写真、短歌、日々の思ったこと。
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008年11月25日 (火) | 編集 |
 「きみが好きだよ」
 大木実
 童話屋
 2008年10月発行
 1313円

 図書館で借りました。
 1913年生まれ、1996年没の
 大木実さんという詩人の詩集。
 分かりにくい所はひとつもない、
 素直な言葉で書かれた詩です。

この人の詩は、慎ましやかで、誠実で、何気ない毎日の何気ないひとつひとつが、本当はとてもきらきらしていて大切なものなんだと思えるような詩だと思う。



何ということなく
妻のかたわらに佇つ
煮物をしている妻をみている
そのうしろ姿に 若かった日の姿が重なる
この妻が僕は好きだ
三十年いっしょに暮らしてきた妻
髪に白いものがみえる妻
口にだして言ったらおかしいだろうか

-きみが好きだよ

青年のように
青年の日のように


      ~大木実著「きみが好きだよ」の中の詩、「妻」~

この詩を読んで、心がとても温かくなった。
本には二十八歳で結婚とあるから、この詩を書いたのは五十八歳くらいの時ということになる。
長い年月を共に暮らして子供を育て、もちろんいろいろあっただろうけど、普通一般の人生を歩んでなお、妻に対してこれだけみずみずしい想いを抱いて詩を書けるってすごい。
とても幸せなことだと思う。
この人は本当に毎日毎日を大切に育んだのだろうな、と思う。
「月夜」、「稚な子のように」、「吊橋」、「金色の時」、「爪」、「日曜日」、「未明」・・・
どの詩も大木さんの温かさが滲み出ている。
こういうふうに生きなきゃいけないんだろうな、って思う。
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。