写真、短歌、日々の思ったこと。
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009年08月12日 (水) | 編集 |
アマルフィ

「アマルフィ ~女神の報酬」を観にいってきました。
さすがフジテレビ開局50周年記念作品だけあって、気合が入っているのがすごく伝わってくる映画でした。
もう、流れとか意味は二の次で良い、サラ・ブライトマンに歌ってもらって力ずくで盛り上がっちゃえ的フジテレビのいつものやり方って感じでした~!!(←大喜び)

突っ込みどころのない映画など存在しないと思いますw
映画好き、映画フェチの人にしてみたら「なんだこれw」っていう映画なのかも知れませんが、普通のただの映画好き、映画は娯楽という私は、すごく面白くてよくできている映画だと思いました!
これはもう、祭りだ祭り!わっしょい!わっしょい!! みたいな(笑)

織田裕二さんとイタリアを巡る旅、というかw、若干CMめいている映画なので、この映画を観るとイタリアに行ってみたくなるんじゃないでしょうか。
映画は南イタリアで撮影されていたので、数年前に南イタリアへ行った私は、行ったことのある場所がたくさん出てきて楽しめました。
やっぱりいつかもういちどアマルフィに行って、今度は数日滞在してうろうろしてみたい(マテーラもね)と思いました。

それにしても、映画のタイトルの「アマルフィ」はあんまり関係ないように思います(笑)
チラッとは出てきますが、とくに重要な場所という設定でもないように思うし、「女神の報酬」の意味も不明です。
福山雅治さんの存在にいたっては「それって必要?」って感じw
記者という設定でしたが取材している様子も記事も一切出てこず、イタリア旅行に来た、ただの(女好きの)観光客のよう・・・。
あれだけのシーンの撮影のためにイタリアへ?
フジテレビから福山さん、そして福山さんのファンへのサービスだったんでしょうか?(笑)

私が抱いたいくつもの疑問の答えは、破壊屋さんのサイトで激しく突っ込まれていたので、勝手にリンクしておきます。
リンクサイトはネタバレを含んでいますので、映画を観て楽しんでから読んだほうが良いですよ☆
原作を読んでみたくなりました。

映画「アマルフィ 女神の報酬」公式サイト
破壊屋「アマルフィ 女神の報酬」

原作「アマルフィ 」真保裕一著


スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
NoTitle
天使と悪魔につづき、イタリアの景色満載ってことで気になってはいるんだけど、アマルフィはとても小さな村で道が狭いのでどうやって映画撮ったんだろう?って思ってたら、あらすじを見る限り、アマルフィじゃなくて、ローマロケ中心じゃん!?と見る前からツッコミ入れてます。あそこは大型ロケは難しいかなぁ…せまーい道を完全封鎖になってしまうから許可が下りなかったんだと勝手に推測してます。アマルフィからポジターノ、ラベッロあたりはほんと風光明美だけど、恐怖の細いくねくね絶壁道路のカーチェイスロケとかしたらすごく面白かっただろうなぁ…ガードレールにぶつかりそうで何度「あぁ危ない!怖い!」を連発したことか。狭いのに大型バスがビュンビュン飛ばしてて、南イタリア人のスゴさを思い知りました。

ビデオじゃなくて大画面で見る価値あると思った?
2009/08/12(Wed) 20:14 | URL  | Rav #-[ 編集]
■Ravさん
そうそう、Ravさんはアマルフィを車で運転したって言ってましたね。
私はバスで通ったのですが、コメントで書いてくれたように、飛ばすので崖から落ちるんじゃないかとビクビクしてました。
あんなところを運転するなんて、すごい!

>アマルフィじゃなくて、ローマロケ中心じゃん!?

ですww
「ローマ 女神の報酬」じゃちょっと締まらないとはいえ、一口かじる程度しか出てこないアマルフィをタイトルにするのはどうかと思いましたが、原作では意味があるのだそうですよ。

>ビデオじゃなくて大画面で見る価値あると思った?

ビデオで良いと思いますw
ビデオで観てから、リンクした破壊屋さんの「アマルフィ 女神の報酬」ツッコミ記事を読んでツッコミの答えあわせをしてw、それから原作を読み、そして再度南イタリアを訪れる・・・という流れが良さそうですw
映画を最後にすると色眼鏡で観てしまって楽しさ半減かも。
原作はまだ読んでないので面白いのかどうか分からないですけど。
2009/08/13(Thu) 01:02 | URL  | ノサカ レイ #uv1XZDJs[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。