写真、短歌、日々の思ったこと。
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009年09月26日 (土) | 編集 |
P1110840.jpgお鉢巡りが終われば、後は下山するだけ。
吉田ルートは6合目まで登山ルートとは別の下山ルートがあります。
あります・・・が、間違って8合目まで、登山ルートのほうを下ってしまいました。
下っても良いんですが、岩がゴロゴロしてて時間がかかります><

八合目トモエ館で宿泊すると、頂上へ行く時に要らない荷物を預かってくれます。
それを引き取りに行って荷物をパッキングしなおし、トイレ(有料100円)、水の補給を済ませて、靴紐を下山仕様に硬く結びなおし、いよいよ下山です。

P1110849.jpg  P1110850.jpg
八合目からは下山ルートのほうを下りました。
右の写真にちょっと写っているけど、山小屋へ荷物を運ぶブルトーザーの道で、延々と続く砂地です。
しばらく行くと、雲のすぐ近くまできました。
下界は曇りのようで、下がちっとも見えません><

P1110855s.jpg七合目の山小屋たちが見えてきました。
登山ルートは山小屋の前を登っていくのですが、下山の時は山小屋のないルートなので、途中で水を買ったり食事したりが出来ません。
知らんかった・・・
途中、水が切れてしまい、喉が渇いたりお腹が空いたりしたけど、飴やチョコ、あとは気合で乗り切りますっ。

P1110858.jpg  P1110857.jpg
帰りはガスっていて、景色は見られませんでした。
道には溶岩石がゴロゴロしてきます。
赤と青の石がいっぱいでした。
頂上から五合目までの気温差がだいぶあるので、こまめに服を調節しながら下ります。

P1110860.jpg  P1110864s.jpg
延々と続く砂地と石の下り道(しかも景色は見えない><)で足と心に疲労が溜まりきったとこへもってきてこの階段!
キツイわ~!

この辺りから、男子ぃ~がザックを2つ抱えて、「もうヤダーTT」みたいになった手ぶらの女の子とトボトボ歩いている・・・っていうのを2、3組見ました。
若いってええね~、もうちょっとやから二人ともがんばれ~w

・・・けどな女子、

おばちゃんになってそんなんなったら、置いていかれるかもしれんで。
おばちゃんになるまでに、一人で何でも出来るように体力付けとくんやで~wと心の中で要らん忠告をしながら通りすぎる私なのでしたw

P1110865.jpg  P1110866.jpg

P1110867.jpg六合目より下に来ると花が咲いています。
左上はヤマホタルブクロ、右上はキオンっていう花かな?
←はヤマトリカブトです。

P1110868.jpg登山口付近まで来ると、馬に乗っている観光客の人も見かけましたw
午後12時40分ごろの写真ですが、これから登るって人たちもいました。
八合目から五合目まで、3時間20分掛かりました。
ガスってて景色が見られなかったからか、長い砂地だったからか、私は登りより下りのほうが辛かったです><

P1110871.jpg下山後、富士吉田市の吉田うどぅんを食べに行きました。
腰の強さは天下一品!!ってだけあります。
私史上、最っ高にカッタイうどぅんでした・・・。
よく噛んで食べると割とおいしかったような、でも別にまた食べたいとは思わないような(ごめん)、でも知らない人にはあの硬さを一度体験して欲しいような、不思議なうどんでしたw

P1110872.jpg道の駅で食べた吉田うどんタイヤキは、普通より少し腰のあるタイヤキって感じで美味しかったです。

行きしなは「来た道と別ルートで帰って富士宮焼きそばを食べる!」と言っていたYちゃんが、疲労困憊で「焼きそばはもういいわ・・・普通に帰ろう・・・」と力なく言うのでw(←笑ってるし)、来た時と同じく、中央道から名神、北陸自動車道を使って帰りました。

P1110873.jpg帰りも諏訪湖SAの温泉に入って汗を流し、私のためのドリップコーヒーを飲んでw、山梨、長野、岐阜、愛知、もっかい岐阜、滋賀、福井、と6県を移動した富士登山の旅が無事に終ったのでした~。
お疲れさまでした☆


それほどたくさんの山に登ったわけではありませんが、登ってみてやはり、富士山は他とはちょっと違う山だと思いました。
木が生えてなくて見晴らしが良いし、周りに山がないのも変わってます。
高山病が・・・って言いますが、水分をこまめに取って、ゆっくり休みながら登れば大丈夫です。
食べ物も水も山小屋に売っているので、お金と防寒着や雨具だけ持っていけば荷物もそう重くはならないと思うので、登山初心者でも割と楽に登れる山のような気がしました。
熊もいそうにないしね!w

ただ、ツアーはガイドさんのペースで登るし、休憩もみんなと一緒、ご来光も有無を言わさず全員で頂上で、って感じなので、人と合わせなければならないために高山病になる人が多いように思います。
出来れば個人で山小屋を予約して行くと良いです。
シーズン中(7、8月)であればまず周りに人がいないということがないと思うので、一人でだって登れそうです。
日本一の山だし、ここをクリアすれば他のどんなことをするのも、がんばれば出来るんじゃないか?と思えます。
体が動くのであれば、まずは近場の小さな山から始めて、一生に一度は富士山に登ってみるのをお勧めします。
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。