写真、短歌、日々の思ったこと。
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009年06月29日 (月) | 編集 |
P1100595.jpg1983年の原田知世さんの映画のほうです。
一年前くらいからずっと観たいと思ってたんですが、地元のレンタル屋さんにはDVDもビデオもなく諦めかけていたのを、楽天レンタルのお試し会員でやっと借りることが出来ました♪

26年前(!)の映画だけあって、CG(?)も役者さんも台詞もいろいろと昭和な感じですが、これはそういうとこに難癖付けない人に観てもらいたい映画です。
なんて言ってる私も、知世ちゃんの白のブルマー姿が画面に現れたときには、
ぶ、ぶるむわっっΣ(@□@)!?(しかも白ーっ!!?)
・・・って驚きのあまり目が2倍の大きさになってしまいましたが(笑)

登場人物たちが通う高校の制服、かばんの持ちかた、尾道のタイルが貼られた道、古くて湿気とかシロアリとか今だったらいろいろと気になりそうな家たち、幼馴染の家の近くの火事を心配して見に行くときの和子(知世ちゃん)の服と下駄(!)、そして知世ちゃんの「ふかまちくん」の発音・・・
すっごく良いです!
もー!どんだけツボを突くつもり~!?・・・ですw
ラストの主題歌の映像もすごく良かった~。
白のブルマーも目に焼きついて離れません(おいwww)

当時のわたしも何度かこの映画を観たことがあるはずなんだけど、当時はこの映画の良さというものがぜんっぜん分かっていなくて、ただ表に表れているタイムトラベルの話だとか、和子ちゃんは吾朗ちゃんと深町くんのどっちが好きなのとかw、日本人形こわ~><とか、そういうことしか見ていませんでした。

じゃあ今はこの映画の本当の良さが分かっているのかと真面目に問われると自信はないのですが(汗)、もしわたしが今の目で当時にこの映画を観ていたなら、今とはまったく違った場所に立っていたんじゃないかって気はします。
いろんなことの選択の基準がまったく違っていたんじゃないかな・・・。
それが良いことか悪いことかは分からないし、今も十分幸せなのだろうけど、今とは違った世界にいたかもしれない私の、今とは違う幸せを見てみたかった気もするのです。
うまく言えなくてどうもすみません(笑)

尾道は今はどうなっているんだろう?
尾道はこのまえGWにかすめ通ったけれど、時間がなくて通り過ぎただけだった。
今はもうこの映画のような風景は残されていないのかも知れないけれど、近いうちに尾道に行って、3日くらいかけてゆっくりと歩いてみたいと思いました。

ちなみに、2006年にアニメの「時をかける少女」が公開されたけれど、これは似ているけれど違う映画だと思いました。
アニメもまあ、それなりには良いけど、やっぱり薄い。
薄いのはわたしの感性なのかもしれないけれど、より濃い味を求めるのであればやはり1983年ものだと思います。
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
NO TITLE
これはまた超古いのをレンタルしたのねぇ。何度もテレビ放映されてる気がしますよ。学生のころ筒井康隆が好きでたくさん読んでた中の一つだったので、2回ほどテレビでみたような、見なかったような?感想は…
よく覚えてない。w
2009/06/29(Mon) 23:14 | URL  | Rav #-[ 編集]
■Ravさん
>これはまた超古いのをレンタルしたのねぇ。何度もテレビ放映されてる気がしますよ。

ずーっと知世ちゃんの弓道着と天使だったか子供だったかのガラスのキス人形をチュッとさせるシーンが頭のなかでぐるぐるしてて、だけどどんなストーリーだったか思い出せなくて観たいと思ってたんです。
昔はテレビで何度も放映されてたんですけど、最近見ないんで、借りてみました。
良かったので保存盤を焼きました~。
一緒に借りたトランスフォーマーはつまらなかったですi-195
リベンジを観にいく前にって思って借りましたが、観にいく気がうせてしまいました・・・。

時をかける少女は小説のほうは読んだことないので、時間があるときに読んでみたいですe-122
2009/06/30(Tue) 01:15 | URL  | ノサカ レイ #uv1XZDJs[ 編集]
NoTitle
読み逃げばかりですいません。久々にコメントなんぞ。
というか、大林信彦と尾道3部作の話が出てきたのに、避けて通る訳にはいきません!

僕は、尾道3部作、そして、新尾道3部作って言われる大林監督の映画が大好きなんです。今でも本気で、定年退職後は、尾道で老後を過ごしたい、と考えているぐらい大好きです。

大学の時に、当時付き合っていた(?)彼女と、一緒に尾道に行って、映画のロケ地散策とか、町をめぐってみたりしました。今では良い思い出です。

「時をかける少女」を含む尾道3部作も好きですけど(「転校生」の小林聡美の“あの”シーンとか)、今まで映画を観た中で一番好きなのが、新尾道3部作の「ふたり」って映画です。もう10回以上レンタル借りました。テレビ放映も含めて20回ぐらいは観てます。

話がそれちゃいましたが、そんなわけで、「時をかける少女」も大好きです!

2009/07/01(Wed) 17:57 | URL  | shino280 #-[ 編集]
■shinoさん
>読み逃げばかりですいません。

いえいえ、こちらこそずっと読み逃げしててごめんなさい!
久々にコメントなんぞ。
shinoさん、尾道と大林監督の映画を愛しているんですね~。

> 大学の時に、当時付き合っていた(?)彼女と、一緒に尾道に行って、映画のロケ地散策とか、町をめぐってみたりしました。今では良い思い出です。

すごい素敵な体験&思い出ですね!
ああ、なんか羨ましいです~。
他人事ながら、なんだか一生忘れない思い出になりそうな気がしますv-398

新尾道3部作の「ふたり」、観たことないかも?
今度レンタルしてみます!
2009/07/02(Thu) 00:00 | URL  | ノサカ レイ #-[ 編集]
NoTitle
をー、なつかs-。これはリアルタイムで見ましたよ。当時は筒井康隆ファンだったので、「原作と違うッ」と憤ってしまいましたが・・・(三輪車が逆走するとことか)。原作は結構本格的なSFなのに、映画では単なるアイドル映画になってしまったのが、憤りの原因なのですが。

三部作ではこれよりも「転校生」のほうが好きでしたね。
2009/07/05(Sun) 13:35 | URL  | leprechaun #-[ 編集]
■lepさん
lepさんも本からの人なんですね。
私は原作を読んでないのですが、それってラッキーだったかも知れないですね~。
単なるアイドル映画をミーハーに楽しんでしまいましたww
今度原作を読んでみようと思ってます。
「転校生」も面白かったですね!
もういちど見たいけど、楽天レンタルにないんですよね~。
今月終わったら退会してツタヤで探してみようかな。
2009/07/07(Tue) 02:02 | URL  | ノサカ レイ #uv1XZDJs[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。