集]
■ほきいぬさん
石ころは人間関係や家族(特にパートナー)との関係のことを差してました。でもいろいろ考えるうち、「自分」についても当てはまるなとも思いました。
私のその辺の曖昧さがいろんな受け取り方をさせてしまうのだと思います。
>読解力がなくてスミマセン
なんてとんでもないですw
>自分は特別だと思っていて
私も実の所自分のことは原石だって思ってますよ。自分大好きだしw。けど一方では特別じゃないことを知っていて見ぬ振りしているだけだって気もしています。
石が自分だとしたら、私は磨こうという意思はずっと持っていて、この年になってようやく布を持ってはぁっと息をかけ、さあ磨こうっていう所にきたところだと思います。
石を人との関係に例えるならば、私はその石が見込みある石なのかどうかをすごく気にするセコイ人間なので、見極めるまではいつまで経っても磨き始めることが出来ないのです。
2006/09/24(Sun) 23:36 | URL  | noa #79D/WHSg[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック