写真、短歌、日々の思ったこと。
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010年03月04日 (木) | 編集 |
上村愛子さんのブログ記事で紹介されていた言葉。
難題のない人生は『無難な人生』
難題のある人生は『有り難い人生』
友人の方が、上村さんは後者を歩いていると言ってくれたと書かれていました。

無難な人生がつまらない人生というのではなく、それぞれの人が自分で選んだ人生を生きていて、そのどれもがかけがえのない素晴らしいものなんだと思います。
どんな人生を歩いているとしても、幸せなのは、それがかけがえのない素晴らしいものだと思う、思えること。
逆に不幸なのは、自分の人生が素晴らしい、楽しいと思えないこと。

先日、東京マラソンのニュースの中で、走った人のひとことメッセージが紹介されていました。
その中に、「限界は意外と限界じゃない」というのがあり、私は思わず頷かされてしまいましたw
自分の中で決めている限界をよ~く見てみると、それは”世間体”だったり、”臆病”だったり、”いわゆる常識”だったりするのです。

自分の人生が楽しいと思える人は、そのままどんどん行っちゃってください!ww
自分の人生が楽しくない人は、何で楽しくなるようにしないんですか?
よ~く考えてみてください。

限界は意外と限界じゃなく、誰かが出来ていることで自分に出来ないことは意外と少ないです。
なのに楽しくなるようにしないなんて、もしかしたら、楽しくないことの裏に自分が大切にしている何かがあるんじゃですか?
無難な人生は難がなくて素晴らしい、無難でないチャレンジャーな人生は難があって有り難い。
自分が選んでいるんだっていうことを、忘れないようにしたい。
みんなが、自分の人生は素晴らしい!楽しい!って思って生きていけたら良いのにって思います。
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2010/03/04(Thu) 08:31 |   |  #[ 編集]
■秘密さん
コメントレスはメールにしたから読んでね~!
2010/03/06(Sat) 02:23 | URL  | 野坂らいち #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。