写真、短歌、日々の思ったこと。
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010年04月18日 (日) | 編集 |
自家製酵母を起こして、それでお菓子を作る研究をしています。
全くの自己流。
今回は割と失敗しにくいと言われているリンゴで酵母を起こしてみました。

■酵母液材料
水 200cc
砂糖 大さじ2
リンゴの皮 2個分
(リンゴの実はお菓子に入れるのでいちょう切りにしてシナモン少々と弱火で煮ておく。)

煮沸消毒したビンに、材料ぜんぶを入れ、砂糖が溶けるまでかき混ぜます。
ビンのふたを口に乗せて、1日1、2回かき混ぜながら暖かい場所で2~3日置くと、酵母がぶくぶくしてきます。
その酵母液を使ってお菓子を作ります。

P1140813.jpg  P1140814.jpg

■リンゴ酵母マフィンの材料
酵母液 100g
強力粉 100g
薄力粉 100g
アーモンドプードル 100g
カスピヨーグルト 120g
スキムミルク 10g
卵 1個
砂糖 30g
塩 4g

■作り方
1.ぜんぶをボールに入れ、ぼったりするまで混ぜる。
2.リンゴの煮たのを入れて混ぜる。(好みでクルミやレーズンなどを入れても)
3.型に7分目くらいまで入れ、9分目くらいに膨らむまで発酵させる。
4.余熱なしの170℃のオーブンで25分焼く。

■のーずメモ
型に入れてからだとあまり発酵しなかった。
(次回はボールで発酵させてから型に入れてすぐ焼いてみる、もしくは中種法)
甘さや味は素朴でちょうど良い感じ。
う~ん・・・このまま自己流で研究する前に、本を買って勉強してみたほうが良いかも。
次はレモンでやってみたいな。
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。