写真、短歌、日々の思ったこと。
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010年04月10日 (土) | 編集 |
屋久島に行くことが決定したのが3月15日、出発の2日前。
2日間で大まかな予定を組んで、とりあえず予約が必要なものは予約しまくりました。
3連休を挟んでいたけれど予約がどれも取れたのは、屋久島登山がシーズンインして間もなかったからだと思います。
15日に登山用品をレンタルするのに予約が要るか問い合わせた時、「2日前まで山の上の方は30cm雪があったんでー・・・」って言われて焦ったくらい、シーズンオフとインの間だったのです。

次回のため、屋久島に興味がある人のために、事前予約や準備したものを書いておきます。

■事前に予約したもの
・往復のフェリー(大阪⇔志布志)
・往復のトッピー(フェリー時刻に合わせて便を決定)
・2日目の宿(トッピー到着時刻から、島に着いてすぐ登山できないため)
・登山口へ向かうためのタクシー(バスがない!)
・レンタカー(登山後の温泉や夕食、次の日の移動用に軽自動車を24時間で)
・4日目の宿(下山の場所が違うので、2日目とは違う宿)

※早朝に引き取りできる登山弁当は、問い合わせたら前日の予約が良いと言われたので、屋久島に到着してから予約することにしました
※山小屋宿泊のためのシュラフを一人分借りたのだけど、この時期は予約しなくても可でした(事前にいちおう確認した)

■準備したもの
一番悩んだのが、登山前の2日目の宿と登山後の4日目の宿が違う宿だということ。
登山用リュックに、それまで着てたものやその後の着替えなど、すべての道具を入れなければならず、汗だくでばっちい着たきりスズメになるか、着替えなどを減らさず重い荷物を背負って1936mまで登るか、究極の選択をしなければなりませんでした。
で、悩みに悩み抜いて私がリュックに詰めたものたちは以下の通りです。

・シュラフ(登山用のではないから、デカイ><)
サバイバル防寒シート(山は0℃以下になることもあり、シュラフだけでは寒いため)
・雨具(農作業用のカッパの上下w 登山用じゃないのでかさばるし、重い)
・ヘッドライト(山小屋は電気がないのと、4日目の山小屋出発が日の出前なので)
・ガス
・バーナー
・鍋(ガスを収納できる)
・カップ
・折りたたみ座布団マット(これが結構役に立つのです)
・500mlペットボトル(飲み水用、ハイドレーションシステム)
・2Lの水入れ(調理水用に、登山用のぺらぺらになる入れ物)
・コーヒー、紅茶、ホットレモンなど飲み物用粉末
・飴、チョコ、シリアルバーなどの移動食
・登山弁当2個
・カップ麺2個(レギュラー&カレーw)
・ジップロック3枚(ゴミとか、持ち帰るのに汁がこぼれないから必須です)
・ザックカバー(雨天時にザックに被せて中身を保護)

・シューズ(最後まで悩んだけど、重すぎる登山靴で街はキツイ・・)
・タオル1枚(バスタオルなんて贅沢はできん!)
・歯ブラシ、歯磨き粉
・日焼け止め、化粧道具
・洗面道具(ボディと髪と洗顔は一つでいけるもの、トリートメント、ナイロンタオルw)
・芯抜きトイレットペーパー1巻き
・ウェットティッシュ
・酔い止め(船酔いするんで)
・ヒートテック上下1対
・登山前の服(一部、直接肌に触れないものは登山後も着る)
・登山後の服(かさばらないもので気温の変化に対応できるもの。これが難しい・・・)
・換えの靴下2枚、タイツ1枚
・携帯の充電器、デジカメの充電器
・携帯、デジカメ、財布など

う~ん、もしかしたら書き忘れがあるかも。
あと、リュックに入れた以外で身につけていたものは以下の通り。

・帽子(寒いらしいので、ニット帽にした)
・ヒートテック上下
・ドライの長袖Tシャツ
・ナイロンジャケット
・登山用ダウンジャケット
・登山用パンツ
・スパッツ(泥よけ)
・登山用の分厚い靴下
・登山靴
・時計

P1140235.jpgそんなこんなで3月17日、出発当日。
家を出る直前までパッキングに悩んで、でももう行かなきゃ間に合わない!><っていうギリギリの14時に車で家を出発しました。
で、案の定大阪の環状線で若干の渋滞に巻き込まれてドキドキしたりしながら、何とか出航50分前くらいに南港に到着、無事乗船です。
1時間前までには来てって言われてたんだけど、50分前に到着でも時間の余裕はありました。
でも、何とかなったとはいえ、こういう風にギリギリになる癖を直さないといつか痛い目に遭うような気がしてるので、できるだけ気をつけようと思います。(←できるだけかよ!w)

P1140238.jpg船内の階段。
見た瞬間、うわぁ~、タイタニックみたい!プチタイタニックやん~!(喜)ってなりましたw
頭の中に、映画のタイタニックの最後の大階段の回想シーン、幸せそうなジャックとローズがぶわ~っと出てきて、ちょっと久しぶりに妄想協会のお仕事をめくるめいてしまいましたーw

P1140246.jpg  P1140244.jpg
個室まではいらん、けど、雑魚寝はちょっと・・・なので、今回はツーリストベッド(2等寝台)にしました。
一区切りに4名入るようになっていましたが、お客さんが少なかったので、同行者と2人でほぼ個室状態で使用することが出来たのがラッキーでした。

P1140249fe.jpg1週間前に予約できたら50%オフのチケットがあったんだけど、2日前にしか決められなかったのでしょうがありません。
なんだけど、ふっふっふ。
良い年してようが、生涯学習系の放送大学だろうが、私はれっきとした学生さんw
学割が効いたのですよ!
20%オフになりました~。

P1140239.jpg夕食は船内のバイキングで食べました。
山登りに備えて・・・食べ過ぎました><

早寝早起きの習慣をつけるため、っていうかすることないしw船酔いしそうだったので、お風呂に入って22時には寝ました。
22時・・・!日が変わってないなんて!
めっちゃ健康的や~っ

スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
準備が大変!
屋久島の縄文杉、何年も前から見てみたいとずっと思ってるけど、なんか富士登山より大変そうだね。 必ず?ガイドをつけないといけないとか聞いたことがあるし… ちょっと調べてるうちに面倒になってやっぱやめとこ、と思った人多そうな気がします。私みたいに。
そっか、飛行機じゃなくて、大阪から船で行くってパターンもあるのね。のーさん色々見つけるの上手いですね。

出発ギリギリまでパッキングとかって、私もクセみたいになってて、こりゃ一生治らんな、となおす気すらありませんわ。(爆) できるだけ早くしようとしてるだけエライよ。
私もいまパリ&バルセロナの予約してます。一人だと思ったら、叔母の分の予約が取れて、ホテル変更したりモンサンミッシェルの電車とバス情報やら、サッカー予約やら…てんてこ舞いです。
2010/04/11(Sun) 01:45 | URL  | Rav #tIzNQ2cE[ 編集]
■Ravさん
こんばんは。

縄文杉までの日帰り登山なら、ガイドなしでも迷わず行けると思います。
たくさんの人が登っているし、屋久島は富士山と違って水場も所々にあるから、重い水を持って登る必要もないですし。

ガイドが必要なのは朝焼けの縄文杉を見たいとかで山小屋で1~2泊するツアーかな。
シーズン中は山小屋がすぐにいっぱいになるからテント必須らしいく、ガイドさんがいれば何かと面倒見てもらえるので安心だと思います。
Ravさんは山小屋で泊まったりしなさそうだけどw

屋久島での登山は、とにかくバスの本数が少ないので計画が大変でした。
でも、私のように山を縦走するのではなく、日帰り登山で同じ登山口に下りてきて、前泊と同じ宿に泊まるなら、考えなければならないことが1/2で済むような気がしますw

屋久島まで行くの、飛行機も考えたんですが、うちからだと乗るためにどうせ大阪まで出なきゃいけないし、直通の便がなくて鹿児島で乗り換えだし、料金も高いし、万が一天候が悪くて屋久島に行けなかった時の事を考えたりしてこんな風になりましたw
もうあと最低5年は屋久島には行かないと思うけど、もし今度行く時があっても同じようにフェリーを使う気がします。

パリ&バルセロナ、楽しみですね~!
計画を立てて予約をしたり下調べしたりって、ほんと大変ですよね。
同行者がいるとその人の体力や嗜好も考えないといけないから大変さが倍増ですし。
でも、一人じゃない楽しさも必ずあって、報われると嬉しくなりますね。
良い旅になると良いですね。
いつかパリやバルセロナにも行ってみたいと思っているので、まだまだ気が早いけど、Ravさんの記事をすご~く楽しみにしています^^
2010/04/12(Mon) 00:04 | URL  | 野坂らいち #uv1XZDJs[ 編集]
>計画を立てて予約をしたり下調べしたりって、ほんと大変

ほんとその通りです。そういや2つ目の記事は消しちゃったんですか?わたしのRSSには全文残ってしまってますが…
すごく気持ち理解できましたよ。私も同じような経験繰り返してるので。同性だとまだとりあえず旅行中だけはとお互いに我慢や遠慮があるけど、男女になるとこれが微妙に違ってきて、男ならもっとしっかりせい!とか思っちゃったり、【なんで私ばっかり】気分が数十%増しになるんですよね。
このサイト↓読んだ時は、ウンウンうなづきまくり、ヘッドバンキング状態になりました。e-292
http://www.citywave.com/travel/tips/020320/main.html
下調べや予約ってすごく手間なのに、それを分かってない友達だと、すごいストレスです。ある友達なんてガイドブックさえもってこず、おんぶにだっこなのに他のことは平等かむしろ私が我慢する羽目になり、しかも文句いわれたりしたらもう友情なんて砕け散ります。e-329
2010/04/12(Mon) 01:01 | URL  | Rav #-[ 編集]
■Ravさん
>そういや2つ目の記事は消しちゃったんですか?

いえw、長いんで次の日にでもアップするか~と思って一旦引っ込めましたw
次の次の記事を書いたので、今からアップします。

>男ならもっとしっかりせい!とか思っちゃったり、【なんで私ばっかり】気分が数十%増しになるんですよね。

あ、分かる~w
Ravさんも男性いなくても自分で何でも出来るほうだし、依存はしてないはずなのに、そういう風に思ってしまうんですね!

私も、体のつくりが違うので向き不向きはあるにせよ、基本的にやろうと思えば性別は関係ない、男だからとか女のくせにって言いたくないって普段は思っているのに、やはり男性が頼りなさ過ぎたり甘え過ぎたり出来なさ過ぎだと、女性の場合の数十%増しでしんど~くなってきますw

リンクの記事、読みました。
読んでてあーそうそう、そうだったって思うことがいくつかw
若い頃は一つ一つのことに妙に拘っていたから、プチストレスが溜まっていたな~って思い出しました。

今は私と友人たちの中では、大体は最初の選択肢が出てきた時にジャンケンで優先権と順番を決めて、その後は優先権が回っていくって感じで収まってます。
例えば優先権が私にあった時も、私は乗り物に乗るとすぐに寝てしまうので、窓際でも通路側でもどちらでも構わないからって次の人に権利を譲ったり、そのへんはその場その場でお互いに「思いやり」を持ってっていうのが暗黙の了解になっている気がします。

記事に出てくる同行者は・・・
失礼ながらe-330 ここだけの話e-330 天然の(生粋の?)自分勝手というか、どうもKYのような気がしてます>< ←ひど!w
2010/04/12(Mon) 18:58 | URL  | 野坂らいち #uv1XZDJs[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。