写真、短歌、日々の思ったこと。
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009年03月01日 (日) | 編集 |
2008年の題詠も、それなりに気持ちをこめて詠んでいた。
・・・つもりだったけれど、今思えば、ちょっと違うなー。
完走を目指していたから、期限を気にして詠んでいたように思う。
自分で気に入ってる短歌もいくつかはあるけれど、気に入っていない短歌もたくさんある。(そういえば自選をやろうと思っていたのに、忘れてるw)

2009年の題詠は正直、完走しようとは思っていない。
できればDILIさんの提出したお題の「好」にたどり着きたいとは思っているけれど、そこまで行けるかどうか。
解説するのもどうしようか、こうして書いてる今も迷ってるw
走るのも詠むのも、いつ消えてもおかしくない蝋燭の灯って感じ><
気の向くまま、でも必ず”納得するものを”、を方針としてます。(今のところ)

001:笑
「笑ってよ私たちあと100年後自由になって虹にもなれる」

100年後、この肉体はない。
失ってしまったら、もう二度とこの体で生きて、話して、笑いあうことはない。
一期一会のいろんなものを大切にしなきゃなのです。

002:一日
「福井一日本一世界一きみを、やさしくふるわす雷鳴のごと」

あー・・・自分で詠んでいるのに、忘れてたらダメやんw

003:助
「補助輪をすべてはずしたあの朝の光で発芽しちゃったあたし」

初めて補助輪をはずした自転車に乗れた日のことを、ハッキリと覚えてる。
乗れるまで毎日、保育園へ行く前に、母親に後ろを持ってもらって朝練してたw
朝の日差しの中で初めて補助輪なしで自転車に乗れた時、前へ進みながら、植物が上へと伸びる感覚をあじわっていたように思う。
世界が広くなったような、視界が開けたような感じがあった。
たぶん、すごく嬉しかったんだと思うw
あの瞬間にわたしは、いろんなことを自分でして、いろんなものを自分の目で見る快感を知ってしまった。
大人になり始めた。

004:ひだまり
「ふきだまり三丁目に住むボス猫が夢に見ているひだまり二丁目」

遠いぃ~・・・
「陽だまりか影だまりにてきみはただ黙って指を舐められており」
陽だまりを漢字で使いたかったので、TBはボス猫に譲りました。

005:調
「4日前ふたりは互いを調べ合いまた7cm距離を縮めた」

どれだけピッタリくっついて確かめても、離れるとすぐに見失ってしまう。
どうすればいつも一体のように感じていられるんだろう?

006:水玉
「水玉のてんとう虫が、この恋が、白黒パンダが、夢が、リアルが」

てんとうむしもパンダも、昨日、動物園でキリンとかシマウマを見た時も思ったけれど、なんでその模様?
なんであれじゃなくて、それなの?
たまたまそれだったのか、それじゃなきゃいけなかったのか、夢と現実が逆でも良かったんじゃないか?
だけどそれは、あれじゃないし、これでもない。
「水玉のてんとう虫の、この恋の、白黒パンダの、ありえない在り」
「水玉のてんとう虫の、この恋の、白黒パンダの、なぜを並べる」


007:ランチ
「日曜日ブランチの後『さて今日は何する^^?』っていう感じで好きだ」

キチキチじゃなくて、時にはだらだらだけどいつもじゃなくて、何やっても良いけど何もしなくても良くて、なんか気分良いな、好きなんだけど?みたいな。
「漠然としてるランチの約束がキリストよりもあたしを救う」
救いますねー。
ハッキリ決まってないほうがむしろ、それで終わりっていうんじゃなくて良い場合もある。
「恋じゃなくランチじゃなくて昼メシでいいから毎日一緒に食べたい」
飢えすぎ(汗)

008:飾
「その指に飾られているプラチナはかの有名な永遠ですか?」

そんなものが永遠の証なんてwって思うけど、そんなものを着け続けるってことが証なのかも。
人間は弱いから、そういうのが拠り所になったりする。
「飾るのが人の世の礼 お世辞とおつきあいとで肥大した脳」
脳が肥大して、サルは人間になったのです。

009:ふわふわ
「君の手がしだいに遠慮を忘れてく もともとふわふわなの脳みそは」

君の手が遠慮を忘れるのと同時に、わたしの脳もすべてを忘れていく。
「まっすぐに目を見て確かめながら、して そのふわふわに触れるときには」
君が私を見ているのを見ると、とても幸せな気持ちになる。
私が君を見ているのを見て、私の中に君がいるのも見て欲しい。

010:街
「少しずつ街を追われていったのです 最後のグスクも失いました」

これから、どこへ行こうかな。
どこへ行けば良いかな。
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
こんばんは
題詠2009の のーさんの短歌、素敵なのばかりなので、どれが良かったとかのコメントが付けられません。
強いて挙げれば、心温まる009の二首などw
私が詠む前と詠んだ後との違いはあるのかもしれませんが、去年の作品たちよりもずっと良いと思います。
私ものーさんを見習ってもっと丁寧に読めばいいのですが、反映されるのは4月中旬以降分ですw
では、頑張ってくださいww
2009/03/03(Tue) 01:01 | URL  | DILI #/I6ykovo[ 編集]
■DILIさん
こんばんは。

嬉しいコメントをしていただいて、ありがとうございます^^

ブログではごっつネガティブなわたしですが、現実ではポジティブ人間だと思われております。(たぶん)
現実を健やかに生きるための影捨て山、そのための「のーずのーず」なので、短歌は(も)ダークサイドに偏りがちですw

見ている人がしんどくなったり、大丈夫かこの人・・・って思ったりするのかも知れませんが、そんなの知ったこっちゃないwwので、寛大な読者の方々には、「ま、良いか」の精神で、かる~く流し読みして頂けたら、と思ってますw
でも、これでも実は、ちょっこし読者の気分を気にしてたりはするんですよww

DILIさん陸王さんは、だいぶ詠み進めているみたいですね。
正直、陸王さんの作品も、去年よりずっと良いです。
去年は陸王さんも地球に来たばかりで右往左往?してたみたいですが、今年は前面にヒーローを出さずに詠んでいて、慎ましやかな、短歌ヒーローになりましたねw(←えらそーにw)

>私が詠む前と詠んだ後との違いはあるのかもしれませんが

ん?この文の意味が分かりませんでしたe-330
が、お好みは009の二首ですか・・・なるほど。
(DILIさんエロ好み・・・とe-122e-508
お好みに添えるよう、それなりにがんばってみますww
2009/03/03(Tue) 20:08 | URL  | ノサカ レイ #uv1XZDJs[ 編集]
いつもお世話になってますジュワッ彡!
(あ、口癖なので気にしないでくださいw)
題詠2008のときは、のーさんが完走してから私が詠み始めたのですが、いわば後出しジャンケンで負けるような状態だったわけです。で、今年は、私の方が先に生みの苦しみを味わっていて、答え合わせをしたらこんな解法があったのかというような感覚で、とても新鮮に映っているのです。
「試験が終わると本当の勉強が始まる」のようなものです。

最近の私は、何らかの心の震えを詠む歌の割合が増えてきました。(でも、かなりの歌は説明だけにとどまってますw)
その転機は、3月3日に公開した、「030:牛」のエロ短歌でした。
好みと言えば、大好物かもww
あとは、もっと表現力を磨いて、誰が読んでも心を共有できるような、自己満足ではない歌を詠めるようになりたいですウィッシュ彡!
2009/03/04(Wed) 00:01 | URL  | 陸王 #/I6ykovo[ 編集]
こんにちは。

「003:助」の歌がかなり好きで、「009:ふわふわ」は二つの歌のどちらも好きです。
「005:調」も好きだけど、具体的な数字が出てきてるのが、ん?なんで7cmなんや?とか気になってもやもやしますw
こんなふうに言われるのは嫌かもだけど、本領発揮な感じがしてます。

今年の題詠はじっくり詠まれてるみたいで、あんまりアップされずに寂しいですが、でも読み応えがあって良いですね。
これから先も楽しみにしてます。
2009/03/04(Wed) 09:49 | URL  | ほきいぬ #n08XGfOg[ 編集]
■陸王さん
こちらこそいつもお世話になっておりますe-426

>私が詠む前と詠んだ後との違いはあるのかもしれません

は、そういう意味だったのですね!
行間・・というか文が読めなくて申し訳ありませんでした~w

私の感覚では、2008年の題詠で同じお題で短歌を詠んでいるといっても、DILIさんと私の短歌は違う種目のような感じでした。
同じスポーツで球を使うけれど、サッカーと野球という感じ。
試合はできませんw

「答え合わせをしたらこんな解法があったのかというような感覚」というのは、先に詠んでいる場合、私も感じることがあります。
「こんな解法が・・」って、うまいこと表現するな~って感心してしまいましたww

時間が経つにつれ、お題を使った言葉がどんどん出てきて、目新しいものはなくなっていきます。
2008年の時はとにかく早く詠まないと、詠む言葉がなくなるような気もしてあわてていたように思います。
子供でした(笑)

最近、私は短歌の詠み方が少しだけ変わりました。
ほむほむ(穂村弘さん)の本で読んだ、あることが頭に残っているからです。
それは、「その言葉でなければならないか?」というようなことでした。

前は割と、その言葉でなくても、他の言葉でも成り立つような短歌をばんばん気にせず詠んでいたのですが、ほむほむのその言葉を本で読んで、最近はお題を短歌に詠みこむ時に、そのお題でなければならない歌を詠みたいと思って詠んでいます。
どうしてもそのお題の気持ちになれない時は、負けてしまうかもしれませんがw

>誰が読んでも心を共有できるような、自己満足ではない歌

私の短歌は自己満足が多いですがe-263、ほんと、そういう短歌を詠みたいです。
自分が思っていること、感じていることが相手に伝わるように、相手の感じていることを、私が感じ取れるように、私もアンテナと表現力を磨いていかなければe-228

それにしてもエロ短歌がきっかけで、心の震える短歌を詠むようになったとは・・・
よほど大好物なのですね!www
2009/03/04(Wed) 18:25 | URL  | ノサカ レイ #uv1XZDJs[ 編集]
■ほきいぬさん
こんばんは。

「003:助」の歌、実は、キター!な歌なので、気に入ってもらって嬉しいです^^
この短歌を詠み終わったときの達成感、満足感、すばらしかったです。
珍しくネガティブでない短歌でキター!だったので、喜びもひとしおww
「010:街」も実はめっちゃキター!のですが、ネガティブ短歌はあまりキすぎるとあかんですねw
心臓が縮んで無くなるかと思いましたv-12e-330

「009:ふわふわ」の二首、人気ですね~w、嬉しい限りです。
(自称むっつりのほきいぬさんは、ほんとにエロだった・・・とe-122e-508

「005:調」の数字については、最初の4はそのままストレート、7cmは、10cmでは多すぎる、5cmでは短すぎる、7cmくらいは縮まったんじゃないかな、ていう、感覚で決めましたw
ていうか本領発揮って・・・エロ短歌のこと~?
ま、自分、甘いものはいけるくちですから!ww

>今年の題詠はじっくり詠まれてるみたいで、あんまりアップされずに寂しいですが

ほーきーいーぬーさーんーにー!言われた~www
私も、ほきいぬさんの短歌を楽しみにしているんだから、スランプとか言ってないで、がんばって詠んで完走して下さい!
2009/03/04(Wed) 19:15 | URL  | ノサカ レイ #uv1XZDJs[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。