写真、短歌、日々の思ったこと。
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010年02月24日 (水) | 編集 |
P1130876.jpg23、24日は楽天屋さんという素泊まりの宿に滞在しました。
宿は、左の写真の二階建て木造の建物と、下の左写真のような赤瓦の平屋の2つの建物があって、私は赤瓦のほうの部屋に泊まりました。

P1130855.jpg  P1130870.jpg
左の玄関を入ると、右のような広間があり、宿泊者は自由にPCを使えます。

P1130872.jpg  P1130873.jpg
洗濯機は無料、乾燥機はコイン式でした。
お風呂とトイレは共同で、二つずつあります。
お風呂は男女の区別はなく、鍵を閉めて入るようになっていたので、マラソンを走ったらしき家族連れは、マラソン後に湯船にお湯を溜めて家族で入ってました^^
食事は付いていないですが、繁華街に近い位置にあるので食べるのに困ることはありませんでした。
一泊一人3000円。
立地が良かったので、石垣市内でステイする時はまた利用しても良いかなって思いました。

P1130850.jpgで、24日、マラソン当日。
朝が早いのでお店は開いてないということで、朝ごはんは前日にコンビニで買っておいたタコライスとサラダ。
会場までの2.2キロをアップがてら歩いて移動しました。

TS3800260.jpgそして、フルマラソン。
←ゴール直後の写真です。

サブフォー達成できて、ほっとしたのと嬉しいのもありましたが、それより何よりヨレヨレでしたw
カッコよくポーズを決めるどころか笑うことすら出来ませんでした。

完走報告記事はこちら♪

ゴール後のアクエリアス、大き目の紙コップだったけど、5杯はお代わりしました。
飲みすぎは良くないって思ったけど、止まらなかった・・・。
10分くらい休んだら動けるようにはなったけど、ご飯は食べる気しなくて(食べたら吐きそうで)、お昼はパス。
大会の後に交流パーティがあるということだったので、一旦宿に戻ってシャワーを浴びて・・と思っていたのですが、面倒くさいのでそのまま着替えて、パーティー会場で休みながら開演を待ちました。

100124_1541~0001完走すると首にかけてもらえるメダル。
にふぁいゆーって、ありがとうっていう意味だそうです。

100124_1548~0001  100124_1547~0002

100124_1521~0001地元の高校生や太鼓グループによる、石垣島の伝統芸能のショーと抽選会がありました。
抽選会、当たりそうな気がしてたのに何も当たらなかった~w
でも、伝統芸能のステージ、すごく楽しかったです。
交流パーティー会場は室内で暖かいし、砂地の上にブルーシートが全面に張られていて、靴を脱いでゆっくり休むことが出来ました。
居心地の良い大会だなって思いました~。
さすがマラソン100選に選ばれるだけある!

交流パーティの後はまた歩いて宿に戻り、シャワーを浴びて身支度を整え、ついにご褒美の石垣牛です♪

スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
 コンビニでタコライスを売ってるのが凄いね。
 
 のーたんの人生は濃くて見習いたいな…ってすごく思います。いろんなことにチャレンジして、好奇心旺盛で、さぼることなく人生ぎっしり楽しんでる感じが素晴らしいです。
 
 >カッコよくポーズを決めるどころか笑うことすら出来ませんでした。
 ⇒完全燃焼だね。『もう、どうでもいい』って言うか、少しの力も残ってない…って位、何かに全力で取り組むのがすごいです。
2010/03/01(Mon) 09:01 | URL  | マーヤ #-[ 編集]
■マーヤちん
サボることなくっていうのは違うと思うよ~w
私は、動く時と動かない時の差が激しいです。
ただ、母親が子育て終わって人生これからって時に亡くなってしまったのを見てて、やりたいことがあるならサッサとやらなきゃ、いつ、明日にでもできなくなるかも知れないっていうことはいつも思ってます。

昨日TVで、東京マラソンに出たかったけれど諦めた男性が出ていました。
一年前に奥さんから子供が出来たと知らされて、その次の日に会社が倒産したんだって。
その後再就職は出来て東京マラソンにも行ける予定だったんだけど、2月に入って会社から給料の支払いを少し待って欲しいって通知が来たらしく、大変な時なので、娯楽のマラソンに行くのを諦めたって言っていました。
すごく楽しみにしていて行きたかったけれど諦めた・・・って言って、とても残念そうでした。

人それぞれ考え方があって、その人は家族のためを思ってか、本当に費用を捻出するのが難しかったかで行くのを止めたんだろうけど、私だったらきっとどんなことをしてでも行っていたと思います。
もし自分の旦那さんがそういう風に諦めるって言ったら、頼むから行ってって言うと思う。
だって、来年また抽選に当たるとは限らないし、来年は来年の理由があって行けないかもしれないし、来年までに死んじゃうかも知れないしw

こういう考え方は、現実的じゃないとか恵まれているからだとか思われそうだけど、今諦めても次があるからって楽観的に思わない所が現実的だと自分では思ってますw
2010/03/01(Mon) 21:02 | URL  | 野坂らいち #uv1XZDJs[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。